尿療法
尿療法は、根性と気合!!
無料だし、オーダーメイドの特効薬!
尿を飲むくらいなら、死んだほうがいい?
尿を飲むくらいのこと、死ぬよりまし?
あなたなら、どっち???(*^。^*)
尿療法は、民間療法として昔から行われている療法
カナダ・インディアン・中国・インドなどでは、治療法として用いられています。
尿は、腎臓で血液からろ過吸収、分泌などの過程を経て、
生成され、尿路を通して、体外に排出される液体。
なので、世間一般では汚いもの扱いされているが、
尿はまったく無菌の綺麗なものである。
尿は血液の上澄みである血清の成分を含んでおり、血清の中には無数の抗体が存在する。
抗体は、細菌やウイルスなどの異物を排除し治癒させる
(免疫を生じる異物である抗原に対して、抵抗する)
尿として排出されてしまう抗体を、飲尿により、また再び体内に取り込むことができる。
尿を飲むことでのどの免疫機能のレセプターに作用して、
免疫力を高める効果があるみたいです。



6月 7日 尿療法開始 ゲルソン療法の本を読み、尿療法が出来るか試してみる
クリニックTEL
病院に紹介状をもらいに行く
10 クリニック予約
11
夜薬飲んだ為、療法なし
12
夜薬飲んだ為、療法なし
13 さぼり(^^ゞ
14 再スタート
15
16
17
18
19
20 体重59キロ  口内炎できる
21 口内炎・生理のためしばらくお休み
22 頭痛
23 頭痛



初味の感想♪
初味は、苦〜い薬を飲んでいるようだった。
そのままでは飲みにくいので、飴玉(蜂蜜味)を口に入れ、チョビチョビ飲んでみた。

            <飲み方>

            多くの人の体験から・・・
            朝1番の尿(1番絞り)をコップ1杯200ccぐらいを飲む
            もっと飲んでもいいみたい。
            置いておかないで、すぐ飲むこと。
            のどに免疫機能のレセプターがある為、喉のうがいはしない。
            1時間ぐらい、なにも飲まず、食べない。



8月6日

尿療法を始めて約2ヶ月。
もうすっかり慣れた。
はじめのうちは、よく「おえー」ってなっていたけど、
今では、飴玉なしで、グビグビ飲むことができます。
ゲルソン療法(なるべく塩抜き・動物性たんぱく質を食べない)をはじめると
尿の臭いはあまりせず、苦、しょっぱい味が、マイルドになって、飲みやすい。
尿を飲むことによって、その日の体調もわかるし、今は便秘の薬を飲まなくても快便♪


尿療法・・・
この後、入院までしばらくは続けたけれど、いったん辞める・・・。
退院後、どうしようか・・・と思っていたけど、
一回辞めると、今度再開するのにまた根性と気合がいる・・・。
しか〜し、今回2005年2月のCT結果が悪かったので、これを機会にまた再開する事になる。

この療法。。。。
おしっこは排泄物で汚いものだ〜って教えられてきたものにとって
「おしっこを飲んだほうがいい」と言われても「はいそうですか〜では飲んでみよう♪」
とはなかなか思えないだろう。
絶体絶命、絶望的状態にならないと、なかなか出来ない事だと思う。

「尿を飲むんだったら、もういいよ〜そこまでして生きたくない」とか
「これは最後の砦だ〜」など言われているものな〜。。。 

私にとって前回の尿療法は、食事療法を実践する上でとても効果があった。
ゲルソン療法で、食べていけないものや塩分を摂ると、すぐに次の日の尿に反映される・・・。
次の日の尿をおいしく?飲みたかったら食事療法をちゃんとしようと思うから。。。
朝1番から、しょっぱ〜い、苦〜い、臭〜い、三拍子そろった尿は飲みたくないからね〜。。。