YUKA  vs  未知なる異物2004


2004年5月

検査結果を、いつものように母と主治医に聞きに行く。
「あ〜しばらく検査はないし、病院に来なくていいなぁ〜」
「帰りは何食べて帰ろう〜♪」と軽い足取りで診察室に向かった。

「え?」「肝臓に影あり?」
もしかすると肝嚢胞かもしれないし、検査しましょうという事になった。

肝嚢胞・・・肝臓の中の水の溜まった袋で、ほとんどのものが無症状で治療を必要としない。

「ガビーン」

そして再検査(MRI造影をする)
MRI検査の結果
肝臓の影は肝嚢腫ではなく、腫瘍であることはわかったが、その性状がわからない
ようだ。
その為、8月にダイナミックCTを実施予定。

今現状はガンであると特定できないが、もし転移性ガンなら生存率は極めて低くなる事はたしか。

大腸がんは早期のうちに治療できれば、5年生存率(5年後に生きている可能性)は80〜90%。
ところが、癌が肺や肝臓にまで転移してしまっていると
5年生存率は25%まで低下してしまうそうです。。。

8月の検査で結果がどうでるか、又、ガンかわからない場合もあるらしい。
その場合、さらに検査(PET検査)をするらしい。
それでもわからない場合もあるらしい。
その場合は未知なる異物を見守るだけなのかは不明・・・手術するのか?どうなのか???
とにかくこうして、2004年5月末から、未知なる異物との闘いがはじまった。




          下のタイトルをクリックしてね (=^・^=)
                   ↓


         YUKA流ゲルソン療法



         尿療法