体に起こる問題
 体に起こる症状は、必ず、誰にでも、同じように起こるものではありません。
 同じ病気であっても、人によって現れる症状は違い、現れる人もあれば、
現れない人もあり、現れ方もさまざまです。
 従って、自分にとって、どのような状態が最も良い状態なのかを知る事が大事です。
 体の状態に合わせて、ご自分の日常生活を調節していきましょう。

 1 憂鬱な気分になったり、いつもと違う言動がみられる。

  ガンという病気を否定したい気分になったり、今後どのようになるのだろうかと
考えたりする結果、気分が落ち込む事があります。そうすると、精神的に安定しない為に
腹立たしく思ったり、周囲に当り散らしたりして、今までの性格からは考えられないような
言動がみられることがあります。

 このような気持ちの変化が起こる事は、病気になった人の気持ちとしては
当然起こってくる事だと、知っておく必要があります。
 時には、「とってもつらいのね」とか、「すごく大変だということがわかるわよ」と、
いうような簡単なことばかけが、役に立つ事があります。
 患者さんの気分がひどく落ち込んでいる時に、無理に励ます事は、
かえって患者さんに負担をかけることになります。見守ってあげましょう。

 患者さんは、辛い気持ちを自分独りで処理しないで、信頼できる人に聴いてもらいましょう。
 また、カウンセラーなどに相談してみるのも良いでしょう。

 2 脱毛(毛が抜ける事)
 
 放射線治療や化学療法によっては、がん細胞をやっつけてしまうだけでなく、
正常な細胞もいためてしまいます。他の人より毛の抜けやすい人もいます。
 化学療法によって抜けた毛は、治療が終われば、2〜3ヵ月後には生えてきます。
 放射線治療により抜けた髪の毛は、治療が終わって生えるまでには時間がかかります。

 3・はきけ・吐くこと
  
 抗がん剤の中には、脳のはきけの中枢に影響を与える薬もあります。
 これは、非常に個人差が大きく、同じくすりを使っていても、はきけが起こったり、
吐いたりする人もいれば、何も感じない人もいます。 

 4・下痢

 抗がん剤によっては、下痢を起こす事があります。消化器の手術後にも
下痢を起こす事があります。
 また、放射線照射を腹部に、行っている時にも起こる事があります。

 5・便秘

 化学療法に使用される薬剤の中には、腸の動きを弱めたり、大腸内の水分を
減少させるものもあります。
 あまり運動しなかったり、繊維の少ない物を食べたり、食事量が少ないと便秘になりがちです。
 また、痛み止めとしてモルヒネを使用している人も便秘になります。
 
 6・尿の異常

 薬によって尿に色がつくことがあります。例えば、アドリアマイシンでは、赤くなり、
メソトレキセートでは黄色、ビタミン剤の中には黄色になるものなどがあります。
 化学療法後には、膀胱炎などもおきやすい状態になっています。
 抗がん剤を使用しているときは、尿に溶け出した薬の成分を膀胱にためないように、
水分を多くとり、1日に2000ml以上の尿を出す事も必要です。
 膀胱炎もおきやすい状態になっているので、陰部を清潔にしておくことも大事です。

 7・皮膚の異常
 
 放射線照射により皮膚が炎症を起こしたり、抗がん剤により皮膚に色素沈着がおこったり、
手のひらや足の裏の皮がむけたりすることがあります。
 また、抗がん剤の中には、指先の神経がおかされて、感覚が鈍くなることもあります。

 8・むくみ

  むくみは、蛋白質の欠乏、心臓、腎臓の機能の低下、足の付け根、脇の下、頚のリンパ腺が
圧迫されているとき、などによっておこります。
  むくみは、皮膚を進展させ弱くさせるために、傷つきやすくなっています。
  むくみのある部分を傷つけないように気をつけたり、ローションやクリームを塗って皮膚に潤いを
与えましょう。

 9・味覚の変化

  アドリアマイシンなどの抗がん剤を使用している人は、甘う味をより一層強く感じるという人がいます。
  放射線治療の後では、金属性の味がするかもしれません。
  蛋白質を含んでいる物質は、苦い味がすることがあるかもしれません。

 10・食欲不振

  抗がん剤が原因になることがあります。
  栄養のバランスを考えるよりも、食べたいもの、食べられるものを優先にして食べましょう。
  食べられないときには、無理に食べるように勧めない事も大事です。
  少量ずつ感じの良い盛り付けをしたり、食卓の雰囲気を変えたり、
 親しい人とゆっくり食事をする事も良いかもしれません。

 11・口内炎

  抗がん剤や放射線によって、障害を受けるとおこってきます。
  食欲がなく、食事があまりとれない時もおこることがあります。
  十分に口の中を清潔にする事がまず重要です。

 12・口臭
  
  消化管を覆っている細胞の破損、再生が原因かもしれません。
  口腔洗浄剤を使用し、歯磨き、うがいをすると少しは効果があります。

 13・衰弱・体重減少

  治療の副作用により、食事摂取量が減少すること、活動範囲も少なくなる事が考えられます。
  毎日どのような物を食べたか、記録してみましょう。
  食間に、カロリーや蛋白質の多いクッキー、ヨーグルトなど栄養補給になるものを食べましょう。
  周囲の人が、神経質になりすぎないようにする事が、患者さんへの配慮になることもあります。  



“毎日の健康状態に対応する”
 ・自分にとってどのような状態が最高の健康状態であるかを認識する。
 ・健康問題をコントロールし、日常生活を送る事ができるよう学ぶ。
食事についての問題
私たちが健康な毎日を送られるのは、バランスのとれた食事、十分な休養と睡眠、適切な運動です。
ところが、病気になると、心配や、治療による副作用、手術後の障害やその他さまざまの原因で、
食べられなくなりがちです。しかし、食べられないからといって焦らず、無理をせず、
体の調子に合わせて食べられる物から食べるようにしましょう。



<食事面から注意する事と、上手に食べるための方法>
1・栄養面を考えて、食品を組み合わせ良く。
 (御飯、パン、めん、肉、卵、魚、牛乳、野菜、果物、海藻など)
2・1日に2、3品、好きな食品、料理を。
3・量は控えめに、品数を少し多めに。
4・食事は、リラックスした気分で。
5・食欲のないときには、香辛料、酸味を使って。
6・温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たくして。
7・薄味にし、味にめりはりを。
8・季節感のある料理を。
9・油は控えめに。
10・喉の通りが悪いときは、水分の多い料理や、柔らかい食品を。
11・新鮮な食品を。
12・口の中をいつも清潔に、うがいを頻繁に、よく噛んで。
13・メニューを豊富に。
14・コーヒー、紅茶、炭酸飲料は控えめに。
15・時には外食も気分転換。
16・食事の間隔をとって。
17・無理をしないで。
18・誰かと一緒に食事を。

⊂(^(工)^)⊃ 
 食事が苦痛にならないように、嗜好や量、柔らかさ、食事間隔、食事の環境を考えましょう。


<十分な栄養をとる必要性>
治療をやりぬくためには、ふつうよりも余分な体力が必要です。
バランスのとれた食事をとることにより、身体の組織の消耗を防ぎ、治療によって影響を受けた
正常細胞の再生を助けます。

適切な食習慣を維持している人は、感染症にかかりにくく、行動範囲を広める事ができます。
 
適切な栄養がとれていない場合は、タンパク質や脂肪をエネルギーのために消費してしまいます。
組織再生のために、タンパク質が活用されるためには、バランスのとれた栄養をとる必要があります。

<カロリーを多く摂るために>

・カロリーの高いスナック、クッキー、飴などを手元に置く
・アイスクリーム、新鮮な果物、牛乳でシチューを
・トーストには溶かしたバター、マーガリンをつけるとより多くの量をつけやすい
・マヨネーズは大さじ1杯80kcalなのでサンドイッチやサラダに多めに入れる
・ハチミツは大さじ1杯60kcalなのでトーストやホットケーキに
・高カロリーの市販の食品を利用し、少量で高カロリーがとれる工夫をする
・少量ずつでも1日に何回も食べるようにする。

<エネルギー(カロリー)のとりかた>
調理の工夫
食品名 調理例
米飯 ピラフ、ドリア
めん グラタン、スパゲティミートソース、天ぷらそば、うどん、ラーメン
パン フレンチトースト、菓子パン、トーストにマーガリン、ジャムをぬる
いも バター煮、コロッケ、ポテトチップ、フライドポテト、じゃがいも
かぼちゃのポタージュ
かゆ 卵粥、牛乳粥
オムレツ、目玉焼き、いり卵
ムニエル(タルタルソースかけ)、ソテー、フライ、うな丼
ぶりや銀だらなどの照り焼き、とろさしみ
シチュー、カレー、カツ、ハンバーグ、ステーキ、唐揚げ
ベーコンエッグ、ロース(脂身の少し多いところ)
肉で料理したもの
大豆製品 豆腐ステーキ、揚げ豆腐
乳製品 アイスクリーム、ココア
果物・野菜 コンポート、缶詰、ジュース(果汁)、シャーベット、天ぷら
炒め物、素揚げ、サラダ(マヨネーズ・ドレッシング)



<タンパク質を多くとるために>
 1日の必要量    75〜100g

 ・脱脂粉乳を牛乳に加える(スープ、ココアにして飲む)
 ・牛乳を使ってパン粥に
 ・牛乳粥に
 ・ひき肉入りのあんかけ豆腐
 ・味噌汁に豆腐や卵を入れる
 ・1口大に切ったフルーツの盛り合わせにヨーグルトやアイスクリームをかける

タンパク質のとりかた
食品名 調理例
赤身:照り焼き、ステーキ、ハンバーグ、シチュー、つくね焼きなど
赤身、青身:照り焼き、刺身、煮魚、ムニエル、塩焼きなど
目玉焼き、オムレツ、温泉卵、半熟卵、茶碗蒸し、卵豆腐、おとし卵
大豆製品 湯豆腐、冷奴、納豆オクラ和えなど
乳製品 ココア、牛乳プリン、フルーツヨーグルト和えなど


<消化の良い調理法>
種類 形態 調理法
卵類 半熟または
軟らかい状態
半熟卵、いり卵、オムレツ、茶碗蒸し
卵豆腐、かきたま汁、プリン
肉類 そのままか
挽き肉にする
グラタン、シチュー、つくね煮
肉団子(揚げない料理で旨煮、吸い物の実、
付け焼きなど)、ロールキャベツ
牛乳
乳製品
少し温める 野菜のクリーム煮、ホワイトシチュー
スープ、ババロアなど
豆腐類 そのままか
絞る
煮豆腐、あんかけ、味噌煮、田楽、いり豆腐
空知蒸し、けんちん焼き、白和えなど
イモ類 柔煮
マッシュ
ゆで芋、粉ふき芋、含め煮、クリーム煮
茶巾しぼり、マッシュポテトなど
野菜
果物類
線維を切るようにして
柔らかく煮る
スープ、煮物、クリーム煮、グラタン、あんかけ
白和え、卵とじ、コンポートなど
穀類 御飯は軟らかく炊く、うどんは煮込む、
パンはトーストに