お見舞いについて、お見舞いのNG。

  お見舞いのNG!

  お見舞い。。。

  顔を見て安心したい とか お見舞いに行っておきたいという
  自己満足を得るためではないから
  来てもらいたいと思われたタイミングで行くことが大事。
  (患者の体調や心調、治療のスケジュールが最優先)

  病院にお見舞いに行く場合。。。

  早めに切り上げることが大事!

  *自分や夫、子供の話はNG
  (長居すると、子供の自慢話や夫の愚痴などが始まるが、聞く余裕などない。
   病室では、同室の患者さんのご迷惑にならないように!)

  *病気やネガティブな話はNG

    病人に対して、病状などを無神経に尋ねたりしない。
    治療法などに生半可な医学知識をひけらかさない。

    「頑張って!」 と追い打ちをかけるような言葉、
    「すぐによくなりますよ」 などの無責任な言葉は慎む。


  *うがい手洗い、マスクは必需
   (風邪などをうつしたら手術や治療ができない!)
   いずれにせよ感染症が非常に恐ろしく、
   「重篤な感染症は致命傷となり得る」と言われている程で、
   くれぐれもお見舞いに行かれる際は自己の健康状態を、
   患者さんの健康状態以上に気遣って頂ければと思う次第です。

   大人数での面会は病人にも付き添いの家族にも迷惑になります。
   2人~3人を常識の範囲にしましょう。
   小さな子供については、面会を禁止している病院もあります。
   できれば子供連れは避けるようにしましょう。

  *お花はバラやユリなどの香りが強いものはNG
    お花は禁止の病院もあります。(患者の免疫が下がっている為)

  *食べ物は元気になってから、何が食べれるかを聞いてからがいいと思う。
  (ケーキや生菓子はNG)




  そして患者自身としても健康な時のように我慢したり
  身体や心に負担になりそうなことは
  この際、勇気を持って「No,Thank you.」しよう。

  本当の友人なら理解してくれるから大丈夫!
  見舞いを断って失うような友人や親戚なら、
  いなくてもそんなに困るものではありません。

  良いお見舞い & 悪いお見舞い

  お見舞い。。。
  心を慰めたり力づけるのが本来のお見舞いの姿だと思います。
  何より、相手を思う気持ちが大事です。
  病院や自宅へ足を運ぶだけがお見舞いではありません。
  メールや手紙類は自分の調子の良い時に見られるので、
  私自身は、嬉しかったです。
  今、病院によっては、お見舞いメールの受付をしてくれるところもあります。

  義理や体裁、見栄を考えて行くお見舞いは、
  気持ちがこもっていないことが自然と相手に伝わるものです。
  患者にとって迷惑以外の何ものでもありません。
  「患者が心配」というより、「元気そうなのを見て自分が安心したい」という
  自己中な考えで見舞いに行くような人とは、
  付き合いとうないなぁ…。  ていうか、
  心配してくるのではなく、体裁・義務感でしかないなら、
  「見舞いに来るな!!」ってのが本心。
  体調が悪かったり人に会いたくない気分でも、
  見舞いに来た人に、「帰ってくれ」とはなかなか言えません。
  見舞い客が帰ってから具合が悪くなったなんてこともあります。
  くれぐれもご注意を。。。

  日頃親しくお付き合いしている間柄、闘病の支えになるお見舞いなら別ですが、
  義理でのお見舞いは控えられた方が良いと考えます。
  お見舞いは患者さんのためのものですから、
  患者目線を忘れないようにしてくださいね。



お見舞いのマナー  産婦人科病棟

         ↓

 抜粋。。。
 もし、親しい友人がとてもがんばって健康な赤ちゃんを生んだとしても、
 産婦人科にいるのは健康に赤ちゃんを産める人ばかりではありません。
 病気治療の人もいれば、残念ながら悲しみにくれている人もいるのです。
 一般常識では、産婦人科=幸せのイメージがあるのかもしれませんが
 必ずしもそうでは無いことを知っておいてください。

 私の闘病仲間には、子宮がんで子宮全摘した方(子供が産めない)、
 抗がん剤治療で入院中の方もおられます。
 入院中不愉快に思われた出来事を書かれている闘病記ブログもちょこちょこ見ます。
 産婦人科病棟に行く場合、その他のお見舞いで病院へ行かれる場合は、
 マナーに気を付けて頂きたいと思います。
 婦人科だけでなく、結婚しても子供に恵まれない人もおられるし…。
 発言や行動…、いろいろな面で配慮が必要だと思います。

 私自身は、婦人科疾患ではありませんが、
 直腸癌手術 & 抗がん剤治療中(当時34歳)、
 父が主治医に「今後子供は産めますか?」と聞いた…。
 主治医
 「癌が増殖する可能性がある為、子供は諦めたほうがよい」と言われた…。
 この主治医の発言により、
 父からの「結婚しろ!!」の呪縛からは解放された。(* ̄m ̄)プッ
 しかし、今後の治療計画の話し中なのに、
 父の「子供は産めますか?」発言には驚きましたよ…。

  がん治療後の妊娠・出産のために