癌闘病からの社会復帰(仕事復帰) パート3

2011年4月8日
今日はお仕事お休みデー。月曜日は有給休暇を入れていたので、
シフト上、またまた連休、4連休〜。♪(〃⌒(ェ)⌒〃)
さてさて、今日の予定。。。
昨夜、ネットでお仕事検索していて、気になった求人があったので、ハローワークへ直行。♪
就職相談窓口へ行き、先方さんに連絡をとってもらって
「紹介状」を発行していただきました。
その後、履歴書に貼る写真を撮って、履歴書・職務経歴書などを書き書きしていたら、
一日がアッという間に過ぎちゃいました。

お仕事。。。
今の仕事が別に嫌なわけではないけれど、
ず〜っと、もう一度、誰かの為になるような仕事、
人の役に立つ仕事、やりがいのある仕事がしたい…っていう気持ちがあり、
今年、今の仕事についてまる3年経ったところで、
このままでいいのか?いいわけないよなぁ…。なんて考えることが多くなっていました。

今年はウサギ年。
ピョンピョン飛び跳ねて、いろんな事にチャレンジ!
今年、目標を立てて出来なかったことなどを、もう一度チャレンジ。
一歩でもいいから前進したいと思ってます。(〃⌒(ェ)⌒〃)が今年の抱負だし、
友人からいただいた年賀状についていたおみくじ。。。
2011年の運勢は中吉。(=〃⌒ェ⌒〃=)  テヘヘ♪
内容は、
お散歩が吉。
素敵な発見と出会いがあるでしょ卯。 ←これは転職する以外ありえないよな。。。

3月末にお星様になってしまったYさん(享年53歳)。
Yさんは、亡くなる数日前までお仕事に行かれていました。
ハードな抗がん剤治療で辛い体なのに、カツラをかぶりながらフルタイムの勤務。
休みの日は、体が辛かったら体を休めていたらいいのに、なんで?って思うけれど、
体が辛くても、自分の好きなことをしていたら気が紛れるのでしょうね。
パンを焼いたり、アクセサリーを作ったり…。
凄くパワフルな方で、尊敬する癌仲間でした。
そんな、Yさんのように生きたいな…。
こんな想いも、今回の転職チャレンジするきっかけのひとつ。。。
頑張ってみるね。

などなど、いろいろと考え、転職することを決意しました。

仕事探し。。。
今の仕事は、雇用契約2ヶ月毎の更新で、月に14日出勤、
勤務時間は、日によって違い、5時間〜7時間勤務。
仕事内容が、商品の出荷作業なので、暇な日は「早帰り」があったり、
忙しい日は、残業になったり…。
14日出勤は、扶養内勤務なので、
残業せずに帰っても時給が安い分、あまり後ろめたさを感じず帰れて気が楽♪
お気楽パートなので、今までズルズル来てしまったのよね。(^^ゞ
機会を逃すとこのままズルズルいきそうなので気合をいれてお仕事探し。
はじめは、条件、時給800円ぐらいで、
職種は、販売関係、福祉関係、医療関係、医療事務関係、介護関係など、
週4日ぐらいのパート勤務を探していたのですが、
年齢、44歳となると、なかなか自分のやりたい仕事の求人がない。。。
資格があっても経験がないと駄目だとか、
求人があっても、家からかなり遠い勤務地だったり…、なかなか厳しいなぁ。。。
まぁ焦らず、ボチボチ今年中に転職できれば良いなぁと思いながら、お仕事探しをしていました。
そんな時、福祉関係の求人で検索していると、ヒット♪
ありゃ〜、条件設定間違えて正社員検索になってるやん。。。
しか〜し、前からやりたかった仕事なので、求人の内容をチェック。
やってみたいなぁ。。。でも、体力的に、正社員の勤務は無理そう…。
それも3交代勤務で夜勤もあるし…。
無理かもしれないけれど、やってみたいなぁ。。。
チャレンジしてみようかな!でも無理かな?
な〜んて、ずーっとPC画面と睨めっこして悩んでました。
実は、この仕事、介護職なんだよね。

家族からは、「無理や」「体壊すだけだから止めとき」と言われ、
他からも、「止めたほうが…。」
「うーん…。志は凄いと思うけれど、賛成はできないよなぁ…。」
「普通の人でも大変な仕事やで〜。かなり難しいのでは?あなたの体が心配だわ。」
の声が多かったのだけれど、
どうしてもやってみたい仕事なので、トライしてみることにしました。(=^・^=)
私が働きたいと思って応募しても、採用されるか?は、わからないからね。

4月11日
今日はお仕事お休みデー。
本来必要じゃない所に有給休暇を入れたので、取り消そうか?と思っていたのですが、
ちょうどその日、「面接に来てください。」と言われたので、休み取り消さなくて良かったよ。(=^・^=)

面接。。。
履歴書には、特に健康について記入する欄はなかったのですが、
私は排便障害があるので、これを隠して仕事することは不可能なので、
既往歴、2001年直腸癌で手術と記入しました。
履歴書。。。
既往症歴、2001年直腸癌で手術とだけ記入し、2004年肝転移で手術など、
他にも病気のデパート状態である事は書きませんでした。
              ↑
本当の事を正直に書いたら、まず採用されないからね〜。。。

癌罹患者ということで、普通の人との面接とは違うから、面接される方、どう対応されるかな?
採用、不採用にかかわらず、そちらのほうに興味あり。(^^ゞ

面接にはハローワークの紹介状・履歴書・職務経歴書・
既往症について&自己PRを書いた紙・仕事に必要な資格証明書を持って、
やる気まんまんオーラを放ちながら、張り切って行ってきました。(=^・^=)

いざ面接。。。
面接官4人 対 私 でした。
面接では、志望動機などより、既往症についての質問が主で、
3シフト制、夜勤ありの変則勤務なので、生活のリズム調整が難しいし、
仕事はハード。。。体力がもつか?という心配があげられました。
仕事については、資格はあってもド素人の私なので、
面接後、働けそうな職場かどうか?を知るために、施設内を案内していただきました。
施設の雰囲気は、とても清潔・綺麗なので、いい感じ♪
職員さんも感じの良い方が多く、基本の「挨拶」も徹底されていて、
現場教育が行き届いているなって思いました。

しかし、YUKAが実際ここで勤務するとなったらどうかな。。。
やりたい気持ち、やる気はあるけれど、体力がもつかは???気力だけでは…。
職員さんも、私のようなオバサンはおらず、20代〜30代前半ぐらいまでだなぁ、
元気な若手ばかり…。
施設内を案内された後、「できそうですか?」の質問に、
「やりたい気持ちはありますが、体力もつかどうかが…。」と弱気な発言をしてしましました。(^^ゞ

選考結果は、1週間以内に連絡との事でしたが、
たぶん、郵送で履歴書が戻ってくるんだろうな。。。
駄目で元々。。。(〃⌒(ェ)⌒〃)
今日は施設見学、「こんなところなんだ〜。(=^・^=)」って見れただけでも収穫でした。

4月12日
今日はお仕事デー。
昨日面接に行った事業所からTELあり。
面接官の方、「う〜ん…。体力的に大丈夫かな?」と難色を示した感じだったので、
駄目だと思っていたら、なんと!!「採用♪ 」してくださるそうな。
介護職経験なし、老人福祉に関係のある有資格は、
ホームヘルパー、福祉用具専門相談員、福祉住環境コーディネーター、
それぞれ病気になる前(10年以上経つ)に取った資格なので、
ぜんぜん内容を覚えていない…。(= ̄ェ ̄=)ゞ 
こんな状態+既往症歴ありでしたが、
YUKAの「やってみたい!!」の熱意が伝わり、採用して下さいました。d(。^(ェ)^。) !!
石の上にも3年といいたいけれど、3ヶ月…、いや、3週間…、3日?(笑)
頑張ってみます。d(。^(ェ)^。) !

採用のTELをいただいたので、今までのお仕事は辞めることに。。。(4月末退社)
そして、5月から新しいお仕事へ行こうと思っています。

初出勤。。。(研修1日目) いきなりですが…。

    研修1日目で、正社員の勤務体系では、排便障害&体力的に無理。
    早出 6:30〜15:30      7:00〜16:00
    遅出 11:00〜20:00 12:00〜21:00  13:00〜22:00
    夜勤 22:00〜7:00 (月3回ぐらい) 
    週休2日制 毎週 との事でしたが、夜勤の朝も休みにカウントされているので、
    月9日休みになっていましたが、これって週休2日じゃないですよね?
    研修1日目で、正社員での勤務は無理だなって思いましたが、パートではどうだろう?
    出勤日数を減らしてもらえば、勤められるかもしれないし…と思い、
    研修を引き続きさせていただくことにしました。

    仕事の内容は、利用者の方に対する排泄・食事・お風呂などの援助。

    トイレ。。。
    実際業務をやってみると、仕事が忙しく、なかなかトイレに行けない状態なので、
    排便障害のある私には、精神的にきつい状態。
    職員のトイレは2Fにあり、1つだけ…。私は3Fフロア担当なので行きにくい。
    利用者の方のトイレを使っても良いと言ってくださいましたが、
    利用者の方のほとんどが車椅子。そしてトイレ介助が必要。トイレは4つ+1つ。
    トイレするのに時間がかかる利用者の方のトイレを、私が使用するのは気が引ける。
    唯一、ゆっくりトイレに行ける時間は、休憩時間中だけ…。
    自分の行きたい時に行けない、トイレに行きにくい職場なので、精神的にかなりきついです。

    業務内容。
    利用者の方の症状も、人それぞれ異なり、介護のコツはあっても(ボディーメカニクス)、
    YUKAの体力で、人をささえるのは大変。(自分だけでもフラフラする時があるからね〜)
    研修2日目、利用者の方をベッドに誘導して、腰が「グキッ」。
    介助も、コツをつかんで慣れれば、身体への負担も減ると思いますが、
    これから先、ずーっと介助業務をするとなると、YUKAの状態では難しい。。。
    「やりたい!」っていう気持ちだけでは、できないなぁ…。
    気持ちはあっても身体がついてこない…。凄く悔しいけれどしょうがないよなぁ…。

    研修をさせていただいて感じたこと。。。
    支援する側の立場でありながら、利用者の方に教わり、助けてもらい、
    励まされることが多く、「ありがとう」とおっしゃって頂けた事が大変嬉しかったです。
    人の命を預かっているため大変な仕事ではありますが、
    一人ひとりを大切にした「心のふれあい」が実感できるやりがいのある仕事だと思いました。
    私は、介護に関する知識がなく、利用者の方に大変迷惑をかけたと思います。
    ほんとに短い間でしたが、とてもたくさんの事を学びましたし、
    たくさんのものを得ることができました。
    親切・丁寧に指導してくださった職員の方や、
    パート勤務のヘルパーさんにも感謝しています。(=^・^=)

    
    パートのヘルパーのTさんから頂いたお花。。。
    仕事も一生懸命教えてくださるし、いろいろなお話も親身になって聞いてくださったり、
    相談にのってくださったり、仕事は続きませんでしたが、
    良い方に巡りあうことが出来て感謝です。 (=〃⌒ェ⌒〃=) ♪