レシピ     

                                        

ハチミツ入り筑前煮 (4人分) 作り方
<材料>
鶏モモ肉        250g
さといも         4個
にんじん         1本
ごぼう          1/2本
干ししいたけ       5枚
こんにゃく        1/2枚
たけのこ         90g
きぬさや          少々
ハチミツ (アカシア)  60g
だし汁          4カップ
酒            100cc
醤油          大さじ5 
1・干ししいたけを水で戻し、石づきは取る。
  こんにゃくはさっとゆでて、1口大に手でちぎる。
  さといもはさっと下ゆでしておく。
  にんじんは1口大に切る。
  ごぼうは乱切りにする。
  鶏肉は1口大に切る。
  たけのこは乱切りにする。
  きぬさやは湯がく。
2.熱した鍋にサラダ油を入れ、まず鶏肉を炒め、野菜類を入れてさらに炒める。
3.だし汁、酒、ハチミツを入れて煮る。
4.アクをとり、醤油を入れ煮る。 


豆苗と帆立のサラダ(2人分) 作り方
<材料>
帆立貝柱(缶詰)    1/3缶
豆苗(とうみょう)    2パック
長ねぎ          1/2本
いりゴマ(白)       少々
マヨネーズ       大さじ3
しょう油         小さじ1/2
一味とうがらし     お好みで
1.豆苗は熱湯にさっとくぐらせ、ざるに上げる。
  ねぎは5cm長さに切って開け芯をとってせん切りにする。
  帆立貝柱はほぐし、缶汁を大さじ2とっておく
2.ボウルに貝柱、缶汁、マヨネーズ、しょうゆを混ぜ合わせる。
3・2に、水を切った豆苗とねぎを加えてあえる。
  器に盛って一味を少々、いりごまをふる。


ハニーきんぴら  (4人分) 作り方
<材料>
ごぼう              100g
ハチミツ            大さじ3
しょう油        大さじ 1 1/2
1・ごぼうのせん切りを油で炒める
2・しんなりしてきたら、ハチミツ・しょう油で味をつける


桜えびとひじきの炒め煮(4人分) 作り方
<材料>
ひじき                30g
桜えび(干し)           10g
ピーマン               1個 
サラダ油            大さじ2
砂糖               大さじ2
酒                大さじ2
しょう油             大さじ2 
1・ひじきを戻し、さっとゆでます。
2・ピーマンは千切りにし、鍋にサラダ油を熱し、桜えび、ピーマンひじきの順に炒る。
3・調味料を加え、煮汁がなくなるまで炒りつける。


ふりかけ 錦松梅風 作り方
<材料>
花かつお   120g (1袋100gでもOK) 
          乾煎りしてパラパラにする。
きくらげ    30g 
          水で戻してみじん切り
糸こんぶ   30g
          水で戻してみじん切り
炒り白ゴマ  30g
松の実    30g

砂糖     120g 
みりん    小さじ3
しょう油   120cc
梅酢  → 梅干 大2個 
       (みじん切りにしてお酢でのばす) 
1.調味料(砂糖、みりん、しょう油、梅酢)、花かつお、きくらげ、糸こんぶを
  鍋に入れて火にかけ、汁気がなくなるまで混ぜる。
2.白ゴマ、松の実を入れて出来上がり♪ 


さつまいものオレンジ煮  (2人分) 作り方
<材料>
さつまいも            200g
オレンジジュース       200ml
はちみつ            大さじ1
ブルーベリー          大さじ1
(ドライタイプ)  
1.さつまいもは1cm幅の輪切りにする。
2.鍋に1とオレンジジュース、はちみつを入れて、柔らかくなるまで煮る。
3.お皿にサツマイモを盛り付け、ブルーベリードライフルーツを散らして出来上がり♪


さつまいものレモン煮 作り方
<材料>
さつまいも        1本(200g)
レモン           1個
砂糖           大さじ3 
 
☆はちみつを使う場合は    大さじ2〜3

1.さつまいのは1cmくらいの輪切りにして
  塩水に15分ほど浸してアク抜きする。
2.レモンは皮をよく洗って薄く輪切り。
3.鍋にさつまいも・砂糖(はちみつ)を入れ、
  水をひたひたになるぐらい加え煮る。
4.柔らかくなったら輪切りにしたレモンを加え
  紙蓋をして弱火で軽く煮る。

☆レモンを入れてから長く煮ると苦味が出やすいので、
レモンを加えてからはさっと煮る程度に。

おいもの甘い煮ものと、熱いお番茶を入れて、
ホッと一息、入れましょうか。。。



さつまいも・かぼちゃのサラダ (4人分) 作り方
<材料>
かぼちゃ…1/4個
さつまいも…中1/2本
干しレーズン…10〜20粒
  レーズンの分量はお好みでどうぞ!

マヨネーズ…大さじ2.5
  材料の大きさによって分量を調節してね。
レモン汁…少々

☆お好みで塩こしょう…少々
1..※さつまいもは皮を剥いて1センチ角に切って水にさらしておく。
 ※かぼちゃは種とわたを取って1センチ角に切っておく(皮は残しておく)
2.干しレーズンはお好みで熱湯に約3分ぐらいつけて柔らかくしておく。
3..耐熱皿にさつまいもとかぼちゃを入れ、
 ラップを軽くかけて600W7〜8分程つまようじが通るぐらいまで柔らかくする。
4..熱いうちにフォークなどで粗めにつぶして、レモン汁、干しレーズン、
  お好みで塩・こしょうを入れます。
 あら熱がとれたらマヨネーズを加えて混ぜたら出来上がり。


失敗知らず簡単絶品の大学イモ
(3〜4人分)
作り方
<材料>
サツマイモ・・・1本(250〜300g)
三温糖・・・大さじ4
しょう油・・・小さじ1/3
酢・・・小さじ1/3
サラダ油・・・大さじ4
水・・・少々
黒ゴマ・・・適量
1.サツマイモは乱切りにし、水洗いをしてクッキングペーパーなどで表面の水気を拭く。

2.フライパンに三温糖、しょう油、酢、サラダ油、水を入れ、
  イモが重ならないよう並べ、フタをしてから弱火で加熱する。


3.2分したらイモの表面を返してフタをして、さらに2分後もう一度返し、
  断面を揚げ焼きする。(トータル6分加熱する)

4.タレがあめ色に変わったら、まんべんなくイモにあめを絡ませる。
  (イモに竹串を刺して、スーッと通れば火が通っています。)


5.竹串を刺してスーッと通れば火が通ったので、オーブンシートに取り出し、
  熱いうちに黒ゴマを振って完成。

☆、「アメが固まりすぎてしまう」「アメをカリッとさせたい」など、
   アメに関するお悩みが多いですが、、お酢を入れることで、
  砂糖がなめらかなアメ状になるんですよ♪ (=^・^=)


                                            
 
アガリクス茸入り餃子(4人分) 作り方
<材料>
餃子の皮    70〜80枚
(具)
挽き肉  400g
キャベツ 200g
ニラ     2束
しいたけ  5枚
アガリクス茸  6個
 (アガリクス茸乾燥6個を煎じて飲んで、
その後のアガリクス茸を捨てずに使う)

(調味料)
コショウ  少々
塩     小さじ1
しょうゆ  大さじ2
砂糖    大さじ1.5
ごま油   大さじ2
片栗粉   大さじ4〜5

(たれ)
味ぽんとラー油
1 具を全部みじん切りにする。
2 ボールに挽き肉・キャベツ・ニラ・しいたけ・アガリクス茸を入れてよく混ぜる。
3 調味料を加え混ぜる。
4 包む
5 ホットプレートをよく熱してサラダ油を入れ、餃子を並べる。
6 底にこんがり焼き色がついたら、熱湯を注ぎすぐふたをする。
  (熱湯が少ないとシンが残るので気をつける)
  水気がなくなったら出来上がり。


 アガリクス茸は、ちょっと癖があるので、煎じて飲むのも少し抵抗があるけど、
 免疫力UPにはかかせない。
 煎じた後もそのままでは食べにくいので、細かくして料理に入れると食べやすい。
 でも入れすぎは料理が不味くなるので要注意!!⊂(^(工)^)⊃

メタボ予防・糖尿病予防・便秘解消に「おからこんにゃく」 
9月26日放送の「寿命をのばすワザ百科(日テレ) 」で、魔法のお肉ダイエットとして「おからこんにゃく」を紹介。
【おからの健康効果】
おからの食物繊維が水分を吸収することで約6倍に膨れ、満腹感が得られる。
胃の中をゆっくり進むことで腹もちが良くなる
大豆たんぱくは、アディポネクチンを増やす作用がある。
【コンニャクの健康効果】
コンニャクマンナンは人の消化酵素では分解されず、
胃で消化されないため大腸に運ばれる。
腸壁を刺激し、整腸作用が働いて、便の排せつを助け、便秘が解消する。

魔法のお肉「おからこんにゃく」 作り方
<材料>
おから                300グラム
こんにゃく粉            40グラム
水酸化カルシウム(凝固剤)  3グラム
お湯 (30℃ぐらい)       4カップ
                    (800cc)
※30度前後で大丈夫です。
水                  20cc
卵                  1個
1、20ccの水に水酸化カルシウムの粉を少しずつ入れて、溶かします。
  溶かした後、たまごを入れてよくかき混ぜます。
2、大きめのボウルにおからを入れて、ほぐしておきます。
3、「2.」とは別のボウルにお湯を入れて、お湯にこんにゃく粉を少しずつ入れながら、
  ゆっくりとかき混ぜます。
4、とろみが出てきたら、「2.」のおからの入ったボウルに、
  「3.」のこんにゃく粉を溶かしたお湯を流し込み、すばやくかき混ぜます。
5、「4.」に「1.」の水とたまごを混ぜた水酸化ナトリウムを加え、
  手でおからが全体にまんべんなく混ざるようにこねて、
  おからこんにゃくの素を作ります。
  あまり長いことこねるとすごくかたくなるので、気をつけてくださいね。
  のり状より、ちょっと固めのやわらかさでOKです。
6、「5.」を手で好きな形に整えます。
7、「6.」を大きい鍋で、30分間中火から弱火でゆでて、
  ザルにあげて、水気をきれば、おからこんにゃくの完成です。

※冷凍保存でいつでも手軽に使えます。

    こちらのサイトのおからこんにゃくのレシピです。(=^・^=)

おからこんにゃくは、主菜から副菜、おつまみ、おやつにまで幅広く活用できる便利な食材です。
フードプロセッサーにかけて細かくしてハンバーグやコロッケなどのミンチとして使うことができます。
☆ミンチとして使う場合、美味しく仕上げるためにはよく水気を絞ることがポイントです。
☆唐揚げを作る場合は、おからこんにゃく自体に味がないため、下味をしっかりつけておくことがポイントです。

おからこんにゃくの唐揚げ (4人分)
しょうがをきかせた、和風の定番唐揚げ。
作り方
<材料>
おからこんにゃく     200g
生姜(すりおろす)    1片
醤油            大さじ2
酒              大さじ1
みりん           大さじ1 
塩 、コショウ       少々
片栗粉           適量
揚げ油           適量
1.おからこんにゃくに、塩・コショウ ・酒、みりん、すりおろし生姜、醤油を入れて、
下味を付け、30分程度置く。
2.1の汁を捨て、片栗粉をまぶして、熱した油でカラッと揚げる。

*下味の調合はお好みでアレンジしてみてください。
*片栗粉と一緒にカレー粉をまぜると、カレー味の唐揚げに!
*できた唐揚げは、酢豚風などに応用してみてください。


腸内環境を整えるレシピ
便秘を予防するために1番大切なこと。
それは…『腸内環境を良好に保つこと』。

その中で、最も重要なのが…食物繊維
食物繊維は消化されにくく、便のカサが増えるので、腸に刺激を与えます。
すると、腸は蠕動(ぜんどう)運動を始め、排便へとつながるのです。

ちなみに厚生労働省が定めた基準では、1日に約20〜25g
(3食で割ると、1食あたり約8g)の食物繊維を摂取するのが望ましいとされています。

おからのおやき (2人分) 作り方
<材料>
おから        100g
じゃがいも     大2個
塩          適宜
オリーブオイル   適宜




★おからのおやきアレンジメニュー
おやきの磯辺焼き
追加材料
醤油 大さじ1
蜂蜜 大さじ1
焼きのり 適量
(1) じゃがいもは皮をむいてすりおろし、おからと塩を混ぜる。
(2) フライパンにオリーブオイルをひいて熱し、
   (1)を食べやすい大きさに丸めて焼く。
(3) 両面がこんがり焼けたら出来上がり。
★ポイント★
1. じゃがいもをおからの“つなぎ”として使うことで、
おからのボソボソした食感をなくします。
2. さらにじゃがいもを使うことで、和食にも洋食にもアレンジしやすくなります。


(1) 焼きあがったおやきに、醤油と蜂蜜を加えてからめる。
(2) 味がなじんだら、焼きのりで巻いて出来上がり。


                                           

「エジプト」
このスープは、古代ファラオの時代から伝わる栄養万点の一品 

モロヘイヤスープ(4人分)
      ミルク入り
作り方
<材料>
モロヘイヤ   100g
玉ねぎ     中1/4個
じゃがいも   中1/2個
バター      大さじ1
牛乳       1カップ
塩、コショウ   少々
A)
 コンソメ     1個
 水        1・1/2カップ
1、モロヘイヤは葉を摘む。
  玉ねぎは薄切りにする。
  ジャガイモは薄切りにし、水にさらしてあくを取る。
2、鍋にバターを溶かし、玉ねぎ、ジャガイモを炒め、
  Aを加えて煮る。柔らかくなったら、モロヘイヤを加えて一混ぜし、
  火を止めて粗熱をとり、ミキサーにかける。
3、 2を鍋に戻して温め、牛乳を加えて塩、コショウで味を調え、器に注ぎいれる。 


モロヘイヤスープ 作り方
<材料>
モロヘイヤ     1束分
バター       大さじ1
にんにく       5片
チキンスープ   4カップ
塩、黒コショウ
好みでレモン汁を加える
1、鍋にバター大さじ1を熱し、にんにく5片のみじん切りを炒める。
2、1の香りが出たら、チキンスープ4カップを加え、沸騰したら
  モロヘイヤのみじん切りを加えて30秒ほどで火を止める。
3、塩、黒コショウで味をつける。
  好みでレモン汁を加えても美味しい。 


ターメイヤ(エジプトの豆のコロッケ) 作り方
<材料>

そら豆                   500g
玉ねぎ                  1/2個
ニラ                   5〜6本
セロリ              (葉っぱが主)
卵                      1個
ベーキングパウダー        小さじ2
クミン
黒コショウ
シャッタ(レッドペッパーでもOK)
塩              小さじ1(少なめに)
にんにく
しろごま
1・そら豆は一晩水に浸けて皮を取る
2・白ゴマ以外の材料をミキサーにかける
3・形を整えられる程度(ハンバーグより軟らかい)にする
  硬ければ卵を、逆なら小麦粉を加える
4・出来上がった3は、3〜4cmにまとめ、白ゴマを付け、油で揚げる


タヒーナ・ソース 作り方
<材料>
白ゴマペースト(市販品) 大さじ2〜適宜
レモン類                 適宜
水                     適宜
塩                     適宜
クミン                   適宜
1・ボールに白ゴマペーストを入れ、レモン、水を少しずつ加え
 練りながらなめらかにする。
2・塩で味を整え、クミン・シードをまぶす。
  (クミンの苦手な人はパスしてOK)

食べ方・・・ターメイヤに掛けて食べる
       サラダにかける。等‥ 


エジプトでは、あつあつのターメイヤに、タヒーナを付けるか、レモン類を絞って食べる。
または、パンに、トマトなど野菜を挟んでコロッケサンドのようにして食べる。
エジプト人は、朝ご飯によく食べるそうです。



寒天料理?を作ってみる。

「固まらない寒天」(くずレモン寒)

固まらない寒天は、抗がん作用が期待されているもので
現段階では動物実験レベルなんだけど、期待の新健康食として、
TVでやっていたから作ってみました。
 

 
 「固まらない寒天」(くずレモン寒)
 
 材料

  水  400ml
  粉末寒天  4g
  レモン汁 大さじ2
  砂糖   大さじ2

 作り方
  鍋の中に材料を入れ混ぜ合わせる。
  強火で加熱し、だまにならないようによく混ぜ沸騰させる。
  沸騰してからさらに3分間加熱する。
  容器に入れて冷やすとトロトロの固まらない「くずレモン寒」の出来上がり♪
  
 作り方のポイント
  沸騰後3分、最低でも1分以上加熱する。
  沸騰後の加熱時間が長いほど、液体に近いトロトロ状態になる。

 *番組では、焼きナス・冷奴・茹でタコときゅうりのぶつぎりにかけてました。
 *冷蔵庫で1週間保存できる。


ブルーベリーソース 作り方
<材料>
A ブルーベリー    150g
  赤ワイン       100cc
  はちみつ        30g

B 塩・こしよう      適宜
  ナツメグ        適宜
  片栗粉        小さじ1
1.鍋にAを入れ、火にかけ沸騰したらアクをすくい弱火にする。
2.少し煮詰めたら、Bを加えて味を整え
  水溶き片栗粉でとろみを出す。


甘酸っぱいブルーベリーソース。。。鶏肉のオーブン焼き・白身魚のムニエル
                      豚肉のソテーなどにどうぞ。(=^・^=)
<ブルーベリーに含まれるアントシアニン効果>
 抗酸化力
 体の老化やいろいろな病気の元になる活性酸素を除去する働きがあります。
 動脈硬化や老化を防ぎ、ガンを予防するなど。
<ブルーベリーの効果>
 視力回復・抗酸化作用・老化防止・コレステロール低下・ガン予防
 抗菌作用・食物繊維が豊富


オクラ                            
栄養的にみると、ねばねば成分はペクチン、ムチンなどの食物繊維。
血糖値の上昇を抑えてくれたり、胃の粘膜を保護してくれたりする優れもの。
カルシウム、カロテン、ビタミンC・B群などのビタミン類も豊富。
手軽に食べられて、栄養満点のオクラは、夏に向け、頼りになる食材。(〃⌒(ェ)⌒〃)
下ごしらえ。。。
売られているネットに入ったままの状態で塩をふり、ネットの上からモミモミすると、
上手にオクラの表面の産毛が取れますよ。
後は、ネットを切って、塩がついたままのオクラを、30秒くらいゆでます。
ゆで過ぎは禁物。
さっとゆでることで、独特のねばねばが出ます。
ゆで上がったら、氷水で一気に冷やします。

オクラのヘルシー冷奴 <作り方>
<材料>       2人分
豆腐(おぼろ豆腐、ざる豆腐など)・・・1丁
オクラ・・・4本
みょうが・・・1本
しょうゆ・・・適量オクラ     
1 オクラはさっとゆでて、小口切りにする。
  みょうがは、斜め薄切りにする。
2. 器に豆腐を盛り、オクラ・みょうがをのせる。
  しょうゆをかけて食べる。
☆豆腐は好みの種類を選んで、盛り付けを楽しみましょう。


きゅうり
キュウリは、90%以上が水分で、カリウム、カルシウム、ナトリウムを含んでいます。
カリウムは、体内の余分なナトリウム(塩分)を排出するため、高血圧の予防に効能があります。
また、利尿作用があるので、むくみの解消が期待できます。

ゴーヤ
ゴーヤは、モモルデシン・ビタミンC・カリウム・カルシウム・マグネシウムを含んでいます。
ゴーヤに含まれるビタミンCは、加熱調理しても壊れにくいという利点があります。
また、抗酸化作用が強く、活性酸素の働きを抑え、血管の老化を防いでくれます。

☆夏の家庭菜園の収穫。。。
  きゅうりやゴーヤがたくさん採れた時に、作り置きができるレシピです。
  ごはんのお供にぴったり〜♪(〃⌒(ェ)⌒〃)
きゅうりのしょうゆ漬け(きゅうりのキューちゃん風) <作り方>
<材料>
きゅうり     1.5K

しょうゆ漬け汁
酢        200cc
しょうゆ     400cc
みりん      200cc
砂糖       150g
生姜       50g
ほんだし    大匙 1
たかのつめ   2〜3本
1.きゅうりは3〜5ミリぐらいの輪切りにする。 土生姜は千切り。
2.しょうゆ漬け汁の材料をなべに入れ沸騰させる。
3.ボールに切ったきゅうりを入れ、沸騰した漬け汁をかけ、
  約1分ぐらい、混ぜながら味をなじませる。
4.きゅうりはざるにあけて、汁だけ沸騰させる。
5.3〜4を4回くりかえす。
6.汁がさめるまできゅうりをひたしておく。
  *最後に汁を全部捨てるか、ひたひた程度に残すかはお好みで。
  *冷凍保存もOK。

☆我が家では、きゅうりの漬け汁の残り汁で
  ゴーヤのゴーちゃん漬けを作ります。
 作り方は、きゅうりのしょうゆ漬けと同じです。
 ゴーヤのゴーちゃんが出来上がったら、
 ひたひた程度に汁にひたしておいても美味しいですが、
 汁を捨てて白ゴマをかけても美味しいです。



 秋にお勧めのお鍋♪           

 きのこ鍋  (高いサプリメントを使わなくても、家庭で出来る安くておいしい究極の健康食品)

  ハナビラタケ・ヤマブシタケ・シイタケ・マイタケ・エノキタケ・エリンギ・シメジ・キクラゲ
  なめこなど、お好みの沢山の種類のキノコ

  ハナビラタケやヤマブシタケには、大量のβーグルカンが含まれている事が、
  研究によって報告され、抗腫瘍活性がある事も確かめられています。

  お好みの沢山の種類のキノコをベースに、きのこ鍋をして、最後にご飯を入れて、雑炊にし、
  スープを全部飲めば、キノコの多糖体をたっぷり摂る事が出来ます。
  きのこ鍋で、免疫力UP!! (=^・^=)


きのこ鍋 <作り方>
<材料>      4人分
きのこ類 (お好みのきのこ)
野菜類   白菜・白ねぎ・ごぼうなど
お肉類 (お好みのお肉)
 ・鳥(胸肉 or もも肉) 200g
 ・豚肉(ロースしゃぶしゃぶ用・バラ薄切りなど)200g〜300g   

[煮汁]
 だし汁 … カップ6
 みりん … 大さじ3
 しょうゆ … 大さじ3
 塩 … 少々
 清酒 … 大さじ2

<薬味>
 七味唐辛子、粉山椒 各適量
もみじおろし、青ねぎの小口切り 各適量
1.きのこ類を食べやすい大きさに用意する。
 ナメコを使用するときは、ざるに入れてさっとふり洗いする。
 キクラゲを使用するときは、戻して堅い部分を切り落としましょう。

2.土鍋にだし汁6カップ、調味料を加えて煮立て、
  お好みのお肉・きのこ類・野菜類を入れて煮立ったら、
  あつあつをスープごと食べる。
  ★だし汁は多めに用意し、途中で加えるといい。


きのこ と シーフードのスープ <作り方>
<材料>        2人分
 シーフード       50g
 きのこ         150g
(お好みのきのこ、エノキダケ、しめじ、マッシュルームなど)
 たまねぎ        50g
 セロリ         1/4本
 ブロッコリー     半分ぐらい(子房に分ける)
 豆乳         1カップ
 水           1・1/2カップ
 ローリエ        1枚
 お酒          少々
 オリーブ油      適量
下ごしらえ
  *シーフード(冷凍)をお酒を少々かけて臭みをとる。
  *たまねぎ・セロリ・きのこはみじん切りにする。

1.たまねぎ・セロリをオリーブオイルでしんなりするまで炒める。
2.シーフードと、きのこを加えて少し炒める。
3.水とローリエを加えて10分煮る。
4.ブロッコリーを加えて5〜6分煮る。
5.豆乳を加えて塩、こしょうをして、温まったら出来上がり♪
  *豆乳は煮すぎると分離するので温めるだけに・・・。
  


『まごわやさしい』
医学博士の吉村裕之先生が提唱されているバランスの良い食事の覚え方です。

 「ま」・・・豆類
 「ご」・・・ゴマ類
 「わ」・・・ワカメ・海藻類
 「や」・・・野菜類
 「さ」・・・魚介類
 「し」・・・椎茸・キノコ類
 「い」・・・イモ類

覚えやすいので普段から意識しておくと良いですね。(=^・^=)

9月22日放送 「たけしの本当は怖い家庭の医学」、奥薗壽子さんの、
家庭でできる 脂肪肝を予防・改善する「まごわやさしい」食材を全部使うレシピ。。。
奥薗流 炊き込みご飯(4人分) 作り方
<材料>  4人分
水…2カップ強
米…2カップ
昆布…4枚(1X10cm) 「わ」
干しシイタケ…4枚 「し」
酒…大さじ2
醤油…大さじ2
里芋…4個 「い」
ちりめんじゃこ…40g 「さ」
油揚げ…1枚 「ま」
オクラ…10本 「や」
炒りゴマ(白)…大さじ2 「ご」
かぼす…お好みで
*下準備*
 米と水を合わせ30分浸しておく

1.昆布をハサミで細かく、干しシイタケを細切りにする。
※昆布を細かく切ることで、
旨味が出やすくやわらかくなるのも早いので全部食べることが出来る。

2.1に酒、しょう油を加えて浸し戻す。
※干しシイタケに味がつく、また醤油にも干しシイタケの旨味が入る。
↑  ↑  ↑
水で戻さずナマクラ流ズボラ派の真骨頂!

3.里芋の皮をむき、ひと口大に切る。
※ご飯と炊き込むことで、もち米のようにモチモチに炊きあがる。

4.油揚げを横半分に切ったら、細切りにする。
※油揚げは大豆が原料。油分で脂質を補う。

5.炊飯器に2、3、4の具材とちりめんじゃこを入れたら、ご飯を炊く。
※ちりめんじゃこに含まれるカルシウムは、
ビタミンDと一緒に摂ることで、吸収率がアップする。

6.オクラを小口切りにする(生のまま)
※オクラを炊き込むと、
歯応えも色も良くない上にビタミンC類も壊れるので炊きあがってから加える。

7.ご飯が炊きあがったら、6のオクラを加え混ぜ合わせる。
8.最後にいりゴマを振りかけて完成!お好みでかぼすを絞って〜


「太らず美しい筋肉を作る、簡単朝食レシピ」

鶏胸肉とまいたけのわさび醤油漬け
作り方
【材料】(2人分)
鶏胸肉 200g、
まいたけ 1パック、
三つ葉 適量、
かつお節 10g、
醤油 大1、
塩 少々、
日本酒 大1、
片栗粉 小1、
わさび 小1

1.鶏胸肉を細切りにして、耐熱皿に入れ、
 塩と片栗粉をまぶして全体にもみこむ。

2.まいたけを小分けにして、1の鶏胸肉と軽く混ぜ合わせ、
 日本酒をふりかける。

3.2にラップをかけて電子レンジ(600w)で5分加熱する。

4.5分ほど蒸らしたら、鶏肉をほぐして、かつお節を入れて混ぜ合わせ、
  わさび醤油をさっとかけて、三つ葉を添えて出来上がり。

洋食派は、水菜とトマトと合わせてチキンサラダにするのがお勧め。
「太らず美しい筋肉を作る、簡単朝食レシピ」

大豆とじゃこの山椒煮
作り方
【材料】(2人分)
大豆(ドライパック)110g、
ちりめんじゃこ 25g、
かつお節 15g、
水 1カップ、
昆布 1枚
実山椒の塩漬け 10g、
しょうゆ 大1/2、
みりん 大1、
粉山椒 適量
1.フライパンに水をいれ、昆布(2cm×20cm位)を細かく切りながら入れ、
  醤油、みりん、大豆、ちりめんじゃこ、実山椒を入れて、
 ふたをして火にかけます。

2.弱火で5分ほど煮たら、フタをかけて煮詰め、
 水分が少なくなったら、かつお節と
 山椒の粉を加えて全体に混ぜ合わせて出来上がり。

簡単に出来て、冷蔵庫で3日ほど保存が出来ます。
和食の人はご飯の上に乗せて食べても、
パン食の人はトマトやきゅうりと合わせてサラダ風にしたりして。
大豆とかつお節のたんぱくを組み合わせて、カロリー控えめで
美味しい健康食になってます。

ショウガのレシピ。。。
体を温める食べ物として注目を集めるショウガを、普段の食生活に取り入れてみましょう!!(=^・^=)
体を温めるだけでなく、血栓の予防効果や高血圧の予防、悪玉コレステロールの抑制効果、
生姜の香り成分である「ジンギベロール」「セスキテルペン」といった成分には、
胃を健康に保つ効果や解毒・消臭効果があるとされます。
また、生姜には殺菌作用や食欲増進の効果もあります。

ショウガをあれこれ漬けてみよう。。。
生姜の甘酢漬け 作り方
材料
生姜   3個
酢    1カップ
砂糖  大さじ3
塩   小さじ1
生姜を薄切りにし、さっと湯通しして、甘酢(酢・砂糖・塩)に漬ける。
☆そのまま食べたり、ご飯に混ぜて酢飯にしたり、ワカメやキュウリとあえて酢の物にしてもGood♪
生姜のはちみつ漬け 作り方
生姜      1個
はちみつ   1カップ 
生姜を1個皮をむいて薄切りにし、水に30分漬けて渋みを取る。
水気をよくきって容器に入れ、はちみつ1カップをかける。
1日置けば出来上がり。
☆紅茶やホットミルクに入れたり、煮物にも使えます。
生姜のオイル漬け 作り方
材料
生姜   100g
エキストラバージン・オリーブオイル  160ml

A ワインビネガーまたは米酢      ?大さじ4
  塩                      小さじ1
  砂糖                    小さじ2
  唐辛子(種を取り除く)            1本
1.生姜は皮をむき、繊維に沿って千切りにする。
2.耐熱皿にAを入れてよく混ぜ、1を加えて全体にあえ、
  ラップをして500Wの電子レンジで1分半加熱する。
3.水気を切った2を保存容器に入れ、オリーブオイルを注ぐ。

☆日持ちは1週間ほど。
 毎食大さじ3分の2程度を目安に食べると良いそうです。
☆チャーハンや野菜炒めにも使えます。

シソのレシピ。。。
☆けんちゃんのシソ漬けの作り方「はなまるマーケット」で紹介されていました。(2011年6月21日放送)
 いくつかレシピを紹介していた中で気になったのが、けんちゃんのシソ漬けです。
 このシソ漬けの考案者は、あの有名な志村けんさんです。(=^・^=)
けんちゃんのシソ漬け 作り方
材料
シソ             15枚
めんつゆ(ストレート)   2分の1カップ(100cc)
オイスターソース     小さじ1
ゴマ油            小さじ1
1 密閉容器に、めんつゆ(1/2カップ)、
 オイスターソース・ゴマ油(各小さじ1)を混ぜ合わせる。
2 1に洗って水氣を切ったシソを入れ、
 冷蔵庫で一晩漬け込めば完成です。
 ※シソが新鮮なうちに漬けておくと、
 1週間は色がきれいなまま食べられます。

志村さんが「けんちゃんのシソ漬け」を使ってよく食べるレシピを教えてくれました。(=^・^=)
☆けんちゃんのシソ漬け 納豆キムチ和え
<材料>
・けんちゃんのシソ漬け・・・15枚
・納豆・・・1パック
・キムチ・・・20g
<作り方>
1.けんちゃんのシソ漬けとキムチをみじん切りにし、 納豆と混ぜ合わせれば完成。
 ※シソ漬けとしょうがをみじん切りにして、ご飯に混ぜたり、
  叩いた長イモとみじん切りにしたシソ漬けを和えても美味しい。


魔法の塩の作り方 (塩分量2分の1でも同じ美味しさ・最強の減塩法)

たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学
(2010年1月26日放送 テレビ朝日)


【魔法塩の効果】
魔法の塩を使うことで、塩分2分の1で料理しても、
普通に塩を使った場合と同じくらいの塩気が感じられ、
さらに旨味もプラスされるため、料理が一段と美味しくなる。

【減塩の効果】
厚生労働省によれば、日本人の塩分摂取量は1日平均10.9g。
一方、高血圧予防や治療で奨められるのは6g。
番組で紹介された方は、薬で治らなかった高血圧が、1ヶ月の減塩生活で正常値に。
この人は魔法塩を使ったわけではなかったようなので、薄味をがまんして減塩生活。

塩分量を2分の1に減らしたにも関わらず、美味しさは変わらないのが魔法の塩です。

【魔法塩の作り方】
塩50gに和洋中の食材をミルミキサーで砕いて混ぜるだけ。
ミルミキサーが無い場合は、あらかじめ粉状になっている食材を使うと良い。
(こんぶ粉、かつお節粉など)


●和の魔法塩
塩:50g
昆布:9g
かつお節:6g
干し椎茸:2g


●洋の魔法塩
塩:50g
乾燥ローズマリー:8g
黒コショウ:8g


●中華の魔法塩
塩:50g
干しエビ:7g
干し椎茸:3g

                     
    おやつのレシピのコーナーへ
                       

    YUKAのお勧めショッピングのコーナーで〜す。(〃⌒(ェ)⌒〃)
    下のタイトルをクリックして下さいね〜
             ↓


☆☆☆  グルメ&スィーツのコーナー
☆☆☆ 食品のコーナー
☆☆☆ カスピ海ヨーグルトのコーナー
☆☆☆ 旬のフルーツ&野菜のコーナー
☆☆☆もっとヘルシーな食生活を…。カロリーコントロールのコーナー