Relay For Life Japan In  Ashiya 
           リレー・フォー・ライフ・ジャパン in 芦屋
  


リレー・フォー・ライフ(RFL)とは、がん患者や家族、その支援者達が公園やグラウンドを会場に、
交代で24時間にわたって歩き、がん征圧への願いを新たに絆を深め合う催しです。

がんと闘う寄付イベントでもあり、寄付金は日本対がん協会に寄付され、広く対がん活動に使われます。

リレー・フォー・ライフ(RFL)は、
1985年に一人のアメリカ人外科医が、がん患者を励まし対がん運動組織に寄付する目的で、
「がんは24時間眠らない」「がん患者は24時間、がんと闘っている」をメッセージとして
フィールドを走ったことから始まりました。
地域社会全体でがんと闘うための連帯感を育む場として世界に大きく広がり、
全米で約5000ヶ所、世界20ヶ国で開かれるようになっています。
日本では2006年、9月2日、茨城県つくば市で初めて開催され、全国に活動が広がっています。 


がんで亡くなられた人々を偲び、がんと闘う人々を支援し、がんを克服された人々の勇気を諾える。
そして、がんを恐れない社会を目指す・・・がん啓発サポートキャンペーン。

がん患者とその家族が抱える悩みや痛みを患者同士で共有し、互いに希望や勇気を分かち合うこと
さらに健康な人たちにも命の大切さを訴え、がんに対する社会の意識を変えていこうという運動です。
このRFLに、皆さんも参加しませんか。


「がんは24時間眠らない、
がん患者は24時間がんと闘い続けている
24時間命のたすきをつないでいこう!!」



がん患者とがんを克服した「サバイバー」が手を取り合って歩くサバイバーラップで始まり、
その後24時間、患者や支援者でチームを組んで、交代で歩く「命のリレー」を続けます。

イベントは24時間開催されていますが、
タイムや周回数を競い合う競技ではありません。
それぞれが無理せず交代で歩き続けます。
開催時間内ならいつでも参加でき、自分のペースでグランドを歩きます。
1〜2周歩いて、ちょっと休憩。。。
ずっと休んでいてもOK、帰ってもOKで〜す。(=^・^=)
体力に自信のない方でも気軽に参加できます♪

社会全体でがんと闘うことを目指しリレーをつないで下さる方であれば、
参加資格や年齢制限などは一切ありません!
みなさんの一歩一歩が、がん患者支援につながります。
ぜひ、「リレー・フォー・ライフ」のラン&ウォークにご参加下さいね!



2010年 9月11日。
RFL in 芦屋に参加しました。(〃⌒(ェ)⌒〃)
2007年、リレー・フォー・ライフの2回目が芦屋で開催されてから、4年続けて参加しています。
私は24時間参加は体力的に無理なので、
オープニングセレモニーと、サバイバーウォーク + 数周するだけの参加ですが…。(= ̄ェ ̄=)ゞ 
今年の会場は、芦屋駅の近くで開催される事になったので、いつもより少しだけ長くいることができ、
初めてルミナリエのイベントにも参加する事ができました。 ルミナリエは感動的でした。
「癌でもいいじゃん♪」の仲間と一緒にフラッグを持って歩いたり、
他の参加者と少しではありましたが交流もできました。
短い時間でしたが有意義な時間を過ごせました!
そして沢山の仲間と会えて、とっても嬉しかったです。(〃⌒(ェ)⌒〃)♪

リレー・フォー・ライフ 芦屋 2010  HP


14時15分頃、会場に到着。
私は、当日参加だったので、
まずはリレーウォーク受付でエントリー。。。
参加費1000円。
この代金や記念品の売り上げの一部が、
患者を支援するための寄付金に使われます。
参加記念品。。。
紫色のリストバンドと
私はサバイバーなので、
紫色のバンダナを頂きました。

リレーフォーライフではサバイバーは
紫色のバンダナを身につけます。
サバイバーと応援する人を区別できるのは、
紫色のバンダナです。(〃⌒(ェ)⌒〃)
紫色。。。
世界共通のリレー・フォー・ライフのシンボルカラーです。
ガン患者にとって、
不安や恐れ、孤独を感じる時間帯の「夜」は怖いもの。
「夜明け」。。。
朝方、紫色に染まる空を見ると安心する「夜明け」は、
希望=HOPE。
夜明けを迎えられる=新しい一日を生きられる
紫は「夜明けの空の色」をイメージしています。
明けない夜はない。 そういう思いをこめた色です。

グッズのバンダナも紫。そしてリストバンドも紫です。

プロゴルファーの石川遼くんもRFLの活動を応援してくれて、
RFLのリストバンドを試合でつけてくれています。
(〃⌒(ェ)⌒〃)
次に、手形サバイバーフラッグコーナーへ。。。
サバイバーの方は、大きな白いフラッグに、
手形をおして、コメントを書きます。

これは歴代のフラッグ。
  全てサバイバーさんの手形です
私のコメント。。。
2007年は「1日1笑」
2008年は「1日1日を大切に」
次はルミナリエのバッグのコーナーへ。。。
ルミナリエの袋の外側には、
がんで亡くなられた方を追悼するメッセージ、
今現在がんと闘っている仲間を応援するメッセージ、
がん患者自身の願いを込めたメッセージなど、
みんな、さまざまな想いを、
ルミナリエバッグに書いていきます。
私のルミナリエ。(←表面と↑裏面)
希望の光を灯す「ルミナリエ」。。。

メッセージを書き終えたルミナリエ袋の中に、
キャンドルが入れられて、
トラックに並べられ、暗くなり始めると点灯し、
光のメッセージが一晩中灯り続けます。
私のルミナリエもトラックに並べました。 (〃⌒(ェ)⌒〃)
資生堂さんのチャリティーコーナー。。。

☆メーキャップアドバイス
☆フットケア
☆ハンド・ネイルのお手入れ

美容部員さんにしていただけます。

私はハンド・ネイルのお手入れをして頂きました。
手のマッサージとネイルケア。
手はしっとり〜♪
爪はマニキュアも塗ってもらって
ピカピカになりました。
有難うございました。(〃⌒(ェ)⌒〃)
日本対がん協会では、がん検診啓発の為の資料。
中外製薬さんのコーナーでは、ジャイアント・コロン、
(大腸の中を表した巨大風船模型)と
クイズなどの企画がありました。
17時。。。いよいよスタートです。
「24時間眠らないがんと闘う」命のリレー。

オープニングセレモニーが始り、
5・4・3・2・1。。。カウントダウンで
「サバイバーズラップ」START!

がん患者またはがんを克服した方々が
最初の1周を歩く特別な時間です。
拍手とともにみんなが迎えてくれます。(=^・^=)

引き続いてリレーウォークが開始します。
私は、昨年と今年は、チーム参加していませんが、
「がんでもいいじゃん♪」の仲間と一緒に
フラッグを持って歩くことが出来ました。(〃⌒(ェ)⌒〃)
光のイベント「ルミナリエ」
芦屋会場の「HOPE」です。
生きる喜び「HOPE」
ルミナリエが点灯し始めました♪

キャンドルの灯火に浮かんだHOPE(希望)の文字。
HOPEの字をかたどるのルミナリエ袋達 です。

午後7時30分。
日が暮れて、辺りが暗闇に包まれる頃、
キャンドルライト・セレモニー。
ルミナリエのセレモニーが始まります。

私も、旅立たれた方達を偲び、
治療中の方達の快復をキャンドルに託し祈りました。
(〃⌒(ェ)⌒〃)
トラック一周続いているルミナリエが作る光の道は、
とても幻想的です。(〃⌒(ェ)⌒〃

私は、「ルミナリエ」のイベント後、会場を後にしましたが、
この後、20時30分から「キャンドルラン」がスタート


「キャンドルラン」。。。
シンボルタスキを、夜間歩けないウォークチームのかわりにタスキをつなぐことを目的として、
市民ランナー(個人やチームで参加したキャンドルランのメンバー)が受け継ぎ、明朝までの12時間、走り続けます。

シンボルタスキ。。。
会場内でたった1本、「命のリレー」の象徴として設けられたものです。
昼間はリレーウォークチーム、夜間はキャンドルランチームがつなぎます。


常に誰かがタスキをかけて走ったり歩いたり、
明日のお昼のフィナーレまで「命のリレー」は続きます。



今回もRFLに参加出来た事嬉しく思います。
スタッフの皆様、ボランティアの皆様、参加された方お疲れさまでした。
有難うございました。(〃⌒(ェ)⌒〃)

また来年みんなと会いたいです。
どうか会えますように…。

リレー・フォー・ライフ 芦屋 2010  HP