■TOP
▼千代のはじめ▼





和泉式部を中心にみた当時の年表です。
王朝時代の他の多くの女性と同じく、和泉さまも生没年不詳です。
誕生年については、この辺だろうという説がいくつかあります。
保昌と結婚後、1027年に詠歌したという記録を最後に、それ以降の晩年の様子は謎です。家集には、より晩年の頃の作と考えられる歌が含まれているとか。
京都の誠心院に、和泉さま尼像が残っています。ですが、本当に出家していたかどうかは、どうでしょうね??
どんな暮らしにせよ、心静かに、穏やかな気持ちであったことを切に願います。
尚、年表の記述に明らかな間違いがありましたら、ご一報頂ければ幸いです。


西暦年号天皇数え齢出来事(主語のないものは和泉式部です)
976貞元元円融3月頃、居貞親王(三条天皇) 生まれる(父:冷泉院、母:超子)
977貞元2 為尊親王(弾正宮) 生まれる(父:冷泉院、母:超子)
978頃天元元 1歳和泉式部 生まれる(父:大江雅致、母:平保衡女)
前後3〜4年に渡って諸説あり。
978年説を選んだのは、単に親王ご兄弟との年齢のつり合いが程よいから(笑)
980天元3 3歳6月1日、懐仁親王(一条天皇) 生まれる(父:円融天皇、母:詮子)
981天元4 4歳敦道親王(帥宮) 生まれる(父:冷泉院、母:超子)
982天元5 5歳1月28日、冷泉院女御超子 薨去
984永観2花山7歳8月27日、花山天皇 即位
986寛和2一条9歳7月16日、居貞親王 元服、立太子
989永祚元 12歳11月21日、為尊親王 元服
990正暦元 13歳7月2日、藤原兼家(62歳) 薨去
991正暦2 14歳「女成」子(藤原済時女) 東宮妃として入内
992正暦3 15歳為尊親王 九の御方(藤原伊尹女)と結婚
993正暦4 16歳2月22日、敦道親王 元服
敦道親王 藤原道隆三女と結婚
996頃長徳2 19歳橘道貞と結婚
997頃長徳3 20歳小式部 生まれる(父:橘道貞、母:和泉式部)
999長保元 22歳道貞 和泉守に任ぜられる
11月1日、彰子(藤原道長女) 入内
1000長保2 23歳12月16日、皇后定子(24歳) 崩御
1001頃長保3 24歳弾正宮との恋はこの頃かな?
1002長保4 25歳6月13日、弾正宮(26歳) 薨去
1003長保5 26歳4月十余日、帥宮と、橘の贈答歌。帥宮と初めて契る。
12月10日、帥宮の南院に入る
1004寛弘元 27歳1月、帥宮妃(藤原済時女) 南院を出る
2月、藤原公任の白河院で帥宮とお花見
3月、道貞 陸奥守に任ぜられ赴任
1005寛弘2 28歳賀茂祭を帥宮の車に同乗して見学
1005頃寛弘2 29歳石蔵宮(永覚)生まれる(父:帥宮、母:和泉式部)
1007寛弘4 30歳10月2日、帥宮(27歳) 薨去
性空上人 没
1008寛弘5 31歳2月8日、花山院(41歳) 崩御
1009寛弘6 32歳中宮彰子に出仕
1010頃寛弘7 33歳藤原保昌と結婚
1011寛弘8三条34歳6月22日、一条天皇(32歳) 崩御
10月24日、冷泉院(62歳) 崩御
1016長和5後一条39歳4月16日、橘道貞 没
1017寛仁元 40歳5月9日、三条院(42歳) 崩御
1018寛仁2 41歳静円 生まれる(父:藤原教通、母:小式部)
1025万寿2 48歳11月、頼仁 生まれる(父:藤原公成、母:小式部)
11月、小式部(28歳?) 没
1026万寿3 49歳1月19日、太皇太后彰子 落飾して上東門院と号する
1027万寿4 50歳10月、皇太后妍子の七々日供養に玉の飾りと歌を献上
12月4日、藤原道長(62歳)、藤原行成(56歳) 薨去
1036長元9 59歳9月、藤原保昌(79歳) 没
???? ??和泉式部 没年は不明
一説には、長元7年(1034年)頃とか




■TOP