ニューヨーク引きこもり日記日記過去ログ(2002/06前半)

これまでの日記

2002/05後半

2002/05前半

2002/04後半

2002/04前半

2002/03

2002/06

06/15

SCP-5150のケーブルと専用ソフトが届いたのでUSB-シリアル変換機を買いに行く。近所のWizに置いてなかったのでCompUSAに行こうとブラブラ歩いていたらCHIPS & TECHSという小さな店を発見、怪しげなニオイがしたので入ってみると、店内はパーツやケーブル類で一杯の秋葉原状態。しばらくこういう店に入っていなかったのでちょっと感動。肝心の変換機も$55ぐらいを覚悟していたものが$29.50で買えた。当地でパーツ類を探すならこの店お勧めですよ。

CHIPS & TECHSを出た後はBOOK OFFまで足をのばす。そう、あの古本チェーンのBOOK OFFにニューヨーク支店がある。入ってみると予想以上にまんま日本のBOOK OFFだった。値段の方はちょっと高いし、置いてある本やCDもちょっと古いが、そこらへんは許容範囲でしょう。本は良いのが見つからなかったのでCDを2枚購入。BUMP OF CHICKENのTHE LIVING DEADとPatty's Oblienのmarmalade。どちらも$15でした。バンプは去年の天体観測のヒットでご存知の方も多いでしょうが、このCDはインディー時代のもの。Patty's Oblienは、きっと誰も覚えてないんじゃないかと思う。3年前にこのアルバムを出してそのまま消えていったアーティストなのだが、そのPVが入ったビデオを見返してどうも気になってCDを探していたもの。もちろんTowerやHMVなどには置いてないので中古屋ということになる。バンドの当人たちもとっくに解散して別の活動をしているのに、それが3年にニューヨークに渡っていて僕の目の前に現れるとは。なんだか巡りあわせというものを感じてしまった。

朝食 - チーズとゆで卵。昼食 - ベトナム風焼きうどん。夕食 - ステーキ

06/14

あのさ、ちょいと聞いてくれよ、この日記のテーマとはあんま関係ないんだけどさ。

今日の夕方、タイムズスクエアの吉野家行ったんです。吉野家。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいでレジの前で延々行列なんです。
で、よく見ても別にキャンペーンなんかやってるわけでもないんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、$3.59のBeef Bowl如きで今まで来てなかったJapanese Dinerに来てんじゃねーよ、ボケが。
$3.59だよ、$3.59。
なんかカップルとかもいるし。吉野家でJapanese Cuisineのつもりか。おめでてーな。
よーしハニーJapanese Pickles頼んじゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、Dunkin Donutのシロップでドロドロのドーナツと糞甘いコーヒーやるからその列からどけと。
アメリカの吉野家ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
とにかく安い金で腹一杯にしたいマイノリティと母国を求めてやってきちゃう勘違い日本人との間でいつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっとレジの前に来たと思ったら、隣の奴が、with raw egg、とか言ってるんです。そこでまたぶち切れですよ。
あのな、アメリカでは衛生管理が違うからraw eggなんて喰えねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、with raw egg、だ。
お前は本当に生卵を食いたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、with raw eggって言いたいだけちゃうんかと。
アメリカ吉野家通の俺から言わせてもらえば今、アメリカ吉野家通の間での最新流行はやっぱり、
combo bowl、これだね。
combo bowl with Diet Coke。これが通の頼み方。
combo bowlってのは鶏照り焼きとミックスベジタブルが入ってる。そん代わり肉が少なめ。これ。
で、それにDiet Coke。これ最強。
しかしこれを頼むと日本人だと思われずChopstickを出してもらえないという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前、ド素人のアメリカ人は、Chicken Salad と Clam Chowderでも食ってなさいってこった。

…いやぁ、すいませんねぇ。ネットで吉野家コピペのオリジナルを見つけて嬉しくなっちゃって。ちなみに吉野家タイムズスクエア店はあの「Uの字テーブル」ではなく、レジで受け取ってから席に持っていくという普通のファーストフードのスタイルになっている。書いたメニューは全部実在のものだけど、Combo Bowlはあんまりお薦めではないかな〜、Beef Bowlが日本の牛丼そのままの味なのに、Combo Bowlに入ってくる鶏照り焼きとミックスベジタブルはとてもアメリカ的な味付け。

朝食 - クロワッサン。昼食 - 豚肉生姜焼きとコロッケ。夕食 - 吉野家

06/13

勤務先でSCM(Software Configuration Managementの方ね)に噛むことになり、「ソフトウェア構成管理の悪夢 - アンチパターン」を再読。この本、確かに良い本ではあるし、日本語で入手可能な2冊のソフトウェア構成管理本の片割れであるので、SCMをやるとなると読まないわけには行かないのだが、幾つか引っかかる記述がある。原書を読まないといけないかな。

だいたい、訳者である岩谷宏氏は、個人としての言動から判断する限りではこの書にあるようなSCMには反対なのではないのか。「訳者あとがき」には本書を必要とするだろう人たちとはかなり異なる視点からの感想が述べられているが、その中に「SCMは4つの基本的部分からなる。バージョン管理・開発環境の管理・ビルド管理・工程管理だ」という内容がある。「これはこれで合ってるんじゃないの」と思われるかも知れない。が、本書の中で述べられている4つの項目は「構成の同定・構成制御・ステータス報告・監査」である。著者と訳者の視点の違いは明らかだろう。ちなみに、本書の中では「デベロッパはSCMというと構成の同定と変化の制御の視点からしか見れないため、デベロッパ経験しかない人間にSCMを任せるのは危険である」とある。語るに落ちるとはこのことだな、と思ってしまった。あ、評論家としての彼のことは、この業界にこんなことを言ってるおっさんがいても良いかな、という意味でファンですよ。

なお、日本で2冊の片割れは「ソフトウェア構成管理〜SCMでソフトウェア開発の革新を〜」(徳田弘昭・著)である。こちらはまさに教科書なので、内容は網羅的なのだが正直言って最初から読んでいくと眠い。「ソフトウェア構成管理の悪夢」を読んでからリファレンス的に使っていくのがよさそうな気がする。もう一つ、Rational社のバージョン管理ツールであるClearCaseでの実践を書いた「Software Configuration Management Strategies and Rational ClearCase」という本があり、去年受講した研修ではすぐに邦訳が出るという話だったのだがまだ出版されていないようだ。

夜は同僚とマンハッタンのピアノバーへ。ピアノバーっていうとピアノの生演奏に合わせてジャズを歌ってくれたりする店ではないかと思うが、何故か当地の日本人の間では、女の子が横についてお酒を飲む店のことをピアノバーという。要はクラブ〜平板な発音をしないほう〜ですか。「キャバ」がつくのとつかないのと両方含むカテゴリみたい。2時前くらいに店を出たのだがすでにへろへろで、酒と夜更かしに弱くなったことをしみじみ実感。

朝食 - まぜカレー。昼食 - カルビ弁当。夕食 - 居酒屋

06/12

VirginにてSOFTBALL「TENKU」とジグジグスパトニック「FLAUNT IT」を購入。この組み合わせって(笑)。ジグジグはMSXのキャップが懐かしかった。今ちょうどロマンポルシェと日本ツアー中のはずですが、いまでもこのキャップをかぶってらっしゃるのでしょうか。SOFTBALLの方はとりあえず若いです。いや今でも十分若いですけど。

若いといえば、今夜7時過ぎUnion Sq.駅の構内で日本人らしき若い女の子4人がコーラスをやっていた。疲れていたので通り過ぎてしまったが、今度見掛けたら歌と話を聞いてみよう。

Winノート上のlynxのバージョンを上げる。今までは2.8.2を利用していたのだが、このバージョンはWin2Kに対応していなかったらしい。道理で今までメモリエラーが頻発していたわけだ。2.8.5では当然エラーも出なくなったし、テーブルの処理もちょっとだけ賢くなって快適快適。Winノートと200LXをコンパクトフラッシュを介してシンクロさせており、毎朝電子メールとNiftyの巡回ログを200LXにダウンロードして通勤中に読んでいる、という話は前に書いたと思うが、そのシンクロ処理の中にWebBBSを10個ほど加えた。LYNXを使って整形済みテキストファイルとしてダウンロードするのだ。使い方の例はこんな感じ。

lynx -dump -width=84 http://www.nikkei.co.jp/news/main/imindex.html > nikkei.txt

まぁ今さらの話題でしょうが、PDAのすべてが高速なHTMLブラウザを積んでいるわけではないから何かの役には立つでしょう。

朝食 - クロワッサン。昼食 - コロッケと春巻き。夕食 - ハムカレー

06/11

今日は丸一日社外のセミナー。しかもマンハッタン島内。セミナーの副題は「米国法の基礎とアメリカ人従業員の考え方を理解するためのヒント」だったのだが、これが非常に面白かった。「治療費30万円の火傷に5億円の慰謝料といった判決は、被告企業が組織的に不適切な行為を行っていた場合に「懲りる」金額として計算されたもの」と言った話、皆さんはご存知でした?

直帰で早く帰宅できたため、テレビを買いに行く。日本から持ってきたテレビがこちらのビデオと相性が良くなかったため、ケーブルの申し込み前に入れておきたかったからだ。Victorの27インチのテレビが$299+Tax。S端子もついたそこそこの機種なのでまずまずの値段ではないだろうか。

土曜にも書いたが、今日は初のミュージカル"De La Guarda"に行く。いや、楽しかったです。ミュージカルというよりはパフォーマンスなのかな。ケーブルで宙吊りになった役者が音楽や照明に合わせてダイナミックな動きを見せる、と書いちゃうと面白さが全然伝わらないけれど、筋がある芝居じゃないから上手く書けないんだよな。台詞が無いので英語が分からなくても全然楽しめるはず。機会があればぜひご覧になってくださいな。

朝食 - ドーナツ。昼食 - 和風弁当。夕食 - ベトナム風野菜麺

06/10

会社の自分のマシンの開発環境がようやく何とかなった。Tomcatを導入してJSPの実行環境を作り、JMSやEJB・JNDIを呼ばないダミークラスを作って業務のJSPをとりあえず動かせるようにし、HttpUnitでテストを行えるようにする。久しぶりに一日根を詰めて作業できた気がする。この環境は手作りなので、上手くいっているときには良いのだが(antコマンド一発で実行できる)、ハマってしまうと結構面倒。かといって、完全なJ2EEデバッグ環境を含むIDEは、メモリ1G・CPU1.6Gx2とかいうスペックのマシンでないとサクサクとは動かなさそうで、ちょっと思案中。

今日は早く帰って自炊。昨日の朝食の残りのコンビーフポテトを使ってパンケーキを作る。ちょっと塩コショウが足りなかったがソースをつけるとまぁまぁの味に。問題は、2食分ぐらいのボリュームになっちゃったことだな。

朝食 - ブリオッシュとカフェオレ。昼食 - 鰯の明太焼きと焼肉。夕食 - ポテトパンケーキとクリームシチュー

06/09

当地に来てから初めてマンハッタン外のニューヨーク市に足を伸ばす。愛車「綱島ロビン号」でチケットの購入やら買い物やら(一つブランドのシャツでも買ってやろうとSOHOに行ったのだがビビってどこにも入店できなかった。へたれな自分が情けない…)を済ませた後、思っていたより日が高かったので、「よっしゃ一発ブルックリンデビューしてやるか」と思ったのがきっかけだ。

ブルックリンに向かうため、まずはブルックリンブリッジを渡る。覚えている人もいるだろうが綱島ロビン号は日本から持ち込んだママチャリなのだが、この橋にはちゃんと自転車専用レーンも設けられている。ただ…、結構勾配があってキツイ。頂上で脈を計ってみたら180あった。が、下りは快適。ペダルに足を置いたままで滑るように下っていく。が、ブルックリン側についても全然降り口にならない。ブルックリンに渡ってからようやく地上に降りられたのは、マンハッタンからブルックリン岸に到着したのと同じくらいの距離を走ってからだったように思う。このブルックリンブリッジ、趣がある橋には違いないが、日本のセンスだと無駄な気がする。川の上になっている部分は400m強程しかないはずなのに、橋の全長は2066mもある。ちなみにこの橋が開通したのは1883年。ベンツがガソリンエンジンの自動車を発明したのは1885年、T型フォードの生産開始によってモータリゼーションが始まったのが1908年ということを考えると、いったい何のためにこれほどの橋を作ったのか。アメリカ人の考えることは凄い。

橋を下りると川に向かう。道が分からずうろうろしていると高台の公園に出た。後で調べてみるとブルックリンハイツというちょっと有名なエリアだったらしい。ここからの眺めはまぁまぁだった。その後も川を下り、ようやくブルックリンブリッジのふもとに到着。ここにはリバーカフェという超有名な店があるが、当然予約を取っているわけでも無くパス。代りにマリーナ前のアイスクリーム屋でソフトクリームを買い、マリーナのベンチに座ってロワーマンハッタンのビル群を眺める。悪くは無いけど、ニュージャージーから見たほうが見事だな、と思うのは身びいきだろうな。

帰りは趣向を変えてマンハッタンブリッジへ。ブルックリンブリッジが歩いて渡れることはどの日本のガイドブックにも載っているけど、マンハッタンブリッジにも歩道・自転車道はある。景色は良くないが距離は短い。

で、アパートに帰ったらぶっ倒れてしまった。のべ5時間半、おそらくそのうち半分は車上だったとはいえ、情けないなぁ。

朝食 - コンビーフとポテト(缶詰)。昼食 - カレー。夕食 - ざるそば・ざるうどん

06/08

割と早起きできたので朝食をちょっと遠目の(といっても歩ける程度だけど)カフェに食べに行く。City Bakeryというタルトが有名な店らしいのだけど、いつ前を通っても混んでいるので気になっていた。行ってみるとデリがあったので何品かチョコチョコと取り、サンドイッチとカフェオレを頼むと勘定が$18.50也。うぅむ。ニューヨークの外食は怖い。まぁ不味くは無かったんでいいんだけど。

帰ってきてしばらくは洗濯と原稿書き。昼過ぎに原稿書きを切り上げ、会社に向かう(はぁ…)。途中でチケットを二枚購入。一枚は前にも書いたPuffyのIrving Plazaでの公演で、もう一つはミュージカル。アパートの隣にあるシアターで評判の良いオフブロードウェイのミュージカルをやっているそうなので、念願のミュージカル初体験はそこでということになった。昼食はベトナム料理。ベトナム風うどんのフォーを頼んで満腹したのだがチップ込みで$7で上がった。

会社での仕事を終えて帰宅。小腹が減っていたのでラーメンでも食べるかと思って作り始めたら、結局はスパムと冷凍海鮮野菜とをつかってそれなりのものが出来てしまい、夕食がそれで終わってしまった。

朝食 - デリ。昼食 - フォー。夕食 - 海鮮ラーメン

06/07

今日は久しぶりに本気で仕事を早く切り上げて帰ってきた。デリでバラを何本か買い(余談だが何故か当地のデリでは大抵花を売っている)、前にも書いたDoSirakでビビンパを食べ、アパートではジムのエアロバイクで汗を流す。最近不健康体力が落ちてきたな〜としみじみ実感。

朝食 - カレーライス(笑、自炊)。昼食 - 鰆味噌漬と鳥唐揚(弁当)。夕食 - ビビンパ

06/06

リストカメラは腕時計としては結構扱いづらいので、何か他のものを、と考えながらYahooでスケジュールの入力をしていると、PC上のOutlookとも同期を取れることを発見した。まぁ、これが出来るのは当然といえば当然なので今までが迂闊だったということになる。そこでふっとひらめいたのが「そういえばちょっと昔にTimex DataLinkってのがあったなぁ」。さっそく調べてみると確かに今でもメニューに載っている。日本で話題になった後にも何バージョンか出ているようだ。で、ここでアメリカらしいというかそんな話があるのだが、そういった新しいバージョンではデータの転送に専用の(オリジナルバージョンではノート用に使っていた)アダプタが必要なのだが、現在そのアダプタは生産終了になってしまっているのだ! おまけにアダプタ不要の旧バージョンもTimexのサイトでは生産終了。僕もここまで来ると意地になっているので、ネットを探して何とか旧バージョンを扱っている通販ショップを見つけ出した。届いたらレポを書きます。

朝食 - クロワッサンとカフェオレ(外食)。昼食 - いわしフライと鳥照り焼き(弁当)。夕食 - パブ

06/05

ニュースサイトをぼーっと見てたら、VoiceStreamという一応全国区のキャリアがGSMを利用していることが分かった。「弱小そうなキャリアやな〜」ということでノーマークだったのだが、これが結構いいみたい。最近の機種はだいたい特別な契約が無くてもGSM地域とローミングが出来て、EU主要国では$0.99/min、東南アジアでは$1.49/minとまぁまぁリーズナブル。これが高いと思えば行き先の国でSIMを買って差し替えれば良い。SIMというのは、携帯電話の契約情報が入っているROMで、GSMの世界ではSIMを差し替えるだけでキャリアを通さずに電話機の変更が出来るのだ。

携帯自体もビジュアルはやはり全く物欲を刺激しないが、PCとの接続ケーブルがデフォルトで付いてきたり、Yahoo Calendarとデータをシンクロできたり、GRPS対応で64K通信が出来たりと何気に機能が多い。むーん、SCP-5150はちょっと失敗だったかな。CDMAなんだから、せめてauでやってる範囲と同じくらいのローミングはできるだろうに。

ということで、これからアメリカで携帯を買おうという方のうち、特に日本以外の海外旅行が多くなりそうな方、モバイル通信をやってみたいという方はVoiceStreamちょっと調べてみてはどうでしょう。エリアだけは先に調べるのを忘れずに。

朝食 - サーモンとクリームチーズのベーグル(テイクアウト)。昼食 - 牛丼(弁当)。夕食 - ピザ

06/04

今日はN*E*R*Dのコンサート。例によってIrving Plazaである。先週のP!nkで懲りているので早々に退社する。とはいえ、6時半過ぎのバスなので余り早くも無いのだが。夕食はゆっくり食べている間もないのでタイムズスクエアの吉牛で。いつ来ても混んでいるが、来るたびに日本人比率が低下している気がする。良いことだ。前にも書いたが同じ並びにあるサンリオショップもいつも混んでいるが日本人はほとんどいない。世界の玄関口みたいなタイムズスクエア界隈にこの二件が並んでいるのを見るを、日本もまんざら古びた工場と共に沈んでいくわけじゃないぞと元気が出る気がする。

さて、アパートには8時到着。Pennywiseの時に随分待たされたので15分ぐらい時間を潰してから行くと、列はなくなっていたが中に入っても始まっていない。結局、スタートは9時過ぎだった。遅い。会場では大阪弁を喋る日本人女性のペアが隣にいた。日本人だとはかけらも思っていなかったので、いきなり右隣から大阪弁が聞こえてきたときのびっくり具合といったら(笑)。ちなみに、容姿やら会話の内容やらは、ホームシック気味の僕が声をかけようとは思えなかったぐらいでした、はい。

ライブはまぁまぁ良かったけど、交代やらなんやらで待たせすぎだったかな。実は、まだ耳が洋楽に慣れてないんで、曲のよしあしはまだピンと来ないんです。はは。

朝食 - シリアル。昼食 - トンカツと秋刀魚(弁当)。夕食 - 吉野家。

06/03

ここ数年愛用していたCASIOの腕時計が壊れる。とはいえ、見かけ上はほとんどダメージがある訳ではない。時計を腕にはめるための小さな金具が折れてしまっただけで、空き変わらず正しく時間を刻んでいる。とはいえ、この状態では腕時計としては役に立たないことに変わりは無い。

この時計は通常の(割と高級っぽいと自分では思っている)アナログ時計の盤面にデジタルで追加情報を表示させるというもの。表示可能な情報は当日の日時(アナログとは独立して設定できる)、電話帳、そして万年カレンダー。この万年カレンダーというのがポイントが高かったのだ。腕時計のデータ入力機能というのは結構面倒臭く、必要なときにデータを入れていなかったということが結構多い。その点、万年カレンダーはデータ入力が必要無いので、必要になったとき(「今年の年末はどうなってたかな?」)には必ず参照できる。

すぐにでも修理させたいのだがニューヨークでは修理屋を知らない。しばらくは何か別のもので凌がなければならない。腕時計のストックは幾つかあったのだが全然電池をセットしてなかったのでどれも止まっている、と、リストカメラがあるではないの。

カシオのリストカメラWQV-1、発売時にはかなり話題になったので覚えている方も多いだろう。こいつはボタン電池CR2032を自分でセットするタイプなので復活させるのは簡単だ。とりあえずこいつでしばらく凌ごうか、と思ったところでちょっと好奇心が。このカメラ、大して鮮明な画像を取れないので飽きてしまったのだが、PCから送った画像は結構鮮明に表示出来ていた。ということは、カレンダーを画像として送信すると表示できるのではないか?

早速接続ソフトウェアをセットアップして試してみる。カレンダーはWordで作って…、よし上出来だ。あとはWQV-1に飛ばして、あれ? 真っ黒だぞ?! そう、WQV-1の液晶は16快調表示できる、で、おそらく写真を適切に表示させるため、自動コントラスト調整機能を持っているのだ。主導で調整する方法を探したが見つからず。ということで、とりあえず120x120の画面を持つなんちゃってPIMとしてWQVを利用する方法は失敗したのでした。

朝食 - シリアル。昼食 - トンカツと秋刀魚(弁当)。夕食 - 中華バイキング(会社で出前)。

06/02

今日は休日出社。いいかげんめげる。

帰ってきてmpg123.elをインストールする。ADSLルータにしているLinuxはmp3作成マシンでもあるので中には多量の(多分1,000以上の)mp3ファイルが入っているし、そこそこの音源も載っているのでBGM再生に利用したいと思っていたのだが、僕は普段はWin2Kのノートを使っている。xmmsなどのGUIのプレーヤをXサーバ経由で利用するのはどうも面倒(フォントとか合わないし)。なので、Emacs経由でCUIのフロントエンドを提供してくれるmpg123.elを入れてみたのだが、これが快適。しかし、これを一種のリモコンと考えると、凄くマニアックだな。唯一の問題はVBR圧縮したファイルの演奏時間表示が以上になること。現在のmpg123のバージョンは0.59rなのだが、上位バージョンでは修正されているのだろうか?

朝食 - シリアル・チーズ・魚肉ソーセージ(自炊)。昼食 - ピザ(会社で出前)。夕食 - カツ丼(会社で出前)。

06/01

ようやく徹夜疲れが取れた気がする。今週末は原稿の締切があるため今日は頑張りどころ。午前にうんうん唸りながらようやく大枠を作ることが出来たので、ぶらりと日に当たりに出る事にする。

今日は初夏を感じる良く晴れた日なのだが、びっくりしたのはユニオンスクエアの芝生の中に水着で寝転がってる人の多いこと! ここはビーチかよ、っていうか、コニーアイランドとか小一時間のところに一応ビーチがあるんだから行きゃあいいものをと思ってしまうのは、文化の違う人間の偏見なのか。

今日のお散歩ルートは、ホイットニー美術館→セントラルパーク→MoMAショップ。ホイットニー美術館では現代美術の企画展をやっていたのだが、たまたま解説ツアーをやっており、いっしょに聞いて廻った。聞いてみないと分からないことも多く、久しぶりに知的な気分。セントラルパークではユニオンスクエアと同じく水着の人が芝生の中にわやわやいらっしゃいました。MoMAショップには贈り物用に気の効いた文房具を探しに来たんだけれども、前から気になっていた花瓶の割引セールをやっているのを発見。つい買ってしまった。明日にでも花を買ってこようかな。

他の人の日記サイトで一日の食事が書いてあるところがあって中々面白かったので真似てみる事にする。

ブランチ - ソーセージ入りペペロンチーノ(自炊)。夕食 - 胡麻だれうどん・餃子・シュウマイ(自炊)。


トップページに
メールを送る
Last modified: Sun Jul 21 23:08:06 LDT 2002
Valid XHTML 1.0!