和歌山県

和歌山城

天守曲輪
城名 和歌山(わかやま)城
別名 若山城、伏虎山城
所在地 和歌山市
築城年代 元和5年(1619年)
築城者 徳川頼宣 
主要城主 徳川
石高 55万5000石
形態 復興天守
天正13年豊臣秀吉が弟秀長の為に築城
桑山氏を経て、関ヶ原の戦いの後、浅野幸長が移封され修築。
元和元年頼宣(家康の10男)が移封され修築。紀州徳川家の初代。徳川御三家の一つ。第5代藩主吉宗と第13代藩主慶福が、それぞれ第8代将軍徳川吉宗、第14代将軍徳川家茂になっている。
落雷で天守は消失したが嘉永3年再建。さらに昭和20年7月9日戦災で消失。33年コンクリート造りで復興。
頼宣は、外堀も拡張して総構え(外堀で城内を囲う方式)にしようとしたが、幕府より嫌疑をかけられ中止させられてしまったため、今、「堀止」の地名が残っている。
実家の近くである。
現在、城跡として現存しているのは最盛期の4分の1ほどの面積。
和歌山城のテレホンカード
姫路城、松山城と同じ連立式天守である。真砂丁の交差点から撮影
反対の北側から撮影 ダイワロイネットホテル和歌山の華都飯店より
2009.8撮影
岡口門から
天主閣が見える絶好の撮影ポイント
久々に和歌山城に行った 2009.8
一の橋と大手門 表門である。 楠 樹齢推定450年、樹高25m、幹の周囲7m。枝は四方35mに伸びている。1945年の空襲で被害を受けたが、ここまで回復した。
岡口門(重要文化財) 唯一の江戸初期の建造物 岡口門 城内から
伏虎像

現在のは2代目。昭和34年建立。

右の初代は、大正12、 13年ごろに建てられたといい、 銅製だったため戦時下の昭和17年1月26日に、国に供出されている。
初代の虎の像(昭和12年に撮影されたものらしい)

有吉佐和子の「紀ノ川」では、花の孫の華が、この像を見て、「変だわ、この虎。足が奇妙なのだわ」と言う。

*前足と後ろ足が左右同時に前進している。*

間違ったものを飾るのはおかしいと華が言う。
それに対して、花は「こんなアホみたいな間違いを、こう見て気がついて面白いと思う人たちもいますんやして」 和歌山の人は寛容でした。
アメリカデイゴ 七福の庭
七福神の姿に似た名石を巧みに配して宝船乗合いを模したもの。
紀州徳川藩始祖頼宣公が藩の永久の隆盛を祈念して元和7年(1621)本丸御殿の中央に作庭したと伝えられる。大正12年(1923)本丸御殿跡から移設。
本丸御殿跡
この階段の上、今は上水道貯水池になっている。
建物は、光恩寺の庫裡に移転している。
紀州手毬の碑
紀州手毬をご覧ください。
ようやく天守が見えました。
一の橋で見えてた天守は、ここまで来ないと見えません。攻め込まれた時の対策ですね、
楠門
二の門櫓 乾櫓
小天守と大天守 天守
西の丸庭園(紅葉渓庭園)入り口 御橋廊下 左は鳶魚閣
全長26・7メートル、幅2・95メートル、、勾配約11%
斜めにかかる橋は珍しい 18年3月復元
通行出来ます。土足厳禁。
殿様とお付の人だけが渡れた
鋸歯(きょし)状になっていて、歩きにくい。
二の丸
大奥もここにあった。今は何もありません。

今回の大きな目標は、天守から紀ノ川を見ようであった。
紀ノ川 赤い鉄橋が紀ノ川に架かるJR阪和線の鉄橋 
小説「紀ノ川」の花が嫁いだ六十谷は、この鉄橋の向こうだ。
右の白い橋は、阪和自動車道
紀ノ川 河口 右遠くが淡路島、左遠くが四国 橋は紀ノ川河口大橋



関連ページ
花のギャラリー 秋の和歌山城
紀州手毬
三年坂 和歌山城近くの坂
和歌山 護国神社 お城の中にあります。
「紀ノ川」の読書感想文
和歌山城の新名所 【珍百景No.690】「階段を登るように見える木」