☆月★日の私

11月30日 雪絵ちゃんの所へ行って来ました。明日退院ってうれしそうでした。退院してからの生活に少し不安を感じるとは言っていたけどうれしそうだから、私もうれしいです。前ほど思うように足が動かないからだと思うのです。でも(でもっていうことないけど)お医者さんが途中でこられて、握力を測って行かれたのだけど、私と同じくらいだった・・ちょっと私が多かっただけ・・・

11月29日 かおるちゃんが出演している「ふゆのひ」草島くんの「タイプライターのうた」の映画のビデオを貸していただきました。今は遠きにいたり、亡くなってしまったなつかしい友達がよみがえり、泣きそうになりました。今いる瀬領の学校の昔の姿が映っていました。12がち1日にみんなで観ることになっています。

11月28日 ラストエンペラーのふぎさんのお話をテレビで見ました。映画でも見て、それから何度かテレビでも紹介されていたふぎさんの今日のテレビでとても心に残ったことは、財産もなくしてしまったあとに出会った愛する人が、大雨の日にふたのあいたマンホールに落ちてしまわないようにマンホールの前でずっと大雨の中ふぎさんが待っていたということでした。本当にマンホールに落ちた私は、その恐怖がよみがえってきて、ふぎさんの愛が心に響いて涙が出ました。そんなふうに人を愛し、そして私も愛されたいです。

11月27日 悲しい事件が起きて、2歳の女の子が亡くなってしまって・・本当にどうしてそんな悲しいことが起きてしまうのだろうと思います。女の子も御両親もそれから事件を起こしてしまった方もそのご家族もどんなに悲しいことでしょう・・ときどきとんでもないことを人間は考えてしまったり起こしてしまうものですね。怖い悪魔のようなわからないものに心がひっぱられてしまって、後先のことがわからなくなってしまうのでしょうか?今、金沢でも車の放火事件が連続して起きています。早く、それがどんなに怖く恐ろしいことか気がついて、自分を取り戻してほしいです。

11月26日 今日は読売新聞の方が会いにきてくださって、たくさん子供たちのお話ができたし、それから犀川小学校へもでかけました。両方でわかったことは、私は子供たちが素敵だということをやっぱりお話ししたくてたまらないんだということです。「社会に子供たちを理解してもらうためですか?」と尋ねられてもぴんとこないのは、ただ子供たちといて、子供たちが素敵で素敵で、こんな素敵なことをひとりじめしていたらもったいなと思うからだとわかりました。犀川小学校の帰り、道の温度計は4度でした。それからお星様も出ていたので、明日の朝は霜が下りるでしょう・・夏の花もおしまいです。

11月25日 今年は本当にあたたかくて、もう少しで12月になってしまうなんて信じられないくらいです。雪なんて降りそうにもありませんもの。スキーが好きです。今年は何度いけるでしょうか?ナイターの施設のあるスキー場まで学校から15分くらい・・ちょっと滑りに行こうかって言っていける距離なのですけど、それでも雪がなかったり、なんだか日々のことにまぎれてなかなか毎年少ししか行けないのです。行きたいな・・

11月24日 きみちゃんがゆうきくんの海に出てくるかおるちゃんの新聞記事を送ってくださいました。かおるちゃんのことが映画になっていて、上映されていたという内容でした。私、ずっとその映画「ふゆのひ」ともうひとつ、草島昇くんという詩をつくっておられる友達の映画を探していたのです。新聞を見て電話で作られた先生にお電話をして、貸していただけることになりました。とても楽しみです。もう亡くなってしまったかおるちゃんに会えるのです。

11月23日 ひさしぶりの連休・・お買い物をしたり、本屋さんにいったり、明るいうちからお風呂にはいったり、ミシンをかけたり、ゆっくりしてすごしました。明日から美術や生活単元でクリスマスをしようと心に決めて、飾りの本も眺めました。

11月22日 今日は代休でした。同僚で先輩の宮本先生とプリティブライドの映画を見に行きました。可愛いらしくて楽しい映画で、とても好きでした。そのあと、金沢のひがしの郭あとへ出かけて食事をしました。旅行をしている気分でした。細く向かい合った道が高山を思わせました。昔の古いごみばことなどもなにげなくおいてあって、素敵でした。おもしろいお休みの一日でした。

11月21日 瀬領発表会がありました。勧進帳も終わって、ここちよい疲れを感じています。川場先生と南先生の熱演とそして何よりゆうちゃん、えいちゃん、しょうちゃんの素敵さが光っていて、とてもよかったと思いました。そばでいて、涙が出そうでした。劇の初めに、なくなられたゆうたくんとお母さんへの黙祷がありました。お父さんと弟さんとおばあちゃんが来ておられて、お二人の写真を劇の方にむけていてくださいました。ふたりがここに来ていてくれるという思いがあって、みんなががんばれた気がします。

11月20日 大阪の講演会でドレスを着た写真を、大阪の方との約束通りHPの写真のところにアップしました。ドレスの持ち主の御前さん(みさきさん)が私より背の高い方だったので、少しぶかぶかで肩のところを押さえたり、ずりおちないかはらはらしたりしました。とってもうれしかったのです。

11月19日 とうとうあさってが学習発表会の本番です。近くの方はどうぞ見に来てくださいね。私も弁慶の家来の役でずっとでずっぱりです。作品もたくさん飾りました。

11月18日 総練習でした。子供たちの笑顔、子供たちの動作・・何もかもがとても素敵で、見ているだけで胸が熱くなりました。私たちの勧進帳もとても上手にできたのです。今まで歌舞伎を見たことがなかったけれど、見にでかけたくなりました。

11月17日 今から獅子座流星群を見に行きます。あったかいカレーとご飯を保温器にいれました。珈琲ももちました。それから毛布も・・あとははれてくれるのをいのるだけ・・行って来ます。

11月16日 雪絵ちゃんの病院に行きました。再発して3週間たつのに、今回はあんまりよくないの・・とのこと、足が思うように動かないのだそうです。「でも、毎日思い悩んでいてもだめだから、できるだけ毎日笑っていたいの」と雪絵ちゃんは言いました。瀬領発表会の作品展の準備をしました。

11月15日 お部屋の窓や扉をクリスマスにしました。イルミネーションもともして、クリスマスが近いんだなあって思ったけれど、まだまだ今年はあたたかくて、そんな気持ちがしないです。でもクリスマスのことを考えるのって大好きです。プレゼント何にしようかなって考えるのもとても楽しいです。

11月13日 名古屋と大阪で、天外さんと一緒の講演会に呼んでいただきました。ゆったりとした気持ちのいい時間の中でお話をさせていただけて、それからずっとお友達でいてほしいなあと思う方ともたくさんお会いすることが出来て、とても幸せな二日間でした。天外さんとも電車の中でたくさんお話ができてうれしかったです。本当ならどうしてもお会いすることが出来なかった方だと思うのに、こうしてお会いできて、新幹線の中で仲良くお話ができる幸せを思いました。本当にありがとうございました。

11月12日 歌舞伎の本などを見て、お化粧のしかたを研究しました。実際にお化粧してみると、怖くてくどくなりすぎたり、だからといって、それほどきつくつけないと舞台にあがったときに、お化粧をしていることさえわからなかったりすることがわかりました。写真をとりました。それでポスターを作ろうと話しています。

11月11日 明日は交流している工業高校の文化祭に招待していただいたので、でかけます。毎年、呼んでいただいて、歌をみせていただいたり、豚汁をごちそうになったりして帰ってきます。とっても楽しくてみんなとても楽しみなのです。私も楽しみです。
 勧進帳のポスターを作るために明日はお化粧もして、衣装も着て、写真をとります。私もお化粧するのですが、怖そうな顔のお化粧・・ちょっと恥ずかしいです。でも、楽しいですよね。 

11月10日 劇の衣装をはじめて、みんなでつけて練習をしました。校長先生が剣道をされるので、はかまをたくさんお借りして、それから作った上着や帽子などもつけました。だんだん普段のいいまわしまで、つい歌舞伎調になってしまって、おかしいです。  

11月9日 発表会のポスターとプログラムを持って、放課後、子供たちと一緒に大谷高校へ生徒会の人に会いに行きました。クリスマス会もまた一緒にしようね、卒業を祝う会もしようねと日にちの相談もしました。生徒会同士の交流会もまたとても楽しいです。

11月8日 決して会えないわけではないのに、夢の中で出会ったあなたはとても会うことがむつかしいようでした。私はとってもせつなくて、会いたくて会いたくて、泣きながら目をさましたら、子供のときみたいに心細い気持ちになりました。  

11月7日 あのねの会に講演会に呼んでいただいてでかけてきました。終わった後、子供たちの託児室に行ったら、とても可愛い子供たちがたくさんお部屋で遊んでいて、こんにちはって挨拶をしてくれて、もう本当にかわいくてかわいくて、ほおずりしたいなあ、あそんでもらいたいなあって思いました。それから一階では、障害を持っておられるお子さんの絵画教室が開かれているとかで、そこにもすごく行きたかったです。今度遊びにいかせてもらおうと勝手に思いました。  

11月6日 近くの中学校の合唱コンクールを見に行きました。えいちゃんもしょうちゃんもとても歌がうれしくて、ずっと聞き入っていました。でも途中であんまりうれしすぎて、うれしいよおと大きな声が出てきてしまって、それで途中ちょっと体育館の外に出ました。「せっかく楽しそうなのに・・聞きたいだろうに・・」といろいろな意見もあると思うのですが、私はやっぱり出てよかったと思っています。一所懸命練習した合唱を静かな中で聞きたい方や聞いてほしいと思われる方もおられるでしょうし、それから、たとえば小さいお子さんであっても、それからたとえばとても重い障害を持っておられた方であっても、私は音楽を聴いたり、劇を見る場所は静かにしないといけない場所なのだと伝えることは大事なことだと思うのです。それから外に出たり、静かにしようねと伝えることが、周りの方に対しても、子供たちはちゃんといろいろな気持ちを持っていて「障害があるから、仕方がないんだ」というような感じ方は本当は違うんだよってお話できることにつながらるんだと思います。

11月5日 弁慶とか義経とか富樫とかが着る上着みたいな着物を作っています。布屋さんでとても安かったので、レインコートになるような生地でその着物を作っています。作り出すととても楽しい・・それから、150円のおもちゃの刀も、銀色に塗ったり、持ち手をひもで刀のように巻いたりして、少しでも本物に見えるようにもしました。仕上がりはもうひとつだけど、みんなやさしいので、「上手にできたね」と言ってくれるので、ほっとします。 

11月4日 今日は研究会のみんなと介護用品のお店に行きました。お洋服の工夫とか食事の工夫とか、どんなこともできるだけ自分でできるようにと考えてしてあって私も何か作ってみたくなりました。 

11月3日 昨日と今日・・それほど違わないみたいなのに・・だんだんと季節がうつっていく。昨日と今日、まったく同じみたいなのに・・子供たちは大きくなって、大人たちは年を重ねていく・・一日だってそうだけど、一秒だっておんなじ・・いつものんびりやの私だから、なんだかそんなことが不思議です。昔のアルバムを出してきて、しみじみそう思いました。    

11月2日 今日は避難訓練と、授業後教員だけで、お人形さんを使って、のどに食べ物をつめてしまったときに、どういうふうに対応するかの訓練がありました。模擬だとわかっているのに、人形さんの喉に、掃除機にくっつけた吸引器を使って、異物をとりのぞこうとしたり、電話で連絡するのをみていたら、私は何もしていなかったのに、すごく緊張して、それからやっぱりこんなふうにして、誰かが亡くなってしまうのではないかと怖くなって、また涙がうかんできて、本当にはずかしくなさけなく、役に立たないのです。命にかかわることだもの。もっとしっかりしなくちゃと思いました。

11月1日 今日は小松の養護学校や学級、授産所の合同作品展(ふれあい展)の最終日でした。学校中のみんなで自分たちの作品を見に行きました。たくさんの方がみてくださるだろうデパートの一角にこうして作品展が毎年行われることがとってもうれしいです。おうちの方もやっぱりうれしそうに見に来てくださって、昔、こんな風景が夢のようだったことをいつも思い出すのです。だからとても幸せです。 

10月31日 11月17日の夜、去年よりたくさんの流星群が来るよと聞きました。去年は雨が降っていたので、見れなかったのです。今年こそ見に行きたいな。 

10月30日 ここから道、ここから歩道という標識がずっと並んでいるのですが、小松でも雪国なので、その標識が二重になっていて、雪の降るころになると、内側の標識がのびるのです。雪に埋もれてしまわないようにということなのですが、今日見ると、みんな背をのばしていました。でも今年はやっぱり暖冬なのでしょうか?今日も20度おありました。 

10月29日 とても悲しいお通夜でした。ゆうちゃんが小学校へ通っていたときのお友達、ゆうちゃんの弟さんのお友達、そしてたくさんの人がおまいりしておられました。みんなみんな哀しみの中なのに、私もやっぱり悲しくて息ができなくなってしまったような気がしました。

10月28日 昨日まで一緒に勉強していた生徒さんが、お母さんと一緒におうちへ帰られる途中、交通事故に巻き込まれて、お母様と二人・・亡くなってしまいました。全校で11人の生徒さんのうちのおひとりで、お母さんがたも、私たちもみんなとても仲良しで、どうして・・と信じられないのです。低学年のころに、病気をされて、その手術のあと、麻痺が残り、この学校にいらしたのですが、今日まで、何度も命を落とされそうになって、それでもお母様が、ずっと付き添われて、そのたびに元気になってきていたのです。吸痰や吸入などが必要で学校にいる間も、ずっとお母さんが一緒におられました。どうして、あんなにがんばっておられていたのに、交通事故に巻き込まれて、さっと命をもっていかれてしまったのだろうと悔しくて悲しくてなりません。 

10月27日 急に寒くなってきました。もうすぐ11月ですものね。お庭にはまだ夏の花が咲いています。でも、栗やどんぐりや、柿も学校に行く道にはなっていて、大好きな果物がいっぱいで、うれしいです。  

10月26日 お友達と夜にバッティングセンターに行きました。わー・・とっても楽しい・・あたらないと友達は思った見たいだけど、ちゃんとあたったのです。すごくおもしろかっったです。でも今はパソコンを打つのが少しつらいくらい手が震えています。がんばって力をいれたからね。

10月25日 ふれあい展といって、小松地区の養護学校や学級の子供たちの作品展が近くのデパートで今週開かれるので、その作品を仕上げました。こういう作品展のたびに、今、イニシャルでなくて、フルネームで本名で、子供たちの作品が飾れることが本当にうれしいなあと思います。ついこのあいだまで、それがなかなかできなかったのです。そして残念なことに、今でも、時々はそういうお話を聞きます。一人一人が、けっしてその存在を隠されるようなことがなく、素敵な自分だと胸をはって生きていけることが本当だと思います。

10月24日 岡崎からの帰り、講演会に来て下さった友達が電話をくれました。「お月さまがとてもきれいだよ」って電車の外を見たら、本当になんてきれいなお月さま。そのとき、携帯電話のメールで「おつきさまがまんまるだよ」と違うお友達が教えてくれました。私もちょうど、同じ友達に「おつきさまきれい・・」って送ろうとしていたところでした。きれいなものを見たときに、そのことを一緒によろこべる友達を持っているということはなんて幸せなことだろうと思いました。電車から見えたお月さまはすべるように電車の後になったり、先になったりしながら、走っていました。そんなお月さまをみるのもうれしかったです。

10月23日 明日は岡崎に行きます。まったくひとりで、初めての方がホームで待っていてくださることになっているけど、ちゃんと行けるかちょっと不安です。とにかくホームに立っていようと思います。いつもこんなふうにご迷惑ばかりかけてしまって・・ごめんなさい。

10月22日 今日が体験入学がありました。違う学校の来年高等部1年生のゆきちゃんが来てくれて、学校で一緒に勉強していってくれました。もうすっかりお友達になって、学習発表会には来るねってにっこり笑って帰っていきました。ゆきちゃんに瀬領はどんなふうにうつったかな?楽しい雰囲気が伝わったかな?

10月21日 今日は小学部は親子合宿でおでかけでした。私たちは栗おこわと、なめこのおつゆとからあげを作ってお昼に食べました。栗おこわにいっぱいきのこを入れたのですが、それからどうもいっぱいお水が出たみたいで、ずいぶんやわらかくなってしまったの。宮本先生と、明日もう一回作って、リベンジだ・・ということになりました。

10月20日 発表会のポスターを作りました。県内の養護学校や、デパートや、郵便局や近くの学校や、だれかさんのおうちやいろいろなところに貼っていただくのです。子供たちの素敵な姿、たくさんの方にみてもらいたいです。

10月19日 今日、はじめて発表会の「勧進帳」の練習をしました。勧進帳は、義経が兄頼朝から追われ、山伏に姿を変えて小松の安宅の関をなんとか通ろうとして、すでに正体を知っている富樫の前で、弁慶が「これは荷物持ちで義経ではない。おまえが疑われるから我らが通れぬのだ」と義経を打ち据えるのを見た富樫が心をうごかされて、一行を通すというお話です。えいちゃんとしょうちゃんは話し言葉としての言葉は持っていないのです。そしてゆうちゃんは単語でお話します。3人と教員で勧進帳は難しそうだけど、でもきっと素敵な劇にしたいなあとみんなでがんばろうと思います。

10月18日 このあいだまでエアコンをかけていたのに、それから30度もあって暑い暑いって言っていたのに、今日はとても冷え込みました。白山にも初冠雪があって、遠くから見るとまたきれいです。こんなに温度差があると、風邪をひいてしまいそう・・どうぞみなさん気をつけてください。

10月17日 福井に映画に行って、そのあと、前に木のお魚をデパートの100円ショップで買って、穴を開けてひもでつなげたら、すごくしょうちゃんが喜んでくれたので、こわれたり、他の場所でも使えるようにと思って、またお魚を四匹買ってきました。何か工夫したり、作ったりした後、(今回も穴をあけただけだけど)子供たちが喜んでくれるとすごくうれしいです。

10月16日 お友達が「今、何してた?」と電話をくれました。「ぼおっとしてる・・」と言ってから、ぼおっとしているのはいつもだった・・とおかしくなりました。でも本当にぼおっとしていて、あれ?っと思ったらもう夜になっていることもあるので、そんな様子を他の人が見られたらおかしいだろうなあと思ったりします。

10月15日 11月の21日に学校の「瀬領発表会」があって、その背景を描いているのですが、もうちょっとで仕上がりです。教室いっぱいにひろげた、16枚分の模造紙に、ゆうちゃんがクレヨンをどんどん重ねてくれて、その上に黒のポスターカラーを重ねたら、まるで大きな木版画みたいに見えてきて、うれしいのです。

10月14日 教室のワックスがけをしました。机や棚やマットや畳や何もかもを出して、ブラシでこすって、雑巾で拭いて、それから二回ワックスをかけました。クレヨンのあとが残っていたり、ペンキが残っていたり、種が思いがけず出てきたり、探し物も出てきたり・・・一年ぶりのワックスがけで、急に一年あったたくさんのことを思い出しました。また一年たったら・・どうしているのだろう・・そんなことも考えました。

10月13日 いったいどこに金木犀の木があるのかしら?と探したら、みたこともないような大きな大きな金木犀の木が、隣の施設の駐車場にありました。お花が無数にくっついていて、そばにいくとむせるようなくらいのにおいだったけれど、離れてから、まだ私の体のどこかに金木犀のにおいがして、私はつけたことがほとんどないのだけど、香水をつけたみたいと思いました。

10月12日 きんもくせいの香りが学校やおうちのまわりにいっぱいです。匂いって思い出をつれてきてくれるよね。風景も時間もはっきりとそのままつれてきてくれるよね。

10月11日 今日はやじうまテレビをみれなかったのです。それで朝からあーあと思いました。修学旅行が終わったし、連休も終わったら、学習発表会の練習とか、研究授業の用意をちょっととか、少し学校が忙しくなるかなあと思います。でも子供たちと楽しく背景を描いたり、練習したりしたいです。

10月9,10日 大阪に行って来ました。たくさんの方にお会いできて、いろいろなお話をお聞きすることができました。私ね、本当だったらお会いできなかった方・・石川と遠いとか、お仕事が違うからとか、こうして、講演に呼んでいただいたり、本を書かせていただけなかったらけっしてお会いできなかっただろうと思う方と、お話できて、気持ちを通わさせていただいて、一緒に笑ったり、お酒飲んだり、歌をうたったり・・そういうことができて、こんなに幸せでいいのかなといつも思うのです。昨日はお酒を飲むところでカウンター(っていう名前かな?)に入れていただけて、ウイスキーに氷をいっぱいいれて、お水もいれてはいどうぞっていうのもさせていただけたのです。おもしろかったです。ありがとうございました。

10月8日 人権シンポジウムの参加しました。露の五郎さん(前の桂小春団治さん)の講演がありました。とても愉快なお話の中に、大切なことがたくさんつまっていて、泣いたり笑ったりしました。明日あさっては大阪です。

10月7日 ゆうちゃんとボーリングに行きました。ガーターが出ないレーンでしました。宮本先生も上先生もすごくじょうずでした。私とゆうちゃんは同じくらいだったかな?でもガーターがでないレーンのおかげで、二人とも80点くらいになったのです。すごい!!東京から、みんなも元気と電話がありました。すごく楽しそうで、私たちもニコニコしちゃう・・

10月6日 ゆうちゃんはお日様が苦手なので、修学旅行にいけなくて、一緒にお留守番なのです。みんながいなくてさびしいねと話していたのですが、体温を測るとすこし熱があるのです。明日のボーリングのことを繰り返し言っているゆうちゃん。さびしいなんて言わないけど行きたかったのかもしれない・・私、いくらゆうちゃんがいないときだとしても、修学旅行、連れていってなんて冗談を他の子供たちとしていて、悪かったなあと思いました。ボーリング・・楽しんでこようね。

10月5日 たった3日なのに、明日から子供たちが修学旅行へ行くので、会えないのがさびしいです。ひでちゃんに「ねえ、つれてって・・カバンにいれて連れてって・・」と言っては困らしているこのごろです。

10月4日 あさってから修学旅行なので、荷物作りをしています。エプロン、おむつ、ウエットティッシュ着替えなどものすごい荷物になるので、持って移動できるだろうかということになり、少し送ることになりました。浅草、ディズニーランド、お台場、東京タワーなどに行くのです。私はお留守番組なのがとても残念。

10月3日 本やさんって大好きだから一週間に2度も3度もでかけてしまう・・それでやっぱりほしくなって本を2,3冊そのたびに買ってしまうので、お部屋の中が大変です。読んだら捨てたらいいのに・・なんて言われることもあるけれど、また読みたいような気がしたり、作られた方のこと考えてしまうとやっぱり捨てられません。雑誌までそうなの。

10月2日 10月というのにやっぱり暑いです。こんな年は雪がたくさん降るのでしょうか?それとも逆かしら?私が教員になったばかりの学校で出会った子供さんに、お手紙をいただきました。素敵な素敵な方で、ずっと何度も思い出していた方でした。そのままになって会えないままだとしてもしかたがなかったのに、本を書かせていただけたから、そして住所も載せていただいたからこんなふうなことがかなったのだと思うと、本当に幸せに思いました。

10月1日 東海村の事故で冷却水を抜く作業をされたと聞いて、どんなお気持ちで、その方やご家族の方はおられたのだろうと思いました。
 ハムスターのちゅーたろうが亡くなったときに、おなかがすかないように一緒に埋めたひまわりがどんどん大きくなって・・でも秋だから花は咲かないだろうと思ったのに、暑い日が続いたからか昨日花を咲かせました。ちゅーたろうは笑ってるんだなって思ったよ。

9月30日 東海村の事故・・大変なことになりました。すごく怖いです。今もニュースで、臨界事故がまた多発している可能性があるとニュースで言っていました。どうなるのでしょう・・10キロ以内という数字も出ていました。本当に心配・・心配・・

9月29日 「きいちゃん」が10月7日奥付で7版に決定しました。ありがとうございます。今日は去年まで一緒にお仕事をしたお友達と一緒に食事会と飲み会がありました。お友達っていいですよね。子供たちの話しをしたり、笑いあったり・・楽しかったです。

9月28日 お部屋の窓からお月さまの光が射し込んできて、あかりを消しているのに、とても明るいのです。その中でパソコンにむかっていると、本当に静かで、他の世界にいるみたい・・眠っているみたいだったり、遊んでいるみたいだったり・・

9月27日 とうとう40000アクセスありがとうございました。毎日パソコンに向かうことがとても楽しみです。このパソコンの向こう側に、たくさんの優しいお顔が見えるから・・今日は冷やし中華を食べたくて、でももう秋だから売っていなくて、棒のラーメンを使って、冷やし中華をつくりました。成功・・

9月26日 お友達から「星の王子様」がテレビでしているよと電話をもらいました。あわててチャンネルをひねったら、サン=デグジェペリさんのお話が流れていて、夢中で見ました。悲しかったり、つらかったりそういう思いをたくさん持っておられるからこそ、あんなに王子様がやさしいのだと思いました。

9月25日 ブックオフが近くにできたので、行って来ました。銀色夏生さんの本、椎名誠さんの本。沢野さんの本、それから、木の本を買いました。まだ本やさんにみつけられずにいます。出版社の方も並んでないかなあと毎日見に行っておられるのですって・・みなさんにご迷惑をおかけしてごめんなさい。

9月24日 台風だったので、学校が早く終わりました。おうちの周りも、学校の周りも、風でとばされないように、鉢を入れたり、窓をしっかりしめたりしたけれど、テレビで放送しておられたおうちは、屋根までお水がどっと入ってきてしまったとか、窓ガラスにささってしまったとか、怖かったり、どんな思いですごしておられるのだろうと思ったりした一日でした。

9月23日 ひさしぶりで富山に行きました。大学の時に家庭教師のアルバイトをさせていただいたおうちも尋ねることができました。富山は後ろに大きな立山があって、その眺めがすきでした。今日は残念ながら見えませんでした。帰りにおおしま夢創造絵本館にも行きました。石川県にも絵本館や富山のような夢のある児童館があったらなあと思いました。

9月22日 台湾で大きな地震がおきて、その映像がテレビで送られていました。どんなに苦しく、つらく、悲しいかと思うと、胸がいっぱいになります。今もまだ土の中に埋まったままの方もおられると聞きました。どうぞ少しでも早く助かりますように・・

9月21日 このあいだ録画していただいたテレビの放映がお昼にありました。お昼だったので、ビデオにとってあって、みたらとってもはずかしくなりました。そろそろ本屋さんに本が並ぶ頃・・もし見つけられた方がおられたら、どこどこにあったよ・・って教えて下さいね。

9月20日 キノコの季節・・学校の近くの山にもたくさんの方がキノコとりにきておられます。毒キノコと食べられるキノコはとてもむつかしくて、本物の近くにそっくりな毒キノコが必ずあるというお話を学校の近くのおじいさんにお聞きしました。きのこは自分でそんなにおそろしい毒をどうしてもったかって理由をしっているのかしら?どうして毒をきのこはもっているのかしら?動物に食べられないため?それとも、もっと違う理由でしょうか?そんなことをぼんやり考えました。

9月19日 雪絵ちゃんとさっちゃんに久しぶりに会いました。ふたりともすごく元気で、ほっとしました。同じ思いでを持っているってとても楽しくて幸せなことだと思いました。それから雪絵ちゃんの本を読んで下さった方から、雪絵ちゃんにお手紙がくるのがとてもうれしいと雪絵ちゃんが言っていて、そのことも私、とてもうれしかったです。

9月18日 暑かったり、涼しかったり・・風邪をひいてはおられませんか?いつも元気でいてほしいです。それが私の元気です。夏バテが続いてはおられませんか?心配です。車の運転も気をつけてほしい・・本当に本当にいつもおいのりしています。

9月17日 看護婦さんの研修会に呼んでいただいて、行って来ました。今日、そこで、素敵な看護婦さんたちにお会いすることができました。「私たちは患者さんと流れる時間が違っていた・・どうして同じ時間の流れですごすことができないのだろう。」「患者さんの思いにもっと気がつきたいのに、ただ、うなずくだけだったりする・・もっと誠実におつきあいしたい・・」目に涙をためて、何人もの看護婦さんがお話をしてくださいました。私は胸がいっぱいになりました。そんなふうに思われるのは、看護婦さんがみなさん優しい方だからだと思いました。そして、患者さんはきっと一緒におられてうれしいだろうなあと思いました。

9月16日 「ゆうきくんの海出来ました」と三五館の進藤さんから電話をいただいたのです。明日着きますからねって・・うれしい・・どんなでしょう・・ひもはどんな色かな?本の中の表紙は何色かな?沢野さんの挿し絵はどこにどんなふうに入れていただいたのかな?って楽しみがいっぱいです。さてひもと表紙は何色かって予想なんだけど、白か水色かなって思うの。

9月15日 今日は敬老の日。このあいだ、素敵なおばあちゃんに会いました。手芸やさんに行ったときに、声をかけてくださったのです。「ねえ、このレース今来ているスカートのすそにつけてみようと思うのだけど、どうかしら?私レース大好きなの」私もおばあちゃんのようになりたいとお話すると、笑っておられました。

9月14日 一五夜はいつでしょう・・きゅうにそう思って、知らない間に終わっていたのだったらどうしようと空を見上げたけれど、お月さまは雲に隠れていて、見えません。きょうのお月さまの大きさはどれだけって知ってるときもあるのに、このごろ、知らない。。忙しかったのかな?

9月13日 夜7時から、NHKで、「きいちゃん」と「ゆうきくんの海」についての話しを5,6分くらい撮って下さいました。録画で、金沢のNHKで21日に11時45分から放送してくださるそうです。少し早くつきすぎて、近くに住む、みっちゃんに会いに行きました。みっちゃんはかわらず素敵でした。お話もとても楽しくて、一緒にいると幸せな気持ちがいっぱいしました。

9月12日 東京の青年館で講演会がありました。来て下さった方、本当にありがとうございました。私こんな幸せで、いいのかなって思ったです。みなさんなんて優しいんだろうって・・それから、そのあとにも、東洋大学の、松原聡さんにお会いできたのですけれど、すごく素敵で、楽しいお話をおうかがいして、またああ幸せだなあと思いました。

9月11日 明日は東京へ行きます。どきどきします。会いたい方にたくさんお会いできることになっているから・・眠れないくらいドキドキ・・それからせっかく聞きにきてくださるのに、ちゃんとお話できるかなってドキドキ・・

9月10日 朝、石井めぐみさんのお子さんのゆっぴいさんがなくなられたことをお聞きし、ショックでした。石井めぐみさんは本当に素敵な方で、前向きで、明るくて、でもとても優しい方です。今どんなにおつらいだろうと思います。学校のお母さん方が、ゆっぴいさんのおかげで、いろいろなことに勇気が出たし、街の人もずいぶん変わったと話してくれることがあります。ゆっぴいちゃんがしてくれたことはとっても大きいです。

9月9日 学校の近くのススキの原の穂がたくさん出てきました。満月の季節・・やっぱりススキが一番似合いますよね。それから学校へ行く道のコスモスも今朝初めての花をさかせていました。

9月8日 弁慶さんと義経さんの勧進帳で有名な安宅のお祭りでした。夜に花火を見にいきました。久しぶりにみた大きな花火にうっとり・・海の花火はとてもきれいで、素晴らしかったです。

9月7日 朝から雨・・牛を見に行けないのかと心配したけれど、ちょうどお昼から晴れました。ゆうちゃんは最初怖がっていたけれど、馴れたら怖さがなくなって、短い草も牛にあげようとして近づいて、手までうっかり噛まれてしまわないかと心配になるくらい・・とてもうれしそうに牛に近づいていました。牛って可愛い目をしてる・・

9月6日 明日はお昼から、牧場をバスで見にいくことになっています。ゆうちゃんは牛を見るのは初めてなのだとおうちの方が教えて下さいました。あんなに大きな牛・・きっとびっくりするでしょう。そんなゆうちゃんを見るのが楽しみです。

9月5日 今日は甘いものをたくさん食べました。朝から、近くの山田お饅頭やさんというおいしいお店のおはぎを2つ、それからアイスクリームと、お昼にシュークリームと・・それから、金沢のお菓子の芝舟ときんつば・・お菓子があつまる日でした。

9月4日 朝のざあざあぶりが嘘のようにからっと晴れて、ブドウ狩りはとてもいいお天気でした。ぶどうすごく大きくて甘くておいしかったです。ひとふさでもずっしりと重くて、とるのもたべるのも楽しかった・・ブラックオリンピアという名前のぶどうだそうです。

9月3日 明日はブドウ狩りとバーベキューがあります。小さなぶどうの時期は終わって、大きなぶどうの時期になっているのだそうです。果物は子供たちも大好き。私も大好き・・だからうれしい・・・

9月2日 大ちゃんに会ったときのお話などを、大ちゃんの気持ちのところに載せました。
 今日から給食も始まって、普通通りの授業が始まりました。もう私、少し、授業がなかっただけで時間割も何をしていたかもすっかり忘れてしまっていて、もう一回表をみなおしたりしました。まだ頭の中は夏休みのまんまです。

9月1日 今日から学校でした。クラスの子供たち・・ちょっと見ない間だけなのに、なんだか大きくなっているみたい・・成長期ですものね。にこにこ笑ってくれて、私たちも幸せな気持ちになりました。夜、NHKの方とお会いしました。再来週くらいに、「きいちゃん」のことで録画をしていただいて、その次の週に、放送してくださるそうです。生放送の番組なのに、学校があるからと無理をお話したら、録画にしてくださいました。ありがとうございます。

99/12/01〜00/06/18

過去の日記目次へ

メニューへ