☆月★日の私

9月30日 二年前の夏にお会いした井崎さんのことを急に思いました。私の気持ちにのせました。見ていただけますか? おせんべいを作ってみたくて挑戦しました。最初へなへなでやわらかいけれど 少し時間がたつと、固くなるのがクッキーに似ています。

9月29日 ブドウ狩りに行きました。フルーツランドから錦城養護学校が見えました。 今はもちろんとても楽しくて毎日が幸せだけど、でも心を残してきた子供たちが あそこにいるということが、なぜか時折、じーんときて涙が出そうになります。 きっと大好きだからだね。今は今でとっても幸せなの。 ぶどうとバーベキュー・・おなかがいっぱいです。

9月28日 運動会の代休だったのです。お友達と映画をみに行きました。 もうビデオが発売されるこのころになって、タイタニックをみました。 本当はずっと迷っていたのです。小さいときにみた、これとは違うタイタニック号の映画が とても怖くて怖くて、忘れられませんでした。それから父が買ってくれたノンフェクション全集に 載っていたタイタニック号の恐怖(だったかな?)のお話もとても怖かったので、夢に何度も見ました。 そんなことが心にしみついていて、見たときのお部屋の様子までもがはっきりこころにのこっていたので、どうしようか 迷いました。でも、映画館で観るならこれで最後と思って、やっぱりみにいきました。行けてよかったです。魔女13章やっとアップしました。

9月27日 運動会も終わりました。雨で体育館だったけど、おうちの方の目の前で 演技できて、子供たちは大喜び。おうちの方のビデオにも大写りできたことだと思います。 新しい掲示板もできて、うれしい・・いっぱい書いてくださいね。

9月26日 明日は運動会です。晴れなかったら体育館でします。 たんぽぽ掲示板がうごかなくて、作ってみたけれど、うまく載せることができませんでした。 ご迷惑をかけて、それからご心配もおかけしました。ごめんなさい。 もうちょっとだけ待ってくださいね。今は「魔女の掲示板」と一緒にさせていただきました。 大倉岳のコスモス祭りが台風でコスモスがだめになってしまったので中止になりました。 みんなどんなにがっかりされていることでしょう。 私も楽しみにしていた一人なので、がっかりです。

9月25日 掲示板が真っ白になってしまってごめんなさい。はやいうちにどうにかしたいです。 今日はいろいろなことがありました。学校の帰りに車のエンジンがとまってしまって、歩いて帰ってきました。でも今は車はもってきてもらえて、どうしてだか 動くようになりました。それからいつもは仲良しのハムスターにちょっとした拍子に噛まれてしまって ちょっと噛まれただけなのに、急に体がぶつぶつになってかゆくなって、噛まれたところもぽんぽんにはれました。目もかゆくて どうしたのだろうと思いました。アレルギーだったのでしょうか? 私が悪いの。ハムスターくんのおうちの靴下に、野菜をもっていったので、 それがくさるといけないと思ってふって落としたら、ハムちゃんのすぐそばに落ちてハムちゃんがびっくりして怖かったのでしょうか?

9月24日 今日は27日の運動会の総練習がありました。自分の力で 移動することが、あまり得意ではないので、リレーとか徒競走はありません。 高等部はPK合戦をします。手を使って、足をつかって、すべりだいをつかって、口を 使って、段ボールで作ったキーパーのいるゴールにシュートします。 みんな持っている力をたくさんの人の前で披露するととても誇らしげで、私たちもうれしい・・

9月23日 秋分の日 台風の後で川はどろどろの水がすごく多い量で流れていました。 昨日の夜、たんぼの中の道を車で走っていたら、たんぼがあふれるほどの水でいっぱいだったので、 光がイカ釣り船のあかりのように映って、いつもとはまったく違った景色のようでした。

9月22日 お昼休みにみんなとテレビを見て、びっくり・・ぼおっとしているから、台風が来ていて世の中こんな大変なことに なっているとは知らなかった・・と言ってみんなに笑われました。そうしたら本当に 雨とか風がすごくなってきて、帰るころには近くの用水があふれてきて、少し水につかったり、 雷がなったりして大変でした。みなさんは大丈夫でしょうか?

9月21日 椎名誠さんの新しい本「新宿熱風どかどか団」を読んでいました。 その本には何度となく、「たんぽぽの仲間たち」を出してくださった、三五館の星山さんが 出てきて、「星山ガニマタ編集長」とか「どーんとやりましょうと言う口癖」とかそんなふうに 星山さんのことがたくさん出てきました。椎名誠さんの本に出てくる星山さんと、お誕生日に 可愛いお人形さんを送ってくださったり、東京タワーの水族館で、水槽に顔をくっつけて お魚をおいかけていた星山さんが、違う人のような気もするけれど、おなじ人で、 どっちにしても素敵な人なんだなあと思うところがしみじみおもしろかったです。

9月20日 学校の近くにすんでおられる方でも、学校の子供たちのことをよくご存じないことがあるから、 子供たちのことをよく知っていただくために、新しい形でバザーをしましょうということになりました。 それで、みんなでメモリアルキルトを作ることになって、その係りになりました。みなさんにそのことをメールでお願いしてから 苦手な方もおられるだろうし、嫌と思われる方もおられるだろうに、メールでお知らせしてしまって、よかったのだろかってとても後悔しています。 でも、みなさんにお話したいということは変わってなくて、どうしたらいいかなあと送ってしまってからため息をついています。 成功はしてほしいし・・・メールを受け取ってくださった方で、嫌だなって思われた方がおられたら 本当にごめんなさい。

9月19日 このあいだの台風で、学校の近くの用水があふれました。 高校生のときに、大水で、バスが水をかきわけ走っていったり、大雨の中で 車をシャンプーしておられる人をバスの中から見たり、それからマンホールに落ちてずぶぬれになったことを思い出しました。

9月18日 彼岸花はどこへ行っても、お彼岸の日にちゃんとお約束の ように 咲くのでしょうか?それまで何もなかったようなところに突然 赤い花が燃えるように咲いています。一度白い彼岸花を見ました。 それは雪のようでした。

9月17日 雪絵ちゃんのページにたくさん新しい文章が 入りました。ぜひ見てください。 運動会の練習を毎日しています。ポスターを描いたり、看板をつくったり、 プログラムを作ったり・・・みんな子供たちの手作りです。

9月16日 悲しい悲しいお通夜でした。 残念・・悲しい・・とたくさんの方が涙を流しておられました。 22歳でした。私もとても悲しいでした。

9月15日 雪絵ちゃんやさっちゃんや、みんなと一緒に勉強した 仲間のゆみちゃんが亡くなったと知らせを受けました。この間まで 元気で、一緒によく遊んでいたのに、夏休み中が、具合があまりよくないからまた今度ねと 聞いていたばかりで、信じられません。生まれつき、静脈と動脈が 転移している心臓の病気で、運動場や教室移動の時に 力のない私がおぶって、移動するとたおれそうになって、 そのたびに笑っていたゆみちゃんの小さいときの笑い声が今もよみがえってきます。 いつもいつもがんばりやさんのゆみちゃんでした。 明日、みんなとお通夜で有美ちゃんに会おうねと約束しました。 悲しくて泣いてしまうけど、苦しそうなお顔じゃなかったよと聞いて、 少しほっとしました。

9月14日 今日も太陽がまぶしくて、夏のような暑さでした。梅雨明けがなかった 北陸なので、みんないまごろ梅雨があけたのかなあ、今から夏なのかななんて言っていて、 じゃあ夏休みだ夏休みだと話していました。 けれど、夕方がくるのはやっぱり早くて、6時頃にはもう薄暗くなってきました。

9月13日 底引き網が解禁になったので、お魚屋さんにはたくさんのかれいや蟹や 甘えエビが並んでいます。北陸はいまからがきっともっともおいしい季節だと思うのです。 カマスやサンマもいっぱい並んでいました。

9月12日 今日はとっても暑い日でした。 真夏のときよりも暑くて、公園の駐車場ではたくさんの人が車の中でお昼寝をしていました。 私は2,3日前からの風邪もずいぶんよくなってきて、まだ青いどんぐりが落ちているのを ひらったり、彼岸花を見たり、どんぼに手の指にとまってもらったりして ゆっくりしました。

9月11日 穴水高校の講演会に行って来ました。すごく楽しかったです。そのあとの文化祭も とっても楽しかった・・ 校長先生が「実は山元さんの最初の声を聞いたとき、これはちゃんと生徒たちは聞いてくれるかなあと心配だったけど」 っておっしゃいました。当たり前ですよね。こんな楽しい文化祭の前ですもの。 私だったら、講演なんて聞きたくなくて早く終わったらいいとおもっちゃうな。 それなのに、お話させていただいているあいだじゅう、生徒さんがみんな私の方をまっすぐ向いてくださって、まるで 一言だってもらすまいというふうにじっと見つめて聞いてくださったので 私、感動して胸がつまりそうになりました。 そのあと、どこででも声をかけてくださって、「このままでいろよ」とか「おもしろかったよ」とか「すげぇよかった」とか すごくうれしいことをたくさん言ってくださって、写真も一緒にとって、セーラー服もきゃあきゃあいってきて、 それからうどんもいただいて、生徒さんのデザインのうちわもいただいて とってもうれしい気持ちで帰ってきました。 プリクラあげるよって、何枚もいただいたし、帰りも送ってくださって、お友達もいっぱいできて本当にたうれしかったです。 穴水高校のみなさん、本当にありがとう。

9月10日 明日は穴水高校の文化祭に行きます。講演会に生徒さんからの提案で呼んでいただいたことがとっても うれしい・・もうそこにはお友達がいるのです。 それでね、セーラー服着せてくれるんだって・・それで写真とろうねって約束したのです。(みたくないなんて言わないで・・)それから みんなでプリクラみたいな写真もとったり、いろいろしようねって約束したのです。うれしい・・ とっても楽しみです。

9月9日 昨日の講演会の午前中は障害を持っておられる方で長くお仕事を しておられる方々の表彰式でした。そこで祝辞をのべられた、市長さんが、最初の方を 手話をまじえてお話されたのですが、たどたどしいけれどお心のこもったその手話がとても素敵でした。 そのあと、手話通訳の方に頭をさげられて、お願いしますとそのあとのお話を通訳してもらっておられたあと、また 手話の方に深く頭を下げられてありがとうをおっしゃっておられたことも私、とても感激しました。 障害を持っておられる方に今日はお話するのだからと覚えてこられたのだって思って、じーんときました。

9月8日 石井めぐみさんの講演会。胸がいっぱいになりました。講演途中に「お話の途中でごめんなさい」と 前に出てこられて、「車椅子の子供さんのお母さんが立っておられるから・・」とご自分で空いたいすをかかえて、ドアのそばで 子供さんと聞いておられたお母さんがたのところにイスを持っていかれたことにも感激しました。 女優さんを続けながら、おこさんのゆっぴいくんを育てておられて、「ゆっぴいのことを知ってほしい、障害を持っている子供たちを育てる楽しさを話していきたい」と テレビ番組を作りたいと考えられたそうで、番組ができるまで3年の月日がかかったとおっしゃってました。 「お願いしたことは、ドアの前や階段の前で困っている人をみかけられたら、声をかける勇気がだせなくても、その方の目をみつめてください。そうしたら、こちらからお願いすることができるから・・」と おっしゃっておられました。りゅうくんが前に掲示板で書いてくださったこと・・そうだこんなふうにしたらいいんだなあって 思いました。

9月7日 作品展と講演会の予定のところが間違っていました。ごめんなさい。穴水高校の講演会は明日ではなくて、11日でした。 明日はゆっぴのばんそうこうの作者の石井めぐみさんの講演会があって、聞きに行くことができるうれしい日でした。 入れ替えて覚えていたの。ごめんなさい。

9月6日 今日も悲しい事件がいくつもおきました。毒物の混入の事件です。以前同僚の山田さんのかばんが、車から盗まれてしまったとき、山田さんのお母さんは 「(かばんを盗った人は)よっぽど食べるのに困っているのだろうねぇ」とおっしゃったそうです。ものを盗ったり、人を傷つけたり、そういうことにいい悪いがあるはずはないけれど、 けれど、誰が憎いわけでも、生活が困っているわけでもないのに、おこっている事件のこと・・いったいどうしてなのでしょう。

9月5日 歩いていたら、急にうしろに何かこつんとあたりました。え?って思ったけど 気にしなかったら、あとで背中がおかしくてしばらくしたら、肩のへんがもぞもぞして、よく見たら大きな大きな かまきりでした。まだ秋のはじめなのにびっくりするほど大きなかまきりでした。 小さいときにかまきりがバッタを食べているのを見てから、かまきりが怖かった。 みつばちハッチの漫画でもかまきりはたいてい悪者でした。 でもそんなこと・・かまきりだってせいいっぱい生きているのにね。

9月4日 学校の子供たちに自販機に気をつけてねってお話して、こんなふうにお話するの嫌だなあって思ったけれど、命にかかわることだもねって思いました。 子供たちが「どうして毒を入れたの?」と聞きました。「わからないの。いたずらって言葉じゃだめだものね」 今日は乳酸菌飲料の紙パック入りに漂白剤が入っていたとテレビで言っていました。悲しくって悲しくて みんな悲しくなっちゃうね。

9月3日 私は理科の教員なこともあって、学校の理科の薬品の管理係です。塩酸や硫酸や水酸化ナトリウムやいろいろな薬品があるのですけど、このごろおきる怖い事件で、 使ってない薬品を廃棄することになりました。最近ではほとんど薬品をさわってなかったので、薬品のびんをさわったときのピリピリした感じやにおいがよみがえってきました。

9月2日 今日から6時間目までありました。 近くの学校から子供たちは給食を運んでいただいているのですが、その学校の給食室が改装中で16日まで毎日お弁当を おうちから持ってきています。 給食だってもちろんおいしいけれど お母さんが何作ってくれたのかな?ってお弁当箱のふたをとるときのうれしそうな顔を見ると、お母さんのお弁当って特別の愛情入りだものねって思ってしまうのでした。

9月1日 学校の畑にかぼちゃがふたつなりました。二つ収穫して ひとつはへたをとらなかったけれど、もうひとつは誤ってとってしまったのです。そうしたら そこからへたを取った一つはもう腐ってしまいました。とらなかったほうはきっと冬至のころまで 大丈夫なのに・・へただって、果物の皮だって、みんな中身を守っているのだなあと不思議な力に驚きました。 防腐剤もびっくり・・

8月31日 今日は職員で学校のプールをかたづけました。草刈りもしました。 明日からは2学期。9月27日に運動会があるので、明日からは運動会一色になると思います。 子供たちと明日から毎日一緒にいられるのがうれしいです。

8月30日 私、小さい頃からいつもいつも海のことを考えていました。 寄せる波のこと、海のにおいのこと、海の心のこと・・ きょうもまた海に会いにこれてよかった・・

8月29日 夏が終わるというだけでどうしてこんなにものさびしい気持ちになるのでしょうか? また秋になってたくさん雪が降るということがこんな気持ちにさせるのかもしれません。 もう雪がたくさん降らなくなってずいぶんになるというのに・・

8月28日 大雨で大変なことになっていて、福島の方が時々メールをくださった方がおられてとても心配です。 このあいだ同じようにとっても大変な中国の映像をテレビでみました。 何も言えないけれどどうぞどうぞ少しでもいいふうに・・とただおいのりしています。

8月27日 クレゾールでとても怖い思いでがあります。 養護学校に赴任したばかりの年に、院内感染をおそれてクレゾール液でいろいろな ものを消毒していたのですけど、原液から薄め液を作っておられたほかの先生が その瓶をすべっておとされて、そばで子供たちの下着だったかな?を洗濯していた私は その原液をかぶってしまったの。あわてて目を洗って、お顔も体も水をいっぱいかけて 病院へ行ったけど、目は痛いだけで、一週間くらいでなおったけれど 体は黒くやけどして、ところどころ水玉のように原液がとんだところで、洗わなかったところが のこったり、洗ってもみずぶくれになったりしました。 今はどこにもそのあとは残っていないけれど よくどこにでもありそうな液だけに怖いなあと思いました。 そのあと、学校の木の用具の腐敗どめにクレゾールを塗る作業があっても 怖くて怖くて、近くにいけずに、ペンキ塗りとか、草むしりの方の 作業に逃げてしまいます。

8月26日 ずっと行きたかった福井の海に行くことができました。 岩の間の蟹やお魚・・一年半前、海岸が油で覆われたことなんてうそのようにきれいで平和な 海でした。子供たちといて、うれしい気持ちになるのと、海を見ていてうれしい気持ちになるのって すごく似ているって思いました。

8月25日 大ちゃんややっちゃんや一樹くんが通っている授産所幸徳園へ行って来ました。職員のみなさんがみんなのそれぞれの気持ちを大切にしてくださってる ということがしみじみ感じられて、とてもとてもうれしく帰ってきました。大ちゃんは「いつ会う?」とお仕事をしながら言ってくれて、やっちゃんも「元気か?」って頭をなぜてくれて 幸せな気持ちでいっぱいになりました。きっとみんなの幸せが私の心を幸せな気持ちにしてくれたんだと思います。

8月24日 名古屋の東別院から「名古屋御坊」という新聞が出ています。今までもたんぽぽの仲間たちの 作品を連載でのせてくださったり、本の紹介を載せてくださったりということがありました。9月号から20回の連載で、私の短い文章を載せていただけることになっています。 700字という短い文章なので、ひとつのお話を完結させてかくのがちょっとむつかしいです。

8月23日 キティちゃんのピンクのノートパソコンを初めて見て、どきどきしました。 本当に、ピンクで、大きなキティちゃんの絵がふたの部分についているのです。パソコンもきっと これからいろいろな色になっていくのでしょうか?

8月22日 今日、はじめくんに会いました。切符が大好きなはじめくんのためにお父さんとお母さんと周りの方は遠くへ出かけられたりして切符をはじめくんにプレゼント したり、一緒に列車に乗ったりして、今までともにすごしてこられました。なかしょうじさんがはじめくんのために集めてくださった切符をはじめくんに渡すことができました。 なかしょうじさんありがとう。電車に乗って改札で切符をくださいって言うの、とても勇気がいります。それから急いでいたら時間もちょっとかかっちゃうし・・それなのにこんなにたくさん切符を集めてくださって、なかしょうじさん本当にありがとうございます。はじめくんはすごく喜んでいそいでひとつひとつ確かめて何かの方法で分類したり並べたりしていました。

8月21日 うれしいことのひとつ、ryuくんという新しいお友達がインターネットを通じてできました。 最初にいただいたメールをりゅうくんの「いいよ」とのお返事で仲間たちの気持ちのページに載せさせていただきました。りゅうくんは今 HPを作っておられるのだそうです。できあがったらページをお互いにリンクしようと言ってくださってます。どうぞりゅうくんの気持ちのページ見てほしいです。

8月20日 北海道のあっこさんの学校は今日から新学期だそうです。石川県も焼けるような暑さを知らないうちにもう秋風が吹き出してきたみたい・・ 最近毎日うれしいことが起きます。HPに載せさせていただいていいかどうかわからないからまだ書いていないことなのですけど、「いいよ」って言ってくださったら、うれしいからみなさんにもお話したいです。 おとといのいいこと、昨日のいいこと、今日のいいこと・・ああ、うれしい。

8月19日 和さんがメーリングリストを作ってくださったので、 会員一号にならせていただきました。 この間から縫っていた浴衣がやっと今頃仕上がりました。今年はもう着る機会がなさそうだけど 来年はそれをきたいなあと思います。

8月18日 木で作ったものが大好きです。たんぽぽの仲間たちや私がつくった木のお人形さんたちをHPに載せました。 雄太さんがなくなられて、もうすぐ2年です。今日雄太さんのお母様から暑中お見舞いをいただきました。

8月17日 今日も大雨でした。梅雨の終わりのような雨。 もう一度海に行きたかったけれど、雨はもう秋をつれてきてしまったみたい・・ この雨で不思議な形のかたつむりがすごくたくさん現れました。 まるいうずでなくて、かわになみたいなとがった形の殻を持っているのです。 そんなかたつむりを始めてみました。図鑑をさがしてもわかりませんでした。

8月16日 福井の松岡町にすてきなお店がありました。サニーサイドというお店で、その上が輸入雑貨やさんになっています。 サニーサイドでいただいたスパゲッティもおいしかったけど二階の雑貨やさんがとてもすてきでした。 ひとつひとつの品物をきっと大事に大事に買い付けてこられたのでしょう。 包んでくださったその姿にびっくりしました。 下に珊瑚の砂をしきつめ、灰皿とチュウーリップと赤い実をまるで南国の 空気ごと極楽蝶花のようにひもをていねいに切ってラッピングしてくださいました。 うれしくて、ラッピングから出すことができずにいます。

8月15日 パソコンを初めて自分で最初っからインストールしなおしました。半分失敗して半分成功したみたい。最初にいつも復元?できませんでした(だったかな)というのが3回でます。それがあるとウィンドウズがちゃんと できないことがありますってでるけど、今更わからないので、そのままです。 でもなんとかこうしてパソコンの前にいられるので、それでも、いいよねとのんきなのです。 でも突然、「ウインドウズを立ち上げるソフトが見つかりません」ってでたとき本当にドキっとしました。

8月14日 中学校の同窓会が中学校を卒業して以来初めてありました。 昔と同じように「かっこちゃん、かっこちゃん」と友達が呼んでくれて、だんだんいろいろなことを思い出してとても楽しかったです。中学校のときの青山先生のことを私の気持ちに書きました。 

8月13日 お空に穴があいたのではないのかしら。川ももうあふれそうです。 お墓参りやお盆を楽しみに帰って来られる方も多いから、明日は晴れてくれるといいなあ。

8月12日 能登にきています。双子の妹(私と妹が双子です)とキャンプしようねって 言っていたのですけど、でも大雨洪水警報が出ていたので、テントをはってバーベキューはしたけど でも夜眠るのはお家の中にしました。 でもとってもとっても楽しい。能登島水族館にも行きました。大きなお魚が大きな水槽の中をぐるぐる 泳いでいて、私も一緒に泳ぐ想像をして楽しかったです。

8月11日 道が混んできて、違う県のナンバーの車が増えてきました。きっと夏休みで帰ってきておられるか、旅行中なんですよね。 私、道が混んでいることをなぜかすぐに満員だって言ってしまうのです。よく友達に満員じゃなくて混んでいるって言ってってしかられました。 それなのにまたあ、満員って思ってしまうの。

8月10日 満月にさそわれて、夜中に車を運転しました。どこへいこうかなぁと思って結局海に行きました。 海にうかぶお月さまってみたことないなあと思いました。日本海側は夕日は海に沈みます。お月さまが海にうかぶのを見られるのはいったいどこかしら?

8月9日 プールに行きました。昔は水泳部だったなんて信じられないくらい少ししか泳げません。でも水の中にいると身体の細胞がきっと違う圧力とかを受けて、細胞ひとつひとつまでが運動 するみたい・・動物はすべて海から生まれたと聞いています。そんなことを細胞も思い出しているのかもしれないなんて 水の中で考えていました。

8月8日 学校の教材として使ったり、遊んだりするのにほしくて、プリクラみたいな写真がでてくるポラロイドカメラを一週間ほど前に買ったのですけど、 それでとるのがおもしろくて、もう何枚もとりました。それを手帳に貼って、時々ながめてはうれしくなっています。雪絵ちゃんや、高田宏さんや、名古屋で会うことの出来たお友達の写真・・・楽しいです。

8月7日 ひさしぶりに雪絵ちゃんとゆっくり楽しい時間をすごしました。雪絵ちゃんの病院につきあわせてもらって、一緒に食事をして、お買い物にも行きました。プリクラを一緒にとりました。ふたりで話すことはとても楽しいことばかりだけどふたりにとってとても大切なことばかりのような気がしています。そしていつも感じることは 雪絵ちゃんはどうしてこんなにも素敵なのだろうということなのです。いつも前向きで、いきることに対して真剣です。そして優しくて強いです。

8月6日 近くの高校と交流会がありました。ボーリングと焼きそば作りなどをしました。なかなか最初、うちとけあうのがむつかしそうでも、時間がたつと、お互いわかりあえてくるのがうれしかったです。今度は高校の文化祭に行かせていただく約束をしました。

8月5日 今日は図書大会で14匹のねずみの絵本作家のいわむらかずおさんが、控え室で私のお隣に座って下さいました。神戸へ行ったときに大阪駅で段ボールのおうちに住んで おられた方からいわむらさんのご本をいただいたときに、その方が家族から離れられて、いわむらさんのご本をささえのほうにして くらしておられたのではないか、それなのに私にその大切なご本を下さったことは、いったいどうしてなのかしらと考え続けていたことを お話したいなあと思いました。ためられっていたけれど、小林さんが作って下さった「みんな大好き」にそのエピソードを載せて下さってあって、 それを大会の資料にさせていただいていたので、「お話したらいいいよ」とアリス館のうしろさんに応援していただいたので、お話することができました。 それからお話をきかせていただいたり、お話したり、とてもうれしい時間でした。いわむらさんは本にサインをしてくださって「神戸のおじさんへ」って 書いて下さいました。それをいつかおじさんにお会いできたときにお渡ししようと思います。

8月4日 小さい頃から私、本ばかり読んでいました。いつもいつも本ばかり毎日読んでいました。その読んできた本を書かれた方が 講師控え室で目の前におられて、あなた、山元さん?そういいお話をありがとう・・とか、ああお聞きしてますよ。がんばってね、なんて言ってくださって なんだか信じられないような気がしました。このHPの掲示板にもでてきた「のはらうた」の工藤直子さん、「先生のつうしんぼ」の宮川ひろさん 「とがりやまの14匹のねずみ」のいわむらかずおさん、図書大会のうんと前の資料に「きいちゃんの浴衣」をつけてくださったからのことなのですが どきどきして、わけのわからないことをちょっとおしゃべりしたり、ただ黙ってしまっていたりしただけなのでした。でも小さい頃は 私が病気がちで、さびしい気持ちがしていたときにたくさんの本がいつもなぐさめてくださったことのお礼を本当が言いたかったです。

8月3日 全国図書大会と絵本の会が始まりました。とても大きな大会なんだなあと改めて思いました。高田宏さんの講演会のあと、私が高田さんとお会いしたがっていると知っていてくださった高田さんはまっすぐこちらへ来て下さって、それで講師室でたくさんお話することができました。高田さんは前日の懇親会の席上で雪絵ちゃんのお話をしてくださったのだそうです。「いや、大ちゃんもすごいけど雪絵さんはすごい」と言ってくださってもううれしくてしかたがありませんでした。ホテルまで車でお送りしました。高田さんは「これから朝の散歩でみつけた銭湯に行くんだ」とうれしそうにおっしゃいました。私は雪絵ちゃんと電話で高田さんのお話をキャァキャア言ってお話して、明日雪絵ちゃんのお手紙をあずかって、それから私もお手紙を書いて高田さんにお渡しすることにしました。またちゃんとお会いできるのでしょうか?

8月1、2日 1日は大聖寺で、2日は名古屋別院の暁天講座でお話をさせていただきました。お寺のお堂で、仏様を背中に感じながらお話させていただくと、不思議なまるで仏様に守っていただいているような気持ちになりました。ほとんどお仏壇に手をあわせることもないような生活をしていますが、仏様も私の下手なお話聞いて下さったのかななんて思ったのでした。

7月31日 コスモスが咲き出しました。やさしくて強いコスモスの花が私は好きです。風にふかれても笑っているコスモスが好きです。あんまりコスモスのことを好き、好きというものだから、「コスモスを見ると思い出すよ」と大好きな友達が言ってくれました。「コスモス色に笑っている?」とお手紙をいただきました。コスモスをずっと好きでよかったな。 

7月30日 和さんにパソコンを教えていただくために和さんのおうちに遊びにいかせてもらいました。猫のマリオくんがとってもハンサムで一目惚れしました。みきちゃんも和さんもマリオくんもみんなとってもやさしかったです。あさっては大聖寺の暁天講座、その次の日は名古屋の暁天講座です。ねぼうしちゃったら大変。

7月29日 高等部の子どもたちと保護者の方と教員で、作業所の見学とサティというショッピングプラザへ行って来ました。前の前の学校で一緒だったひろちゃんがその作業所で、お仕事をしていました。私の顔を見て、そっとそでをひっぱって「何しにきたんや?」とにこにこして聞いてくれました。何年もたっても、やっぱりふたり昔のままの関係でいられたようなうれしい気持ちがしました。

7月28日 学校へ行く途中、風が急に強くなったとき、郵便局の方のバイクとすれちがったのです。そのときに、四角い紙がそのバイクからふわっと飛びました。あ、はがきかもしれないと思ったけど、止まれなくて、でも郵便やさんも気がつかなかったかもしれない・・大変と思って、Uターンできるところまで行って、もどってきました。そうしたら郵便やさんも気がついておられてバイクをおりてはがきをおいかえておられました。もう少しで届きそうだったのに、大きなトラックがきて、はがきが道路の真ん中にいって、そしてなんということでしょう。次の車が通って道のそばの用水にはがきはとばされて落ちてしまったのです。 私がなんだか涙が出そうになってしまったのは、郵便やさんが本当に一所懸命で、川にズボンをまくるとかそんなことぜんぜんせずに飛び込んで、はがきをとろうとしておられたことでした。私は橋のところで待っていて、でもとれなくて、 でも草にひっかかって、とうとうはがきをとることができました。よかったね。本当によかった・・そしたら郵便やさんが握手してくださったのです。何にも言葉がお互い出なかったけど、よかったって思って・・それからあんなふうに一所懸命私たちの手紙を守って下さってるんだって思いました。郵便やさんありがとう。

7月27日 東京からNECの方が新聞とテレビの広告のことで小松に来て下さいました。まだ決まったわけではないのですが、たんぽぽの仲間たちのお話をたくさん聞いて下さいました。ホームページを見て下さった方が、こんなHPがあるよと紹介してくださったり、こうして会社の方が来て下さったり、メールをいただいたり・・少しずつたんぽぽの綿毛をとばしてくださってることが本当にありがたくて、うれしくてなりません。ニュースでカレーに青酸化合物が入っていたというお話を聞いて、とても驚きました。昨日の学園の夏祭りでもカレーが出ていました。学校の文化祭でもカレーを出す計画です。カレーだからということではもちろんないのですけど、子どもたちがとても楽しみにしている行事なのです。なんの不安もなく、行事が行われて欲しいのに、どうしてんな恐ろしいことがおこってしまうのでしょう。

7月26日 今日は療育園の夏祭りでした。卒業生や、学校の子どもたち、看護婦さん、指導員さん、お家の人みんなの手作りのお祭りでした。ほとんどの人はゆかたか、じんべさんか、はっぴを来ていたのだけど、中にはおさむらいさんのかつらをかぶっていたり、お姫様のドレスを着ている人もいて、みんな本当に楽しいんだなぁって思いました。

7月25日 今日は一日ビーズで指輪を作ったり、少し原稿を書いたり、またビーズで指輪やアクセサリーを作って遊んでいました。長いような短いような一日でした。

7月24日 午前中は大杉の山に住んでいるともちゃんのおうちに遊びに行きました。ともちゃんは陶芸家でもあるし、手芸作家でもあります。それからお花の育て方の先生でもあります。ともちゃんのアトリエ兼展示室で、ともちゃんとたのしいおしゃべりをしていると、心がふうわりと豊かになっていくようです。そのあと、ともちゃんのマックで名刺を作ってもらいました。午後に髪を切りに行きました。いつも出かける美容院に行くと、いつも切って下さる方の足にスーパーの袋がまいてありました。「えんぞ(溝)に落ちて骨にひびりはいったんや」というお話。バキバキっと音がして、もう痛くて痛くて声もでんと、ごみはこぶキャスターで病院運んでもろたんやという恐いお話。私もついこの間、腰の骨にひびがはいったけど、痛いなあ痛いなあと思っていたけど、何日も気がつかないで、それで行こうかなって迷って病院にいったら骨にひびがはいっていたけど、あんまり痛くなかったのと私が言ったら、それはひびがはいったんじゃないわ・・とふたりで骨のお話をしました。あんたみたいにゆっくり動いとったら、痛いと感じる前に動くのが終わるのかもしれんというお話にすごくなっとくして、ふたりでいっぱい笑って、楽しい一日でした。

7月22,23日 高山に行って来ました。私の大好きな手作りの空気がいっぱいの町。少し町を歩いただけなのですけど 心を惹かれるものがいっぱいありました。木の皮でつくったふくろう。刺し子。木の彫刻。お味噌。みんなみんな大好きです。

7月21日 晴れてよかった。始球式をすることができました。たくさんの人が助けて下さったおかげで、二人は素敵な思い出を心の中に残すことができたと思います。写真を載せました。写真の処理の仕方がよくわからなくて、きれていてごめんなさい。二人の同じ年の野球部の生徒さんも、声をかけてくださって、どうもありがとうございます。

7月20日 千里浜に行きました。海の日の海はたくさんの人でした。突然雨がたくさん降ってきて、あわててパラソルをたたんだり、マットをかたづける方、あわてて海から上がるかた、雨だからとなおうれしそうに海ではしゃぐ子どもたち。私は傘をさして今日も木を拾いました。でも千里浜にはあまり木は落ちていませんでした。このごろ海にきて思うこと。重油が流されて以来、海がとてもきれいな気がします。ごみがほとんどなくなった気がします。

7月19日 海によくいきます。流木をたくさん拾って、木の人形を作りました。遠いところから海をわたってきた流木は、それだけでなんだか息をしているのが聞こえるみたい・・

7月18日 今日は終業式でした。 それから始球式の壮行会もありました。通知簿渡しもありました。 それから教員の昼食をたべながらの反省会?もありました。 まだ梅雨もあけていないけれど、明日から夏休みです。楽しいことあるといいな。

7月16日  この間、コーヒーをこぼして、タオルを下さった奥村さんからスーパー車椅子の写真が届きました。お母様を思われるお気持ちがあふれている、素敵な車椅子。そのときのことは前の日記を見て下さいね。

7月15日 猫って笑うよね。ハムスターも笑うんだよ。私も笑うんだから、当たり前のことかもしれないけど、猫ってこんなににっこり笑うんだなあって、私知らなかったのでした。

7月14日 クラスの洋ちゃんとのりくんが高校野球の始球式に出ることになっているのですが、洋ちゃんのお母さんが「名前は出る?」とおっしゃったので、どうしよう・・とびっくりしました。なぜって、子供さんに障害があると知られて、子供さんの名前やお顔を出すことをためらっておられる時期にある親御さんはたくさんおられて、洋ちゃんのお母さんは、いつも洋ちゃんのことたくさんの方に知ってほしいと言っておられるのに、どうなさったんだろうとびっくりしたのです。でも私の大きな勘違いでした。洋ちゃんのお母さんは、始球式の応援の横断幕をつくらなくちゃねとおっしゃりたかったのでした。学校と名前を大きく書いて、みんなに見てもらわんとねとおっしゃったお母さんのお顔をみて、うれしくて、安心して、ばんざいーーと叫びたくなったのでした。

7月13日 びっくりするほど大きなおにやんまが教室に入ってきました。すすーっと飛んでそのまま廊下の窓から出ていきました。学校の窓はとても大きいから、おにやんまは空の続きで教室と廊下を通っただけなのでしょうか?ときどきそれでも窓から出ていけなくなってしまった、蝶やとんぼがあいていないほうの窓や壁にぶつかって、どっちへ行ったらいいかわからなくなってしまいます。子どもたちがすぐに見つけて、「ほらいるよ。大変はやく外へ出してやってね」と言います。そのままだと死んでしまうと大変だから・・・

7月12日 ぜんぜん大丈夫なんですけど、もう何日も風邪をひいたままです。ひさしぶりにプールに入ったのがよくなかったのかしら?怪我をしたり、病気になったときに、クラスの子どもたちの優しさをしみじみ感じます。いつまでも頭をなぜてくれて、じっとみつめてくれるの。うつっちゃうからねって離れようとしても首をふってそばにいてくれます。みんなみんな大好き・・ありがとう。

7月11日 お買い物をしていて、それからお友達と偶然会ったので、自動販売機のコーヒーを飲みながらお話しようということになりました。私あわてんぼうだから、コーヒーをワンピースにたっぷりこぼしてしまったのです。ちょうどそこを通られた二人連れの方が、さっと塗れタオルを出して下さいました。年輩の方が車椅子に乗っておられて、車椅子を押しておられる方が、車椅子のうしろについているふたつきのかごからさっとそのタオルを出して下さったのです。何十枚とあるからあげるよって・・その車椅子はとてもとても便利にできていました。イスの前にテーブルがついていて、そのテーブルには、魔女の宅急便に出てくるようなラジオをたてるところや、飲み物を固定するところ、それから日傘をたてるところもついていました。それからうしろにはふたつきのかごがついていて、杖も収納してあるのです。それから杖は少しながめになっていて、そこを持って車椅子を押すと、お母様(その方のお母様だということでした)の横にたって、車椅子を押すことができるようになっているのです。お聞きすれば、その方がご自分で全部つくられたということでした。テーブルがないときに、身体が前へ飛んでいきそうで、なかなか車椅子にすわりたくないとおっしゃったお母様が、この素敵なテーブルをつけることで、安心して車椅子にのられるようになられたそうです。「私、養護学校につとめているのですけど、こんなに素敵な車椅子があったらどんなにいいだろうって思いました。スーパー車椅子ですよね」ってお話したら、寸法がわかったらいくらでもつくってあげるよってその方がおっしゃるのです。でもその方のやさしさに甘えてしまってはいけないから、目に刻みつけていこうと思ったら、写真を送ってあげるよとおっしゃってくださいました。いただいたタオル(あげるよって何度も言ってくださったので、いただいてしまったのです)で洋服をふきながら、長い間楽しいおしゃべりができてとってもうれしかったです。その方のお母様のことを大好きと思われるお気持ちが、こんなにこまやかなテーブルを作り上げられたんだなあって感激したのでした。

7月10日 今日は学校でとれたじゃがいもを使って、料理の鉄人ポテトサラダ対決をしました。同じ素材でも、カレー味にしたり、生クリームを入れたり、ハムでまいたり、形をのこしていたり・・いろいろなポテトサラダができました。 みんなおいしいというのが、おおかたの感想でした。本当においしかった・・

7月9日 私のお部屋の窓はお月さまが高く上がる方を向いています。夜、灯りを消すと、ベッドに月明かりが差し込みます。大好きな音楽を聞きながら、考え事をしていると、なんだか空が近いなあと思うのです。

7月8日 いつもの帰り道。黒猫がいます。今日はいないの?と思って振り返ったら、黒猫が後ろに寝そべって笑っていました。「お帰り」という声が聞こえたみたい・・

7月7日 みんなのお願いがたくさんついた笹をもって、お宮さんへ行って来ました。いったいいくつあるのか数えられないほどのお飾りが集まっていました。小松は星空が雲のあいまから見えていました。二人は会うことがきっとできたと思います。よかった。 昼の空が高くなってきたみたい・・

7月6日 明日は辰口のプールへみんなででかけます。バスにのることが少ないので、みんなバスに乗ることをずっと前からとても楽しみにしています。それから、もちろん大きなプールも楽しみです。私も泳ぐのはひさしぶり。 明日は七夕・・

7月5日 今日は寺井の福祉会館によんでいただきました。大学の時の同級生、前の養護学校の先輩、たくさんの方にお会いできました。講演会のあとお話の会でお話しあえたこともうれしかったです。どうもありがとうございました。

7月4日 今年の七夕飾りにもお願いがたくさんぶらさげられました。願うということはきっととても大切なことなのだと思います。願わなければ、どんなことだって実現しないと思うから・・・私のお願い事は・・お星様とのないしょです。

7月3日 プールを中庭の運動場に設置しました。今年から新しい簡易プールで、組立がむつかしいのがとってもおもしろかったです。子どもたちの歓声が聞こえてきそうです。

7月2日  このごろ毎日のようにどうしてだか海がみたくなって、海に出かけています。小さい頃からいつも海のことや空のことばかり考えていたの。大ちゃんは「海はいったいいくつの悲しみをもらってくれたのやろう」って言っていました。 私はそんなに悲しいことがあるわけじゃないけれど、でも海はきっとたくさんの心のもやもやをもらってくれるのだと思います。

7月1日 金沢は、今日は氷室の日です。(ひむろ)それで、小中学校の給食や、それから会社でも酒まんじゅう(ささまんじゅう)を出していただけるところが多いです。前田のお殿様の昔、白山に氷室をつくって、夏に冷たい氷を保存していて、それを江戸のお殿様へ献上したことなど、氷室まんじゅうに伝わるお話があります。これをいただくと一年健康でいられるのですって・・私も小さいときから食べ続けています。今日も、いただきました。

98/10/01〜99/02/21

過去の日記目次へ

メニューへ