☆月★日の私

5月29日 合宿から帰ってきました。ちょうど外の活動の間は雨にもあわず、とても楽しい活動でした。上出くんが「最後の合宿だから」と言ったこと、ひさしくんのおじいちゃんが「ひさしのいない夜はこれまでで初めてのことだから、心配で、かえって一睡もできなかったよ」とおっしゃったことが印象的でした。それにしてもスロープもエレベータもないところで子供たちとすごすことの大変さをしみじみ感じた2日間でもありました。お家の方の大変さを思いました。 東京の講演会の写真を昔学校で一緒だった陳くんが送ってくれました。アルバムに載せました。

5月27日 明日とあさって、大杉の山の青年の家で子供たちと泊まりにいきます。前に練習した、飯盒炊爨と、ハヤシライスつくり、キャンプファイアーなどをします。子供たちは出かけるということが少ないので、もうずうっと楽しみにしています。 車椅子歩行器だけでなく、簡易トイレやスロープ、まきなど、トラックに二台分の荷物と一緒に出かけてきます。

5月26日 出張に行って、狭い道を通らなくてはならず、角のところで、よその車をすって傷つけてしまいました。あーショック。あわてて降りて、中に乗っておられた男の方に「ごめんなさい」と言いました。住所を言おうと思って、でも紙を持っていなくて「何か書くものを持っておられますか?」ってお聞きしたら、「うーん僕も持ってないし、これくらいいいよ」って言ってくださったのです。本当に申し訳なかったです。私の車もへこむくらいだから、男の人の車も絶対に傷ついているのに・・「いいよいいよ」って言ってくださってありがとうございました。そして本当にごめんなさい。

5月25日 私のおうちから山道を15分車を走らせたところにともちゃんのおうちがあります。ともちゃんはそこで焼き物をしています。動物を愛し、草花を愛してくらしています。高校時代の同級生のともちゃんは高校の時、馬術部で馬を愛していました。 今はきっと土や生き物や人間や、みんなみんなを愛しているのだと思う。素敵な大事な友達です。

5月24日 東京の講演会に行って来ました。駅から東海大学までずっと、「たんぽぽの仲間たち作品展、講演会はこちら」という 矢印の道案内に感激しました。ずっとずっとその矢印の通りで、東海大学にこれたのですけど、他の3つの駅からも同じように矢印がついていたと聞いてさらに感激しました。 お聞きすれば、スタッフのみなさんは、e-mailやホームページで知り合われた方々ばかりで、たんぽぽ会を作って講演会をしようと計画実行して下さった方ばかりということでした。大好きな東京のお友達もたくさん来て下さって、本当に感激ばかりの今日という日でした。

5月22日 今日は河口で釣った大きなすずきをブロックで作ったかまどで焼いて食べました。外でつくったものはどうしてこんなにおいしいのでしょうか?いつもはお魚があまりとくいでない子供たちも、おいしいおいしいと食べていました。 明日あさって東京に行きます。日記もちょっとお休みです。

5月21日 今日とてもうれしいことがありました。洋ちゃんはあまりおしゃべりが得意ではないのです。「ウン」「アー」「ジュス(ジュース)」と言った単語で気持ちを表現することが多いです。その洋ちゃんと、たまたまふたりきりになったときに、「今日はね、私、お誕生日なんだよ」って私が言ったのです。そしたらにっこり笑って、すうっと言葉が出て「おめでと」って言ってくれたのです。うれしくてうれしくて、「洋ちゃん、ありがとう」ととても幸せな気持ちになりました。 洋ちゃんは言葉すくなだけど、本当はきっと思いも私たちが思っているよりももっともっとたくさんあって、お話したいこともきっといっぱいあるんだろうなあと思ったのでした。そして洋ちゃんのやさしさがとてもうれしかったです。そんなわけでうれしいいいお誕生日でした。

5月20日 洋ちゃんのお母さんが山で「カタハ」をナイロン袋いっぱいとってきてくださいました。葉っぱをてんぷらにして食べて茎は捨てるという意見、茎を食べて葉っぱを捨てるんだという意見が出て、まったく反対でどうしようと思いましたが、とりあえず葉っぱと茎をはなして、茎はゆでてきんぴらと酢の物にしていただきました。 あくはぜんぜん感じられなくて、とてもおいしかったです。葉っぱは明日、考えようということになりました。子供たちもみんながんばって葉っぱをはずしたので、ゆでたものはおうちへのおみやげになりました。

5月19日 来週 大杉の青年の家というところに高等部で合宿にいくのです。今日は飯盒とまきでごはんをたく練習をしました。タープテントをたてて、テントもたてて、それからハヤシライスも作ったのです。テントというものは、キャンプ場じゃなくても入るだけで楽しくなっちゃうものですね。お昼の練習もとってもうまくいったよ。

5月18日 近くに蛍がクリスマスツリーのようにたくさんなる場所があります。息をのむよな美しさです。そろそろ蛍の季節です。

5月17日 東京へ行く日がもう一週間になりました。いつも(上手にお話できるかなあ。)(ちゃんとみんなの気持ち伝えられるかなあ)ってすごく不安になるけれど、でもみなさんにお会いできる嬉しさの方がずっとずっと大きいです。

5月16日 「・月・日の私」の更新をしていて、ふいに初めてホームページをアップしたときの感激をがよみがえってきました。自分のお部屋にいて、自分のパソコンから、たくさんの方が見ていただけるインターネットにつながることの不思議と感激。今も大事に考えたいと思いました。だってテレビや新聞でこんなに簡単にお話することはむつかしいのに、今考えていることを こんなに簡単に見ていただけるなんて、やっぱりすごいことですよね。いまさらそう思いました。

5月15日 今、小松はお旅祭りというお祭りの真っ最中です。明日までなの。勧進帳の子供歌舞伎を山車の上で子供たちが演じます。8つも山車が出るのです。

5月14日 今日は久しぶりのお天気です。私のお部屋に小さなおうちが置いてあって、そこで膝を抱いてじっとしているととても落ち着くので、そこが大好きなのです。昨日、取材に来て下さった男の方たちが、「いいなあ」って言ってくださって、どなたも「どうしてこんなものを?」なんておっしゃらなかったのがうれしかったです。

5月13日 雨が降って、やんで、お外の木を見る度に、木がびっくりするほど大きくなっています。草も急にたくさん生えてきて、みんなすごく喜んでいるみたい・・ゆっくりゆっくりじっと見ていたら、のびていくのが見えるかな?

5月12日 ずっとずっと雨です。梅雨になっちゃったのかな?明日は東京からお客様が6人見えるので、晴れたらいいな・・って思っています。「仲間たちのページ」にまんさくさんのバングラディッシュ報告記をアップさせていただきました。

5月11日 このごろ夢見があまりよくありません。 すごく恐い夢だったり、どきどきする夢だったり・・「これは夢だから早く起きなくちゃ」と起きてほっとします。

5月10日 今度は「女性セブン」に大ちゃんのことをとりあげていただきました。「好きやって」を編集してくださった、小学館の工藤さんが文章を書かれたのだとそうです。

5月9日 お庭をトトロのお庭にしたくて、どんぐりの小さな木を山へ探しに行きました。大きな大きなどんぐりの木はすぐにみつかったのに、小さな木はなかなかみつかりません。一時間ほど探してやっとみつかったけど、掘り出してみてびっくり、 あんなに小さな芽なのに、根っこがどこまでもどこまでものびていて、今度はなかなか掘り出せないのです。そのうちにぽきっと折れてしまいました。ごめんねともって帰ってお庭に植えたけど 根付くでしょうか?毎日元気でいてねってこれから声をかけるの。

5月8日 小さいときに育って地域の小学校で国語の先生の研究会があって、呼んでいただきました。 一年生の子供たちをみかけて、急に一年生とすごすことのできた日々を思い出しました。しっぱい続きで、自信をすっかりなくしてしまっている私にそのときの校長先生が「経験とか技術とかいうものも確かに大切だけど、でもときに、若い先生の熱意とか子供を好きをいう気持ちが子供たちの心を強くひきつけてはなさないということもあるものだから、がんばってね」と言って下さったことを 思い出しました。あれからずいぶん時はたっても、技術は身に付かないままだけどそして大好きっていう気持ちだけだけど、 まあいいだろうと校長先生はきっと今も苦笑いして言ってくださるかもしれないと思います。

5月7日 今百済観音が金沢にきています。大ちゃんの詩に「ほら、今、百済観音の手のまねしてたんや。俺の手やのに やさしくなった」というのがあります。観音様がたくさんの人の心をとらえてはなさないのはどうしてなのでしょうか?大ちゃんが「好きなものに理由なんていらないんや」と言ったことをもう一度よく考えてみたいと思いました。

5月6日 隣の療育園が新しくできたので、新しく生徒さんがこられました。 子供たちは新しいお友達が増えたことをとても喜んでいました。このところ県外の子供たちが県外の施設へ行ってしまってお別れ会ばかり続いていたのです。

5月5日 子供の日。福井の海に行きました。亀島(がめじま)っていうところ、上から見ていても、お魚もうみうしも、わかめもさんごもみんな見えてとってもきれいでした。 夏になったら、またきて、今度は海の中からお魚見るのです。

5月4日 ちょっと出かけていて日記の更新やメールのお返事ができませんでした。ごめんなさい。風のとても強い日が続いて、お花が大変です。熱風がふくのが一番恐いみたい・・・少しくらいお水がなくてしおれてもまた元気になるけれど、 熱風でちりちりにしおれた葉っぱはもう元にはもどらないみたいです。そんな様子を窓から見ていても、ほとんど何もできないとつらくなります。 今日は風がやんで、雨もやんで、石川県はいいお天気でした。

5月1日 今日はとても風の強い一日でした。空気も乾いているし、山火事が心配です。 近くの田んぼはみんな田植えが終わっていました。今日お散歩にみんなで行ったら、あとは手で植える分だけと田んぼにいるかたが教えて下さいました。

98/06/01〜98/06/30

過去の日記目次へ

メニューへ