約束の感想をいただきました。ありがとうございます。

くまだちゃん

『宇宙の約束』を読んでいたときに、私が涙したシーンを、かっこちゃんが話しているのを聞いていると、また涙がこぼれて…。

その一つ。『祈り』に関すること。

うちの娘ルカは自閉症です。最近自閉症だとわかりました。
それまでは・・・使いたくない言葉だけど『知恵遅れ』とか…人に説明するときには、そんな言葉を使っていました。
障害を持つ人が身近にいないような相手に、ルカのことを伝えたいと思えば、専門的だったり、ソフトな表現だと、なかなか伝わりにくい…まだまだ世の中はそんなです。
症状名がつかなくて、表しようがなかったのです。『軽度発達遅滞』とか、『境界線の子ども』とかいっていました。←ね、わかりにくいでしょう?

このルカが、幼い頃から、ひもやハンカチが大好きで、よく独り遊びをしていたのです。
手に巻きつけて、ほどいて。また巻きつけて、ほどいて・・・。
それを延々と続けるのです。
パール・バックの『大地』の中に、知的な障害を持つ娘さんが出てきて、ハンカチで遊ぶシーンがあります。
まだルカが幼くて、障害があるのかどうかということがはっきりとわからなかった頃・・・でも他の子どもとは違うと思って、もしかして障害児?と不安だった頃、その箇所を読んだとき・・・『ルカと一緒だ、ルカは知恵遅れなのだ』と思いました。そして泣きました。

ハンカチは、いつの頃かひもになりました。
長い長いひも、3メートルくらいあるひもを机の上に渦巻き状に置きます。端っこは机からたらします。
そのひもの渦巻きを右手で持って、左手でグルグルとたぐって、渦巻きを動かすのです。

いつまでもいつまでも、ぐるぐる、ぐるぐる、同じことを繰り返し繰り返ししています。
そのことを私達は『ひも遊び』と呼んでいます。
20歳になった今では、ルカにも、そんなことをしている人は自分の回りにはいなくて、これは特別のことだ、人が不思議に思うことだと知っています。
だから家にいるときしかしません。またひもは、ルカにとっては特別のひもですから、いつでも持っていたいけど、仕事や学校には持って行きません。本当は、いつでも手に取れるところに仕舞っておきたいのです。持っていっても大丈夫というときには、ちゃんとポケットに入っています。

ある日、私は、ルカにきいてみました。
『ルカ、どうして、ひも遊びするの?』って。するとルカは、
『心が落ち着くから』と答えました。さらに、
『癒されるから』とも。
そういえば、よく思い出してみると、学校から帰宅した後とか、私から叱られたりしたときとか、そんなときに、ひもを手繰っているような気がします。

なんでもないときにも手繰っているのですが…。手持ちぶたさが不安なときもありますから。

かっこちゃんの話に戻ります。
かっこちゃんが気づいたこと。
かっこちゃんのお友だちが、ぴょんぴょんしているのは、アフリカの人たちが神様に祈るときの踊りのぴょんぴょんみたいだし、身体を前後にゆすっているのは、嘆きの壁の前で祈っている人々の姿に似てます。ひもやハンカチをぐるぐる巻きつけているのは、マニ車を回して祈る姿に似ています。
そして、ひもをたぐるのは、仏教の人が数珠を、キリスト教の人がロザリオの数珠のような玉を…たぐる姿に似ていると。

かっこちゃんは、子どもたちは、私たちから見ると、不思議な行動をしているけど、実は祈っているのではないかと話していました。

かっこちゃんが、そのお話をしたとき、ルカがひもをたぐる姿を思い出しました。ルカのひもの渦巻きは、銀河系の渦巻きに似ています。

ルカや、かっこちゃんのお友だちには、宗教の経典のような…難しいことは理解するのが難しいかもしれません。
分厚い本・聖書とか経典など読むことが難しいし、お話をじっときいているのが苦手だったりもします。

だけど、実は、かっこちゃんのお友だちやルカのような人たちは、純粋に神様とつながることができて、だからこそ、身体をゆすったり、はねたり、たぐったりしているのではないか…。

あの不思議な姿は、『祈り』なのではないかと、かっこちゃんはいうのです。

私も、ああ、そうなんだと思って、そう思ったら、涙が後から後からこぼれてしまいました。

『バカだ』とか『邪魔だ』とか『なんのために生まれてきたの?』といわれたり・・・『お母さん、どうして私をこんなふうに産んだの?』とルカからいわれたことがあります・・・自分でもそう感じて苦しんでいる、障害を持ち生まれた子どもたちもいます。
彼らは、『なにしてるの!恥ずかしいからやめて!』といわれるような、こんな不思議な行動をしていますが・・・実は、そんなことをいって苦しめる人たちのためにも、この世界のためにも、この星のためにも、祈っているのかもしれません。

ルカのように、悲しい気持ち・不安な気持ち、怒りをどうしていいかわからないとき、気持ちを落ち着けるために、不思議な動きをしているかなぁと思うと・・・
『どうぞ、私を悲しませないで』
『私を不安にしないで』
『私に辛い思いをさせないで』・・・と、言葉なき言葉がきこえてくるように、私には思えます。
『私の不安を鎮めてください』『私を安心させてください』・・・って。


かっこちゃんの本に、アンデス地方の遺跡から出てきた六本指の…障害を持つ人が、大切にされていたというお話がありますが、

知的な障害を持つ人が、無心に自分たちや世界のために祈っているということを、昔の人は知っていて、だから大切にされていたのでは?
と、私は思いました。

言葉がなく、知恵がなく、だから生きるための算段・工夫ができなくて、お金がなく、人に騙され…下げずまれ・・・貧しくて・・・

どうして、この世界はそんな世界なのでしょうか。
世界中のみんなが、お互いにやさしくて、尊重しあって、分け合って暮らすことができれば・・・
いろんな悲しいことは起こらないでしょう。

障害を持つ人たちが、しあわせになるとき、世界中の人たちがしあわせになるのではないでしょうか。
障害を持つ人たちは、私たちと神様とをつないでいて、何がしあわせなのか、どんな世界がしあわせなのかを、知らせてくれているのかもしれません。
障害を持つ人だけでなく、病気に苦しむ人も。

いろんなものを持たない、彼らは、神様に愛されている人たち。
だって、神様の一番近くにいるのですから。
だから、いつも『祈って』いるのでしょう。神様とともに。
『私が不安な世界でなくなりますように』
『私が悲しい世界でなくなりますように』
それは・・・
私たちみんなが、しあわせになりますように、ということと同じ。

かっこちゃんのやさしい声に導かれながら、そんな思いをめぐらせていました。


追記、『悲しいとき』『つらいとき』だけでなく、
『きもちいいなぁ〜』『たのしいなぁ』というときにも、ゆらゆらしたりしている姿を見かけます。
そのときは、神様に『いま、しあわせなの』とお話しているのかもしれませんね。そんなことも思います。

hanaさん


今日、『約束』の本が入荷してる予感がして、本屋さんに寄りました。なんてラッキーでしょうか!
今、届いたところだとのこと。
二冊の予約でしたが、手にして表紙を見たら、友達の顔が浮かび、ためらいもなく四冊購入しました。

早速一気に読みました。素敵な写真と理解しやすい心訳、またかわいい四つ葉ちゃんにも癒されました。
最近、気分が落ち込むことが、多かったのですが、読み終えたら、涙ぐんでいて、胸の痛みが軽くなり、ほんわかと温かくなりました。

忘れないでね 大切なのは 心の目と心の耳をすますこと そして自分を信じること

さあ明日へ歩きだそう 大切なのは 心の目と心の耳をすますこと そして自分を信じること

これからの私のそばにいつも置いて、きっと何度も読み返したくなるでしょう。 重みのある本を、安価で発行して下さって、本当にありがとうございます。

紅葉さん

楽しみにしていた"約束”、読ませていただきました。
読んでいると、文も写真もゆっくりと心にしみてジーンときました。優しい穏やかな気持ちになれました。ありがとうございます。

<すべてのことはいつもいつもいつかのいい日のためにある>
この言葉を心にしっかりとめて、勇気と感謝をもって生きていきたいと思いました。
つらい時悲しい時そして楽しい時にも、何度も何度も読み返したいと思います。
素敵な本、ありがとうございました。
 


 よしみさんから
 
『約束』読ませて頂きました。

写真がとってもきれいです☆
写真と詩とが、ふわ〜っと一体になって
心の中にスーッと入ってくる感じがしました。
以前から般若心経には何か惹かれるものがあって
関心があり、かっこちゃんの本の中でよく紹介されている柳澤桂子さんが
般若心経を訳された書籍で、般若心経の意味が少し解った様な
気がしていたのですが、かっこちゃんの心訳はもっと心に近い感じが
しました。かっこちゃんの心訳でさらに宗教的ではなく、
宇宙の一部として自分を受け入れればいいんだなという
気持ちになれて嬉しくなりました。
心配になった時や、不安になった時
また、嬉しい時や楽しい時にもその瞬間を噛み締めるために
読み直したくなると思います。
自然に囲まれた静かな空間で、じっくりと味わいながら
何度も読みたいです。
かっこちゃんに出会えたことで柳澤さんや村上和雄さんの
書籍とも出会えて、自分を見直すきっかけを与えてもらえた事に
感謝します。ありがとうございます。
これからも優しくて暖かくて強い気持ちを見習いたいです。


気楽さんから

いままで多くの方の般若心経に対する解釈を学んできましたけどkakkoさんの解釈は超優れものです。特に若いひとびとに素直に受け入れられるだろうということがとても嬉しいです。般若心経には霊力があるといわれてますね。これから多くのひとがこれに接することで日本は素晴らしい国になると思います。