(にしゅじんしん) 2002年11月 第3回 今月の言葉                   

二種深信

 法(ほう)の深信(じんしん)・機(き)の深信(じんしん)、あわせて二種深信と言います。
  @法の深信とは・・・・・・生かされていることに気づくこと
  A機の深信とは・・・・・・生かされていることに気づかない自分に気づくことです。

 
人間は、太陽・空気・水、それに他の生物の命の犠牲なしには生きられません。つまり、 これらによって生かされているということは、宗教というものを離れた事実です。
 このことを気づかせようと、お釈迦様は苦労されたようですが、浄土教は、生かされている ことに気づかない自分というものにスポットをあてています。
 自分は大したものだと考え、自分は独力で生きていると力(りき)む自分というものを徹底して 見つめます。
(参考・・・井上信一先生<親鸞研究の第1人者>)

 さて、私は「二種深信」を自分自身のために、下記のように勝手な解釈をしています。
 @の「法の深信」とは、「自己成長」し、「成熟した人間」、つまり「立派な人間」になること。
 Aの「機の深信」とは、自分の「未熟さ」に気づくこと。
 
「自己成長」したい、「成熟した人間」になりたいと思いながら、私(藤森)は、相も変わらず「未熟な自分」に気づいて、恥ずかしさに、身の置き所が無い思いをすることが多いです。

 そういうとき、
「自分の未熟さ」に気づくのは、「機の深信だ!」と思えたとき、痛んだ胸のうちがいくらかでも癒される思いがします。
 せめて、「立派な人間」になれなくても、「恥ずかしい自分・未熟な自分」に気づける自分でありたいと私は念願しています。

  このことを活用して、私は次のように定義しています。
   
@正常な人とは・・・・自分の異常性を認識している人のことで、
   
A異常な人とは・・・・自分は正常であると思っている人のことである、と。

(文責:藤森弘司)

言葉TOPへ

サイトTOPへ