真言宗豊山派


『おくの細道』 米倉 兌 墨彩画 法圓寺展のインデックス

2003年03月25
奉納 米倉 兌 先生 墨彩画 『奥の細道』 常設展示
漂白(序章)
離別(旅立)
痩骨(草加)
室の八嶋
清質(仏五左衛門)
日光山詣
裏見の滝
那須野行
黒羽滞留
雲厳寺詣
殺生岩・遊行柳
白川の関
かげ沼
須賀川
 隠栖
花かつみ(あさか山)
もぢ摺の石(しのぶの里)
堕涙碑(佐藤庄司が旧跡)
貧家(飯塚)
捨身(桑折・大木戸)
 実方(笠島)
武隈の松
風流(宮城野
十苻の菅菰
古人の心(壺の碑)
末の松山
奥浄瑠璃
勇義忠孝(塩竃)
松嶋逍遥
草の庵
 妙なる心地
 瑞巌寺詣
石巻彷徨
高舘覧古(平泉)
二堂開帳
封人の家(尿前の関)
高山森々
富める者(尾花沢)
立石寺詣
芦角一声
最上川下り
 山頂順礼(羽黒)
鶴岡と酒田
象潟逍遥
北陸道(越後路)
遊女(一振)
 有磯海(那古の浦)
一笑追善(金沢)
小松
真盛
那谷寺詣
貞室(山中
隻鴨
禅堂(全昌寺)
吉崎逍遥(汐越の松)
北枝(天竜寺)
永平寺詣
夕顔のとぼそ(等栽)
名月行(敦賀)
 種浜逍遥
蘇生(大垣)
米倉 兌  履歴


戻る