第6回 パソコン画作品展 in 大村  国立長崎医療センター 2008. 4.10 - 6. 3


  ポスター 期待

会場となった 国立長崎医療センターは高級ホテルかと思えるぐらいの立派な建物でした。
うわ〜こんな所でやっても良いのかという期待感と不安感が入り交じった中でのセッティング。
もちろん外見だけでなく内部もホテル感覚。逆に看護師さんの白衣に違和感を感じたりした。
そして10階にあるギャラリーが、これまた良い雰囲気で向かえてくれた。

展示1 展示2 展示3 展示4 展示5

 今回は月をテーマに創作活動をされており、「月の美術館」館長であるヤマサキユズルさんの紹介での作品展でした。
それも約2ヶ月という長い期間の展示です。更に立派な会場とテンションも上がりました。

    展示6   展示7   展示8   展示9

 そして、この作品展では「改めての思い」を心に刻みつけてくれたのです。
今回の企画として置いた感想BOX。
感想を書いて貰い投票箱のように入れて貰ったわけですが、そこには数々の思い、
それも病院という場所柄、自分の病気や家族への思い。子供達の「凄い!」と書いてくれたストレートな思い。
そのどれもが生死の狭間だったり、闘病生活だったりするのを、
私の絵を見ることで癒されたり元気が出たり、中には「もう少し頑張ってみます」と書いてくれている。
私自身が今まで漠然と描いていた部分があった絵に、
これだけ喜んでくれる人がいる事に感激で一杯になったのです。
「改めての思い」とは絵を続けていこうと思い直したこと、そんな活動の意味を教えて貰った作品展でした
 

戻る


 第6回  国立長崎医療センター 2008. 4.10 - 6. 3 
出品リスト

総出品数 30点  

大村公園05 2005, 6,30

浮き輪いらないの? 2005, 7,30

路面電車の風景 2005, 9, 30

馬込教会 2005, 11, 23

春が来た! 2006, 3,29

銀河併走 2006, 5,24

1984夏 2006, 7,10

深堀街角 2006, 9,30

香焼の海 2006, 8,27

鬼木の棚田 2006,10,17

香焼教会 2006,11,24

クマノミとシロイルカ 2007, 1,11

平和の祈り 2005, 7,10

雨のち虹 2005, 8,26

雪の朝 2004, 9, 7

カフェ&レストラン 2007,2,24

佐世保の港 2007,3,15

平戸大橋 2007,4,30

普賢岳 2007.6.16

水辺の森公園 2007. 7.15

雲仙地獄07 2007, 8,14

路面電車の走る街U 2007, 9,11

九十九島夕日 2007, 10, 8

浦上天主堂07 2007, 11,27

子年の一枚 2007,12,29

雲仙・ロープウェイ 2008, 1,31

黄昏〜平成新山 2008, 2,27

私の住んでいる街 2006, 9, 3

関わり合う力 2006,11, 1

飛翔 2007, 5,17

戻る