長崎県医療社会事業協会

飛翔 2007, 5,17
飛翔
医療社会事業協会の機関誌の
表紙に描いた絵です
テーマは「飛翔」
花もあれば敵もいる
一度、高く飛び上がることで
それを確認し
更には別の世界へのステップとする
飛翔とは自分の位置を
確認するためにも大事な事
高く飛び上がっただけでは意味がない


明日への光 2009, 4,11
明日への光
本年度の医療社会事業協会の
機関誌の表紙に描いた絵です
テーマは「明日への光」
展望した未来に間違いはないか?
時には大きな軌道修正や
常識を越えた冒険を
強いられる可能性もあるでしょう。
その試練を越えたところで見えてくる
光こそが、
明日への道しるべとなる


出島飛ぶ! 2004. 5. 5
出島飛ぶ!
長崎県医療社会事業協会
の機関誌の表紙にと描いた絵です
テーマが「長崎がはばたくイメージ」で
だったので
何を羽ばたかせようかと悩んだ末に
日本の情報発信と受信の拠点だった出島
出島=長崎
今再び、長崎からはばたく・飛び立つ事、
発信(発進)するをイメージ
と言う事で出島に飛んで貰いました


支えあう 2005. 4.18
支え合う
医療社会事業協会の協会誌に表紙として描いた絵
テーマ「支えあう」
イルカは弱い仲間を助ける習性があるという
群れで支えあうイルカと長崎の新シンボル女神大橋
橋も様々な部品が支えあって成り立っている







変革 2006. 6. 4
変革
テーマ「変革」左側
蝶ほど劇的な変化をするものはないと思う
社会がシステムから変わろうという時代
蝶のような華麗なる変化をしなくては
明日は見えてこないのかもしれない







未来へ 2010. 5.16
未来へ
テーマ「未来へ」
 朝日が昇りくる。
その光の中で時代は次の世代へと託されようとしている。
新しい時代、未来へ向けての希望として、
卵が無事に生まれ育つことを願って
優しく、力強く、目覚めたばかりの太陽が照らしている。
長崎県医療社会事業協会





展望 2008. 3.23
展望
 テーマ「展望」
展望とは遠くを見ると言うこと、
それは景色を眺めて楽しむだけではない。
未来を見据えて計画を練る。
それには自分がどこにいるのか認識する事。
それが分かっていなければ
未来はぼやけて見えてこない。




作品INDEX へのお戻りはこちらですへろ乃助