網焼(全種類)

味噌・粕は、箸や手でこそぎ落とすか水道水で洗い流し、中火でじっくり焼いてください。
味噌や粕の焼ける匂いが、食欲をそそります。


フライパン焼き(全種類)

バター又はサラダ油を熱し、焦がさないように弱火から中火でじっくりと焼いて下さい。
レモンなどを添えると風味がいちだんと増します。


竜田揚げ(全種類)

味噌や粕は水道水で洗い流し、食べやすい大きさに切り、片栗粉をまぶし余分な粉をはらってから、熱した油で焦げないように揚げます。
千切りのキャベツやその他の野菜と一緒に盛り合わせるとボリュームも栄養も満点です。
またお弁当のおかずにも重宝です。
片栗粉の代わりに小麦粉をまぶすと唐揚げ風に、パン粉で衣をつけるとフライができます。


ホイル焼き(粕漬)

約30センチ四方のアルミホイルの上に、刻んだ季節の野菜を敷き、その上に洗って一口大に切ったまぐろ漬を(特に粕漬がおすすめです)並べてバターを適量落とします。
お好みで塩・こしょうをかけ、アルミホイルで全体を包み込んでオーブン又はオーブントースターで火が通るまで焼きます。
そのままお皿にのせると、豪華なおかずの一品に、また召し上がる前にレモンをかけると、さっぱりとした洋風の味に仕上がります。