田んぼ 2004
12月中旬 来年の肥料づくり
秋のうちに(もうすっかり冬になってしいまったが))田んぼにワラとコメヌカを入れ一度耕耘しておきます。そうすると田んぼの微生物がコメヌカを食いながらワラを分解し来年の春にはめでたく稲の栄養分が出来上がる。はずなんですが、どうなることやら....
とりあえず、稲わらカッター(ワラを切りながら飛ばすどうぐ)を借りてきてワラを田んぼに播いてみました。
冬の田んぼ。水溜りは全部氷。
氷は思ったより厚く、ワラカッターの運搬車のキャタピラーが乗っても氷は割れず。
ワラカッター。ワラを細かく砕いて撒き散らしてくれます。田んぼが凍ってるのでぬからず作業は思ったより楽だったのであります。
3時間弱でワラまき作業終了。
田んぼ1面切りわらで覆われました。
●田んぼにワラまき