芝生に寝ころんでなんか考えたりするのは、楽しいよね〜〜
でなきゃ退屈な証拠のどっちか、だ・・・
というわけで

life is wonderful..........or, boring.


ここでは、ぐ〜たらしながら考えたり思いついたりした「なんか」を、書いとこっと。
べつに忘れちゃってもいいんだけどね・・・
また同じコト、最初から考えるのもムダだしね・・・
今朝見たユメとか、覚えてる? おととい見たユメは?
去年の今日は、なにしてたんだっけ?
ま、忘れちゃったほうがいいことも、いろいろあるかもね(笑)


過去のコンテンツを別ページにしました
誰も見ないでしょうけど、内容は次の通りです。

2001〜2002
家庭学習とはなにか?//シンクロニシティ//第三次コルホーズ生産計画の概要//
1/29の敗因//プラハ国立歌劇場アイーダ公演//半月の夜(子供の用語集ひさびさ)//
ザリガニ的生活のすすめ//第三次コルホーズ生産計画の概要//
2月の旅足摺・四万十の旅//2月の旅博多の旅
2000年代
11月の旅 箱根の旅//10月の旅 恐山の旅//リゴレット〜ミラノ・スカラ座公演!//
9月の旅 盛岡の旅//月食の夜・・(子供の用語集 番外)//間違いだらけの家庭菜園//
6月の旅 北茨城の旅//第一次コルホーズ生産計画の概要//
シティ・ボーイス・ライヴ「ウルトラシオシオハイミナール」
//
コワい夢と夢のような現実
//「悪霊」を読む//ある1ヶ月半の食事のすべて
1900年代
12月の旅 沖縄の旅・ロングバージョン//達成感のないワタシ・・//
金魚のおそうしき(子供の用語集 番外)//7月の旅 ハワイの旅・ロングバージョン//
6月の旅 会津の旅//水上バス@東京湾//葉桜井の頭公園//
子供の用語集(ぱあとすりー)//本当にあったコワイ話//
「予報が外れる」とはどういうことか?(子供の用語集 番外)//
アーサーランサムに関するあれこれ・・//指輪物語、久々に読破!//
1月の旅 大阪の旅//かたつむりの運命はいかに?//子供の用語集(ぱあとつー)//
冬の風物詩(今は昔・・)//12月の旅 鴨川の旅//
子供の用語集(ぱあとわん)//10月の旅 釜石の旅//大人になってから行くプラネタリウム






12月の旅 蔦温泉の旅

なんかここのコーナーを読み返したら、最近まともに書いたのはほとんど温泉のことばかりであるな。。。そもそもサイト自体更新してるのは温泉のことばかり・・まるでlife is onsenて感じだ。
と痛感したのはいいが、またしても温泉に行ってきましたよ〜好きだね〜〜

今回はなんと「蔦温泉」である!八甲田山中、十和田湖のちょい北東に位置する秘湯である!
なぜ、なんと「蔦温泉」!なのか?といえば、実はわたしはここ四半世紀くらいもの間、この温泉にあこがれていたのであるよ・・というのも中学生の頃に読んだ小林秀雄の、その名も「蔦温泉」という文章にミョ〜に心惹かれてしまっていたからなのだ。
角川文庫の「私の人生観」という本所収だから興味のある人は読んでみてね〜

ちなみにこの文章、小林秀雄にしてはわずか3枚程度の短いヤッツケ仕事?で、書き出しは「ここでは雨ばかり降っている」と来て「酒を飲む気も起こらぬ。こんなところで酔っぱらう馬鹿もない」と続き、食用カエルがぎちぎち鳴いて、「このあたりは言葉が通じない」仕舞いにゃ「ああ、もう眠くなった」で終わる(笑)。小林秀雄がここ蔦温泉でいかに退屈したのか分かるというものだ。
というか、わたしが宿の主なら「てめーナニしに来たんだ!」と怒鳴りつけたくなるくらい怠惰な悪態まじりの、ひどい文章なんである(笑)。
わたしはこれを読んで以来、蔦温泉たぁいったいどーゆートコだ?興味津々!
なので行ってきましたよん。下に書いた「黄金崎不老不死温泉」の時と同様、テレビ局の番組取材立会である。レッキとした大事な仕事、もちろん出張ですよん♪

着いたと思ったら、そこはいきなり自衛隊の駐屯地と化している・・
なに、越冬行軍だかなんだかの訓練で、入り口の広場には野営地が出来ているのだ。ちいと風情がないよなあ、そこいらじゅうが軍用トラックとテントばっかり・・と思いつつもここはあこがれの地「蔦温泉」。局の人と一緒に、先に着いていたスタッフさんたちが撮影してる現場を見にいく。仕事仕事!!
それから、ざんぶりざぶざぶ湯に入る。仕事仕事??
意外とクセがないお湯だ。ヒバ張りの底からナマの「こなれてない」源泉が湯玉まじりにぼこりヒタヒタ湧いてくる。よいね、よいね!あったまる〜〜
で部屋に帰ってごろりんこ。今回、会社からはわたし一人の対応だ。例の温泉マニアも遅刻マニアも不老不死で同行した同僚もいない、わたしだけ。みいんなわたしに譲ってくれたのだよ、感謝感謝? それともべつにわざわざ同行する必要もない、局の皆さんに任せておけばよい、とゆーことだったのかな? だとしたらわたしのココでの仕事とはなんだ? わたしがココにいる、とゆーことのレゾンデートルがぐらぐら揺らぎ持病のメニエルまで出てああ、眩暈がする・・泊まる部屋ときたら十畳間に一人。わお!ちいと寂しいじゃないですか、高島礼子か深田恭子でも連れてくれば良かったな〜・・とか思いつつ本でも広げてつい、うとうと・・

メシは、不老不死温泉の巨大盛大これでもかっ!という量ほどではない、至極常識的な一人前。イワナの塩焼き、鴨ナベ、八甲田牛の石焼きに刺身に山菜・・。小林秀雄が書いたように食用カエルは出てこない。
いやそもそもここで小林の名は禁句、ご法度みたいなんである。宿の案内書に深田久弥とかの名前はあるが小林のコの字も出てこない。それよりなにより、あの明治の流行作家、当時の若者に彼の作品を読まない者はいなかったとさえ言われている有名な大町桂月が、ここではスーパースターなのである・・ところで、おおまちけいげつ、って誰? 
不勉強なわたしは、全然知らん。四国は高知出身で若くして流行作家となり、晩年、十和田の地を愛して蔦温泉に移り住んだとかいうらしい。戒名がふるってる。「清文院桂月鉄脚居士」。なんともはや、死してなお自己顕示欲の固まりみたいな戒名だな(笑)。なにしろ生前、自分でつけたそうである(爆)。おまけに自分の名前を読み込んだ「大町の桂の井戸の水を清みさやかにやどる秋の夜の月」とかいう歌もある。これで恥ずかしくないのはさすが明治の流行作家、前時代の文士!というべきなのであろ〜

ところで晩飯時には例によって、最近収録したその他の温泉の撮影ビデオも見せてもらう。
某温泉地で気のいいおじさんが「温泉まで案内してあげる」とばかりにやたら喋りまくりながら街なかを練り歩き、目指す温泉までなかなかたどりつかなかったりする。
そうかと思えば、ヨソの温泉では、湯殿に肩まで浸かりつつちいとポーズをつけたまま、ご当地温泉の魅力を切々と語ってくれてはいるが顔は次第に紅潮し、汗みどろ、もう爆発寸前、我慢の限度を超えつつある!とゆー、のぼせ寸前のおじさんもいる。これには、ちょいと体調不全のわたしもついついクスクス笑ってしまう。
で、また深夜3時頃にはこそこそ起き出して風呂だよ風呂。だ〜れもいない。蔦温泉、泉響の湯、独り占めである〜

翌日はまた撮影。
例の大町の桂月が鉄脚居士になるため息を引き取った部屋とか、急斜面に立つ木造本館を連結している由緒正しい急階段とかの撮影だ。それからおもむろに近所の蔦沼へ。
あたりは積雪10センチ、長靴借りてのお散歩だ。蔦沼、さびしいよ〜。これが夏ならきっと深緑のブナ森に覆われて神秘的霊験あらたかにも思われるはずの静かな沼だが、周囲はすっかり葉が落ちて、ささくれだったハダカ木ばかり・・しかも雪のせいで見渡す限りモノクロ世界。一応、家庭も円満だし仕事に特に悩みもないわたしではあるが、こんなところに来るとついつい世をはかなんでしまいたくなるよな、哀しく侘びしい沈黙の沼。事実、この沼にはナントカ姫が身投げしたとかいう伝説ばかりが残っているらしいのだ・・
しかし小林秀雄に言わせればこの沼も「人口塗料めいた感心しない色彩」だというから始末におえない。小林がこれを書いたのは昭和11年8月2日。夏に来ればそういうことになるのかもね。わたしが見た真冬の蔦沼は、なかば凍り付き、なかば微風にさざ波を立て、シラジラとした急斜面に囲まれていかにも因業深そうな、なんとも陰気な沼ではあった・・・
因業深き男と沼

しかし!こんな秘湯にも東京から日帰り観光客がドッと押し寄せる。
この日は観光バス2台がドーンと到着し、一号車さんは先にメシ、二号車さんは先に風呂、あとで入れ違いに風呂とメシ。総勢80人からの団体さんだ。旅館も係り総出のてんやわんや。
しかし・・日帰りだってぇ?日帰りかあ・・小林文章を読んで以来、行きたいな行きたいな〜と思い続けてきたわたしのこの四半世紀はいったいナンだったんだ?(笑)
そんなこんなで帰路に就きつつ車中でまたしても小林秀雄を拾い読み。
酒をかっくらいツマミぼりぼり。
「ああもう眠くなった」てなもので念願の蔦温泉行はめでたく終わったのでありました〜





行楽の秋は温泉3発


行楽の秋は温泉3発・まずは一発目、伊東である

この秋、一発目はまず手近なところで伊東である。家族旅行。
敬老の日を交えた3連休だが、お宿の都合で金曜の夕方に東京を出発。まずお姉ちゃんをガッコまで迎えに行き、そのまま愛車で東名をピュ〜厚木から小田原へ、そして熱海を通って伊東へ・・平日だからスキスキ。
いつだったかは大渋滞で小田原を抜けるだけで3時間かかったもんだ。

チビ、ワクワク! 彼は間違いなく2歳の時、これから行く宿に泊まったことがあるのだよ。わずか4年前のことである・・
しかしまるで記憶されていない・・というかそれ以来我が家は温泉といえば街なかの日帰りスパハウスしか行ったことがないので彼は「温泉に泊まる」ということがどういうことかワカランのだ。
脱衣場に布団敷いて寝るの?とか、つい思い浮かべてしまうんである。わたしが「今夜は温泉に泊まるぞ!」と言った途端、彼は叫んだね、「えーっ温泉て泊まってもいいのぉ??」(笑)
しかし彼の夢はデカイ。温泉どころではない。なんと「世界2周旅行」(笑)
本人いわく「たくさんパンツ持っていかなきゃ・・」


由緒ただしい温泉の泊まり方といえば、まず着いて入浴、晩飯食べて入浴、寝る前に入浴、夜中に起き出して入浴、そして朝飯前にまた入浴、と一泊で都合5回は入るものだ。
加えるに、その都度ビールを飲むことが好ましい。
しかも晩飯には特食つけてお銚子つけて、うーん満腹満腹・・
そんなこんなでクチぃハラをピンポンパンと卓球してこなすのだよ(笑)


で、伊東じゃそのとおりやってきた。
特食がまた見事な船盛ドドーンに加えてサザエの壺焼き、さらにカニ。
そうでなくとも一人ずつ刺身の小鉢に海老グラタン、煮物に焼き物がつく。予約を入れたときにはお宿の人が驚いたらしいよ・・
「オトナ二人、お子さま二人でこのご注文ですと、ちょっと・・」
相当に多すぎる、絶対に食べ残す、もったいない!とゆーことらしい。なに、お宿は我が家の恐るべき食欲、刺身に賭ける執念を知らんのだ。
というわけで完食完食。船盛なんか大根のツマしか残らん。カニだってアシの先しか残らん。
サザエなんかカラしか残らん。普通は残るはずのフタは子供たちの宝物になっちゃった(笑)

実はわたしはこの伊東のお宿で命拾いしたことがある。
ここのお宿にいつか泊まったときのことだ。例によって、わたしが5回目の朝風呂から出てふーいビールビール!などと朝食の準備に賑わう食堂へ出てみるとテレビには、なんか見たことのあるよな風景が映し出されていて、あり?? こりゃ普段ならこの時間にいるはずの霞が関じゃんかよ・・
と思って眺めていたら、そこにはパトカーに救急車に消防車・・

つまり例のサリン事件の当日、わたしはこのお宿にいて、嗚呼!助かった!
ここにいなかったら霞が関駅にいた・・今頃この世にいなかった・・まったく命拾いである。
おかげでわたしにはしばらくアリバイがなかったのではあるがね・・そういう思い出深いお宿なのでだが今月いっぱいでなんと廃業(涙)
しっかり風呂に入り特食を食べ卓球をし、ついでに人生についても考えつつお宿にお別れしてまいりました〜
次回伊東に来る時はハトヤだぜ、三段逆スライド方式ってまだやってる?




行楽の秋は温泉3発・二発目は下風呂だ〜

続いてこの秋、二発目の温泉は例によって下北半島、下風呂温泉である。
レッキとした出張である。
ここ下風呂は、下に書いたとおりこの2月にも行っている。
あの時は、同行した同僚のせいで新幹線に乗り遅れたっけ・・実は今回もあの時と同じヤツとの二人出張である。しかし今回は羽田〜三沢の空の旅。乗り遅れるとあとがない時間厳守の空の旅。
三沢に着いて、呼んどいたタクシーの運ちゃんに、よろしく〜と言えば「ご予約いただいた○○様(←同僚)から電話で、飛行機に乗り遅れたとか・・」
ア〜ホなヤツめ!(笑)道理で羽田でも三沢で姿を見ないわけである。
しかし心が宇宙のように広い博愛主義者のわたしには人間どもが時々犯すささいなミスなどミスではない。ただのネタだ(笑)
そこで一人、中型タクシーに乗り込んでの下北半島縦断2時間ドライヴ。

この日、下風呂のご当地では、とある温泉マニア(これまた元同僚)がメンバーになっている温泉フェチイベント??があったのだね。
それに参加するつもりが、さすがに日曜日で早くから出かけられず実際には終了直後に滑り込みではあった・・
温泉マニアの皆さま方は「イカ様レース、見に行きましょう!」
下北名物のイカが水槽トラックを泳ぎ回るレースである。わくわく!
うふふ。来たな〜これが下北のノリである。

しかし水槽トラックの置いてあるところにイカがいない!どして?聞けば、なんと、わたしのお宿、まるほん旅館さんに出しちゃったとか。今日の泊まり客の夕飯に出すとかいうことで・・
まるほんのおかみさんが慌てて飛んできて、どうもすいません〜
いいっすいいっす。わたしのお腹に入るってわけでしょ〜〜?大歓迎だよ。
でもハラんなかでレースするなよ!(笑)くすぐったいからな(爆)!

イカ様レースは見られなかったが、イベントにはもうひとつ特典がある。
参加者にはイベントで使う特製タオルが配られ、それを見せると開催地「下風呂温泉」の共同浴場、旅館・ホテルの内湯すべてが無料で入りたい放題になるのだ。
まあこれが目当てで今回わずか30分で終わる仕事を入れたわたしである。
航空代に車船賃に宿泊代がすべて会社持ち。
月給泥棒たるもの、このくらいの芸当がないと勤まらん(爆)
いや、仕事熱心なあまり、会議は月曜日なのだがついつい日曜日から出かけてしまったというのが正しいな。
地方の村が熱心に開催している行事を視察し参加することだって大事な大事なわたしの仕事なんである。

早速わたしはタオルを持って3軒、温泉をハシゴ(笑)。
タオルは可愛いイカちゃんイラストつき。
まずは共同浴場の「大湯」。いきなり熱い湯に入るとからだじゅうパキーン!生き返る。
昨日はチビの幼稚園最後の運動会で、小学二年生と見まがう体格の彼をタイヤレースで引きずり、抱え上げ、的にパンチさせてまた引きずるという荒技をこなしたカラダに下風呂の湯は実によく効く・・ここの湯は下にも書いたようにイオウ臭く塩辛い、ちょっとほかに類を見ない泉質。

ぷはあ・・・「大湯」を出た勢いで今度は「さつき荘」へ。
例の温泉マニアが、ここは入るべし、と教えてくれたのだがタオル持って「ちわ〜」と扉を開けたら、なんと泊まり客なしだとか。
ま、日曜日だしな・・。しかし親切なおかみさんが、消えてる電気を次々につけて奧へ奧へと案内してくれる。まるで先々の将来がパッと明るくなっていくかのように風呂場へと案内してくれる。
最後は裸電球で、おかみさんの手が届かずわたしが自分でつけた(笑)
ここのお湯は日によって湯質が変わるのだとかマニアは言っていたがわたしゃ一見さん。よくわからん。
しかし風情は良い。実に良い。石垣みたいな壁が良い。窓を開けるといい〜風が入ってくるな・・

まるほん旅館に戻ってビールビール。同僚はまだ着かぬ。
そこでちいと本を読んだり昔の原稿にお手入れなどしつつゴロゴロしてるとなんか涼しい・・さすがに9月も末だ。
またぞろ風呂でも入ろうかな〜と思ってるうちにやっと同僚到着。
「すいません〜」
全然かまわんよ。慣れてるよ。予想通りだよ。そんなことよりメシだよメシ! イカイカ! 刺身に煮付け、最高にイキが良いっす。そりゃそーだよな。レースに出るよなサラブレッドイカである。
おおウニウニ! すんごいな〜甘くてとろける。ウニ様レースなんて、やらないのかな? 動いた方が負けってことで(笑)
むつの煮付け・・マグロ、ホタテ、刺身三昧〜さらに鍋!おおカニカニ! カニ様レースは? 前に歩いたら勝ちってことで(笑)
どうせ同僚相手だからそれぞれ勝手に手酌。つーか、わたしゃ湯上がりにビール飲んじゃったんで日本酒をロックで。おねーさんに説明するのにちいと手間どった。
こっちじゃ日本酒をロックじゃ飲まないのかな?

不思議とここのお湯はわたしによく効く。
いや普段のアングラ、エログロを洗い流してくれるわけではない。
しかし普段の会社生活をすっかり洗い流してくれるんである。仕事、忘れる。
いんやーもう充分にツカったよ〜とばかりにザンブリ湯殿から出て上がり湯を浴びてタオルで拭いて、さあイコか・・と湯殿を見やるとついつい、気がついたらいつの間にか、またツカってる・・という感じ。なかなか風呂から出られない。おそるべし下風呂温泉!
しかもよーーーく寝られる。リラックス効果抜群。出張? 忘れる。
いんやーいいところだな〜またくるからね〜いや、いつまでもいたいな〜

しかし翌日は、ま、ちょっとだけ現実に戻らねばね。
起きてすぐ風呂。朝飯に活イカ&イクラちゃんどかどか!またタクシー。
え、仕事? 打ち合わせです。30分ぴったりで終了ですよ。相手には口封じのため、ひさうちみちお画伯の絶版名作「白鳥の湖」を貸す。あ、もうそろそろ昼だ・・さようなら〜まったねぇ〜〜 と、たちまちタクシーで蕎麦屋に向かう。
隣り村に出来た新しい蕎麦屋で田舎風の出汁に野菜掻き揚げ。
うまい・・けど、ちいと熱すぎるかな・・ふーふー
ハラはくちいが、まだ帰るわけではない。
今度は日本一深い温泉、という触れ込みの六ヶ所温泉を目指す!わくわく!
日本一深いとゆーのは、湧いているところが深いのであって、べつに湯殿が水深20メートルとかいうわけではないのだがね・・。

しかし・・なかなか行き着かない。思いのほか道中で時間を食う。
下北半島は80キロで飛ばしたって、広くて遠い・・
六ヶ所温泉に着いたはいいが、野辺地で特急に乗り込む時間までギリギリしか残っていない!
ええーどして? このまま帰るの? 目の前に日本一深い温泉があるのにぃ!
しかし今回は出張である。つまり旅費が出る。つまり自腹は切りたくない。ということは特急に乗り遅れるのはちいとイヤだっしぃ、なんてこと!
「まったく!!お前が遅刻したから遅れたじゃんかよ〜」
ついつい同僚に悪態をつく。しかし同僚いわく「でででも・・遅刻したのは昨日のことですよぉ」(笑)
てなわけで心残りはあるものの、ようやく帰路につかんとするギロであった。
と、同時に次の出張先も決まったわけであった・・
無論、六ヶ所温泉である。ああ待ち遠しい・・



行楽の秋は温泉3発・極めつけに不老不死温泉!


しかし、六ヶ所温泉へ行く前にもひとつ温泉に行かねばならぬ忙しいわたしであった。ほ〜んと、わたしの仕事ってハードだわ・・
今回の温泉、どこかといえば泣く子も黙る「黄金崎不老不死温泉」・・
これも出張である。某テレビ局の番組製作に立ち合う必要が個人的にニワカに生じてきたのである。

黄金崎といえば秋田と青森の県境。世界遺産で名高い白神山地の西の麓。
面しているのはもちろん日本海である・・
青森には非常にしばしば出かけるわたしではあるが、実は青森市より西はまったくの初めて。迎えてくれるのは恥じらい多き処女地であった・・のでワクワク! 中年の危機に起因する日ごろの欝病不眠なんのその気がつくと五能線〜奥羽本線の「リゾートしらかみ」に乗車していた。

同行するのは上に書いた遅刻マニアの彼とはまたべつの同僚氏。
ちなみにいつも一緒に悪巧みを働いている温泉マニアはクルマで来るので今回は夕方になってから合流。それまでわたしと同僚氏は列車の旅。
「リゾートしらかみ」なんて名前だけあって、列車の窓がでかいでかい。
車掌さんが「左手に見えるのは日本一太いイチョウの木です〜」とか「右手は珍しい景観、千畳敷の海岸です〜」とか放送してくれる。
あちこち紅葉。岩山ごろごろ。磯に波が打ち寄せる。
しらかみ君は観光列車。津軽三味線まで車内に流れるという大サービス。
これじゃあ、こっちがどんなに気張ったところで出張気分は消え失せる・・仕方ないですよね。同僚氏と左右にひらけた一面のリンゴ畑を眺めつつついつい車窓とビールとツマミを楽しんでしまう・・・。
仕方ないなあ・・うふふふ。

と、思ったら、夕陽だ夕陽!
日本海に沈むオレンジ色の憎いやつ!!
わたしは関東地方で生まれ育ったので、朝日は海から上がるもの夕陽は山に沈むもの、というのが常識なのではあるが、しかしここは日本海。夕陽は海の向こうの北朝鮮に沈むんである・・
今日これから泊まる不老不死温泉は海岸へりに露天風呂があって夕陽を眺めながら露天に浸かるのが最高の贅沢なのだ。
だが、もうすでに日が暮れかかっているではないか!!日没が早すぎる!
急げ! しらかみ君! 走れ走れ! 快速だろお前!!
しかしのったらのったら(笑)。
単線なのですれ違うために駅で10分も停車。おおーどんどんと日が暮れていくではないかぁぁぁぁぁっ!

まるでモンティパイソンのスペイン宗教裁判エンディングのノリである。
急げ急げ急げ!あああ間にあわねぇや! もう気が気でない。しかしウェスパ椿山の駅には旅館のバスがお出迎え。一緒に乗り合わせたおばちゃんたちが「もっと早く着いていればねぇ」とかボヤいているのをシリメにわたしは密かにベルトをはずす。
まだ日は落ちていない。まだ間に合う! 着いたらすぐに露天だ!
ベルトにつづきこっそりネクタイも外しにかかる・・・
宿に着くとテレビ局の人が迎えてくれて、入りますか?と聞いてくれるから、おおーもちろん、もちろんっすよ! さっとその場で全裸に!(爆)

間に合ったぜ!ふうううい!
赤紫色に雲が輝き渡る180度の絶景、壮絶な落陽である。
日本海は七色に染まり真紅の血潮がどくどく噴き出す・・のではなくじんわ〜りゆるゆる、真っ赤に輝く。静かだな〜
海に沈む巨大な太陽。壮大なる天地創造、大地と天空の合体、その神秘!
それを波打ち際も間近な荒磯の露天風呂に浸かりながら眺めるなんざ最高だ。湯加減もゆるゆる最高だ。
いんやー来て良かった良かった。おそるべし不老不死温泉!

局の人はすでにあらかた映像を撮ってしまっていたが、明日朝一番にまた撮る、ということでその晩は早速メシだ。
一人に一匹、カニがつく。
これは二人ついた「元お嬢さん」たちより高得点!
局の人が昼間撮影してきた酸ヶ湯や白神山地の映像を見せてくれる。いんやー紅葉シーズンだし、美しいね〜これまた二人ついた「元お嬢さん」たちより高得点!(爆)
遅れて到着した例の温泉マニアもメシには合流。
あれこれバカ話をしつつ温泉話に関してのみ、さすが深い造詣を披露してくれる。
刺身は中型船盛。巨大サザエ。アワビ! 粒ウニまぶしの活イカ!とてもとても食べきれないや・・
なにしろエビフライだって二本つき、合間に煮麺仕立てのつるつるワカメ。
夕陽に間に合ったわたしは自慢話で遅刻してきた温泉マニアを悔しがらせる・・

で、いんやー腹一杯。それならまた風呂だよ(笑)
深夜の真っ暗闇のなか、温泉マニアとふたりでまた海岸ぺりの露天へ。ほんと、真っ暗闇である。
いつザザッと潜水艦が浮上して拉致工作員が出てくるか気が気でないな(笑)
波頭が白い。ざぶんざぶん。まるで松竹映画開幕のごとし!
湯のなかで温泉マニアと中年の危機ならびに北朝鮮問題について議論する。
その結論はこうである「すばらしいっすね、この風呂は」。
おそるべし不老不死温泉!

翌日は、6時半には旅館内湯の大浴場と展望露天に入る。岬になっているのでとにかく眺めが最高だ。眼下に日本海。ざぶりざぶり。
朝飯は団体旅行客が雲散霧消してからスジコを山盛り、鮭にナメコ。目玉焼きにサラダにみそ汁、二膳飯。食べ過ぎだ。
撮影予定の8時半にふたたび海岸の露天へ下りていく。
これが仕事である。撮影立会いなのである。

しかし局の方々は思案顔。せっかくの撮影なのにこの時間では誰も風呂に
入っていない。絵にならない。困ったな。
「いや、どーしてもと仰るなら、仕方ないすね〜これも仕事だし〜」というわけでわたしと温泉マニアは、またまた全裸&風呂(笑)
カメラの前でケツを出すのは慣れてるから楽しいもんだし(爆)さすがに元・男優の血が騒ぐ(爆)
もっとも出たのは自作自演のエログロ映画のみなんだが・・
ハチマキ・ギロ

撮影も済んでチェックアウト。しかしまだ時間がある。
ので、今度はちかくの「みちのく温泉」に立ち寄ってしまう・・ここは露天風呂と目と鼻の先に昨日乗った奥羽本線が走るのだ。ならやることひとつしかないよ。
そろそろ青森行きの「リゾートしらかみ」君が通るはず。
あのでっかい車窓が目に浮かぶ。
それなら露天から丸出しで挨拶してあげようじゃんか・・
来た来た来た来た! がたんごとん!
で、諸手をあげてご挨拶(笑)露出好きの血が騒ぐな〜(爆)

いいえ、温泉マニアと露出好きとはイコールではない、と温泉マニアはなにを思ったか急に真面目くさって説明する。
ニアイコールではあるかもしれないがイコールではない、とか蘊蓄垂れ流す。そんなことはどうでも良いのだ。
それなら服着たまま風呂に入るメッシー好きだってイコールではないがニアイコールではないのかね? 反論したくなるわたしである。
しかしここは「みちのく温泉」。
さすがにフェチ談義も遠慮したくなるくらい、まったりした温泉だ。ここは100%天然温泉とのことで泉質抜群。熱いが軟らかい。

日本一でかい水車とかいうのをちいと探検しつつ温泉マニアと別れてわたしと同僚氏は陸路、秋田をめざす。帰りは新幹線こまちである。
東京まで7時間かあ、遠いな〜うとうと・・
さすがに湯に浸かりすぎてもう脱力まったり、睡魔が血中アルコール濃度をさらに高める。うとうと・・・

白神山地の紅葉を眺めつつ、うとうと・・
能代じゃ駅のホームで坊主頭の高校生がなぜかダッシュしている。バスケで名高い例の高校の生徒さんたちですかね?
秋田美人の予備軍ちゃんたちもいる。かわゆいね〜うとうと・・・
さすがに米どころ。一面黄金色の田圃に刈り取りの済んだ藁の束。機関車やえもんを思い出すな・・うとうと・・・
ははあ八郎潟だな・・おや田沢湖あたり?小岩井農場かな・・紅葉に赤く滲みて、しらじらと霧もたなびく奥羽山中をうとうと・・次の出張が楽しみですなあ。うふふふふ。うとうと・・
これ、夢かなあ・・
夢ぢゃないよなあ・・うふふふ。うとうと・・うとうと・・・酔生夢死の人生に温泉巡りは麻薬である!そして次回の出張は、蔦温泉だあっ!!




和モノっていいですね!



ここのところ結膜炎に肺炎とヤマイがつづき、
ちいと沙汰ヤミになってはいたが
またぞろ怪しげなところへの出入り、激しい。
というわけで肺炎の原因となった新宿某所にお仲間とまた出入り。
しかしなかなか時間が合わず要時間調整必至。
なのでとりいそぎ単身、明智ライヴに滑り込む・・・
しかし仕事も一緒に持ち込む。

仕事ゆうたかてべつにメシのタネになってるわけでないよ。
春に書いたささやかなメルマガ小説をイタリアで翻訳してもらったんで
その原稿チェック! とゆーだけの話なのだが
これにわたしにゃ仕事以上の熱意を持ってあたってる、とゆーだけの話。
実を言うと、そのくらい激しい熱意をもって原稿にあたらないと
ナニが書いてあるかさっぱり分からんのだ・・
自分が書いた小説なのにぃ(笑)
以前書いた夢野久作の紹介文なんて、実はほとんど分からんかった・・
長短2バージョンあるのだが短い方を掲載してくれた
某サイトはすでにないみたい。
長い方は雑誌メディアなので割愛・・

しかし!
分からないとはいえミョ〜に細部にこだわるのがわたしの癖。
拙文を丁寧に訳してくれる翻訳者様にはミョ〜にコマメに注文をだし
なんと「マグロ女」に関する注釈までつけてもらっちゃった!
これは日本語の素晴らしさをイタリア人に知らしめる絶好の機会!
はからずも国際文化交流に一役買ってしまったよ。

ところで明智ライヴの開演前には某自縛嬢に
ワタクシ監修の<ソドムの市>DVDをあげて
そういやこのDVDはSPOが発売元。
そしてここはLPO。
あと欲しいのはMPOか? などと一人つぶやき一人ゲラゲラ笑う。
ところでMPOってなんだろな? なんだろ? わからん(笑)
とりあえずミディアムサイズのPOということだな〜〜なるほど・・
などと一人で納得しているうちに明智ライヴ。はじまりはじまり!

でも細部省略・・
ライヴならではの緊迫感に満ち満ちていたとだけはご報告。
面白かったのは長唄with三味線とのコラボだったという点。
いや〜和モノっていーですね!
そこでわたしゃ翌週、即刻「尺八」購入を決意。
ま、場所とらんしね。
渋谷の街角で虚無僧やるなんてカッコイイしさ・・
35リットルのポリバケツかぶった虚無僧さ!

いや〜和モノっていーですね!
なんのことやら・・
後遺症つづく。
そのあとやっとお仲間と合流してからもなぜか
ひたすら「和モノ」にこだわるわたしであった。
実は洋ピン関係者によるオフミではあったのだが(笑)




入院記録「ハイエンジャー通信」号外



いんやーまいった。まいりまちた〜
肺炎で入院したのである。sars? いえいえ旧型肺炎。
よく言う通り風邪こじらせてってやつ。
疲れが原因?
確かにここんとこ出張が続いてたからな〜〜激務と過労だな〜〜
ていうか出張ついでの温泉に浸かりすぎたのかしらん?(笑)

実は5月の連休中、例によってヘンなところにちょいと顔出して
ヘンテコな運動会? ゲラゲラ女相撲? いつものフェチネタを見て風邪ひいて、
ノドはガビガビ、声はガラガラ、咳もゲホゲホ
しかし土日月を潰して某温泉地方に出張したのである。
温泉3連泊。仕事だよ。激務でしょ?
が、いい風呂ではあった・・
けっこう旨いもんも食べた・・
で、いよいよ帰りましょ、と新幹線に乗ったらあらららら!
カラダがすんげぇダルい。湯当たりか? おかしいな〜
前日からかなり調子が下り坂だったんで、まずいな〜
と思いつつウトウト・・ウトウト・・ウトウト・・
あきらかに、微熱ゆえのウトウトである。
意識、さまよう・・

帰宅して体温はかったら38度6分。あらら!
翌日は39度。ふーふー! 出張前に町医者に行ってたんで
手元にクスリはある。
しかしなぜか全然きかない。去年は効いたのに!
熱は下がらず、咳が止まらない。いよいよダメか。
翌日、会社には出るつもりで病院に寄ったら診察結果はなんと肺炎・・!

お医者「最近、香港とか、行ってないですよねぇあはははは〜」
わたし「えー。台湾屋台で一杯やりましたけど」
お医者「あは〜ははは〜」
緊張感のない診察である。

お医者もまさか日本人sars患者第一号を自分が発見するなんて
ユメにも思っていないというノンキな調子。危機管理意識が足りんよ〜
しかし、即刻入院を命じられる。
下にも書いたとおりこの一月末には
わたしは結膜炎で二週間休めと言われている。
またですかい? わくわく! どうせ人生あんまし楽しくないからな〜
それならちいとのんびりさせてもらいましょか〜

いんや最初は結構、ツラかったのであるよ。ホントある。つらかった。
咳は止まらないし熱は下がらないし食事もノドを通らないし
三食昼寝つきだしテレビは見たい放題だし看護婦さんは可愛いし・・

病室は二人部屋。隣りには結構なご老人が病床に。
そこに毎日毎日、老妻が見舞いに来る。
なかなか、仲むつまじい似合いの老夫婦だ。
こっちの気が狂うほど仲むつまじい(笑)
老妻「おとうさん、お茶いれてきますよ」
老夫「んああ。これ。これに注ぎだしてくれ」
老妻「はいはい」
老夫「たくさん入れると熱すぎますから」
老妻「熱すぎると飲めないでっしねぇ、どれ、どっこいしょ」
老夫「少しでいいからね」
老妻「はいはい。少し、少し、と・・」
こんな中身のない会話を延々と延々と延々と続けているのだ・・

こっちは39度からの熱でふ〜ふ〜言ってるのに
この小津的会話の畳みかけはなんつーか、カンに触る、
っつーか耳にはいると気がヘンになってくる〜!
なので、おっちゃん! 早く退院してくれよぉ〜とばかり念じていたら
なんと三日後には退院しちゃったよ。よかったね。
彼の健康回復にわたしは一役買ったのかな?

彼の健康回復とともに、わたしも次第に快復。
やっぱまだ若いしな〜と自覚(笑)。
朝晩の点滴と投薬でメキメキ元気に。
看護婦さんのエキスも吸ってメキメキ!
pcが使えたので、メルマガ読者にアホな闘病記を送りまくる。
それが題して「ハイエンジャー通信」。

実は、ここにそのまま再録しようかと思ったのだが、
あまりのバカバカしさに、再録はちいと気が引けるな・・
内容は喫煙への断ちがたき熱き血潮のほとばしりとか、
白衣のスケバン天使妄想とか(笑)
外出時にみかけた街なかのハードボイルドシーンとか・・
いちいち書くのもちいと気が引けるくらいバカバカしいな。ちっ

ところで職場の上司&先輩が迅速なお見舞いに。
モロゾフのゼリー&ムースの差し入れ。わお!ありがたや〜
続いて懇意の某同業者もお見舞いに。
千疋屋のフルーツ瓶詰6本セット! わぁお!大感激〜
貧弱な食生活とはまったく相容れない超豪華なデザート攻撃〜

続いて女房子供がお見舞いに。
念願のCD差し入れ。the whoにマーラーにバッハのマタイ受難曲!
マタイ受難曲なんて、入院でもしてなきゃ全曲通しで聞けないよね。
マーラーも1、4、9番をバンバン聞いて感涙・・
ここまでは良かった・・
実に良かった・・
そのうち異常事態となる。

ある日の見舞客がすごかった・・
某アングラ劇団の女優。なに、飲み友達である。
お見舞いありがとね。ご親切に。
ほんとにありがとね。でも頼むから
看護婦さんコスプレして見舞いに来るのはやめてくれ(笑)。
それで「きゃあああっ!かかか患者さんがぁぁっ!」
とか喚きながら自分でストッキング破って病室から飛び出すのは
もっとやめてくれ(爆)
「611号室の患者さん、そろそろ危ないのよぉ」とか
かかっていない電話で電話するフリくらいなら許すぜ〜

女優だけあって演技力はバッチリ。しかし常識ゼロ(笑)
差し入れも、ありがとね。
五島勉の「ノストラダムス」と中島らもの「人格の不一致」
とかいう本・・たのちかったよ。
でも古本屋で三冊で100円だったって、わざわざ言わなくてもいいからね・・
ついでに聞くけど、残りの一冊はどうしたの?

やがてエロ出版社のお茶汲み隊長兼有能事務員から
モノ凄い差し入れが宅急便で届く。
なんと自社で出してるエロ雑誌ドカドカ! 新刊ばかり。
あいにく彼女は写ってないみたい?・・それはともかく
看護婦さんが抜き打ち出入りする病室で、いったいどうやって見るんだよ!!
しかも届いたのは明日には退院という絶妙なタイミング・・
おいおいどーする? 始末に困るよ〜
看護婦さんにあげればいいのか? 
看護婦さん、読むかな? でもきっとオレなんかより詳しいよね(爆)
ま、とにかくありがとね。
おかげさまで、白衣に透ける下着フェチから
即物的なエロの世界にすんなりソフトランディングできました。
いやテイクオフというべきなのか?(笑)

さて。
入院は結局10日間におよび、その間、外出が三回許可された・・
病院の近所に旨くて安いコーヒー&スパゲッティ屋さんを発見し
外出許可が出ると連日通い詰め。うまかったな〜
外出となるとちょいとさすがに緊張する。
シャバではナニが起こるか分からない。派手な交通事故を目撃したり
ラジオの街頭インタビューなんてのにも遭遇した。

うーむ。外出って刺激的だな〜。わくわく!
手首から点滴のゴムパイプをぷらぷらさげての外出。
なかなかカッコいい。サイボーグみたい・・
ふふふオレはターミネーターだぜ!
これでフェチバーなんか行ったらモテるだろな・・
「あんらギロしゃん、サイケなストローさげてどーちたの? 吸っていい?」
で、そのままチュ〜とかね(笑)

ところで明日は退院という日、実は娘の学校で運動会であった。
こっそりまた外出許可をとって見に行ったよ。ふふふ。
家族全員、驚く。病院にいるはずなのに!!
わあ!とかいってあわててる。
女房すかさず「お弁当、ないわよっ!」
しっかりコンビニでお昼を買って、入院した時に着てたスーツ姿で
颯爽と広い校庭に肺炎患者が登場すれば、ま、たいてい驚くわな(笑)
わたしはヒトのイヒョ〜をついて喜ばせるのがナニより好きな性格である。
しかし病人にしてはちいと疲れる性格ではあるな(笑)

ま、最初の二三日を除けば至極楽ちんだった入院生活。
このホテル、もとい病院にはサンルーフとかいうものがあって
屋上に出られるようになっている。
ここから見た大都会東京の夜景はなかなか見応えがあった。
歌舞伎町からは夜空に煌々とめくるめく光線が放たれていた!
看護婦さんたちも次々に新顔ちゃんが登場してくれて、
まあなんてこの店は、もとい病院は、品揃えがいいのかしらね〜って感じ(爆)
居心地よいこと、このうえない。。。。。

しかしギロは行かねばならぬ。
世界がワタシを待っている! いないか。
ハタケの野菜は待ってるだろな。
あと、多少の妄想がプリントアウトしてくれとせがんでる。
なので、居心地は良かったものの
今回は10日で一応、出てまいりました〜〜



長年の謎がとけまして・・



今朝は長年の謎が解けて満足満足・・
毎朝おねえちゃんをバス停まで送っていく途中の家で
いっつも朝から筋力トレーニングしてるおじさんがいるんだよ。
トシは50絡みで色黒で精悍な感じ。
そんな彼が毎朝ダンベルもったり踏み台昇降したり。
家の前の路地でタッタタッタとダッシュしたり。

もっとすごいのは、自分ちのブロック塀に両手両脚かけて
カエルポーズのまんまへばりついてたり(笑)
女房によると昼間もそんなトレーニングしてるらしい・・
なんで?そんなにカラダ鍛えてナニすんの?

「あの人の職業はなにか?」
これが我が家では長年の謎であった・・
ちなみに彼はかなりスリムな体型で短髪。
トシに似合わず端正なカラダつき。
さすがに日頃のトレーニングの成果が出ている。

おねえちゃんは「リストラ会社員」・・
おいおい、それって職業ですかい?(笑)
次の仕事がみつかるまで暇つぶしにカラダを鍛えてるらしい。

女房は「宅配便配達人」・・
重たい荷物も運べるように筋力アップに努めているらしい。
踏み台昇降はエレベーターなしのマンションでは有利だ。

わたしは「登山家」・・
なにしろブロック塀のすきまに手足をかけて爪先で
カエルポーズのまましばらく静止してるなんて
ロッククライマーじゃんか。

ところが今日という今日、謎が解けたのだ・・
いつもトレーニングしてるはずの時間なのに
今日に限って彼は颯爽と家から飛び出しツツツッと
わたしとお姉ちゃんの目の前を通り過ぎた。
あとに残るはつむじ風!その態度、キゼン!
わたしとお姉ちゃん、アゼン! 
直後、謎の氷解にゲラゲラにたにた笑い。
さあ、彼の職業はナンでしょう?

@警備会社の警備員
A人力車の車夫
Bペプシマンの中身



The kids are alright!


最近80年代ロック懐古趣味モードが流行ってるらしく
ナツメロCDが結構いい〜売れ行きらしい。
だが、わたしにしてみれば全然ナツメロではない・・
つい昨日のことにすぎぬ・・
ま、懐かしいこた懐かしいが、同時に、やたらに、波状攻撃で、
思い出したくないことも脳裏に噴出してきちゃうからな〜(笑)
なので、わたしにとってホント無邪気に「なつかし〜」
と言えるヤツを聞かないとココロが落ち着かぬ・・
あと10年くらい前ってわけ。
だからTHE WHOである。

ふ〜?
ま、詳しいこた省きましょう。
キリがないし。
「トミー」「さらば青春の光」で映画ファンにもお馴染み・・
のはず。なのかね?
ロックファンには知られていないこともお馴染みだな(笑)
そんなことないか。十年以上前のことだが
わたしゃキース・ムーン追悼ライヴに行ったことがある。
ライヴハウスじゃみいんなでジャンプして、そこいらにあるものを
手当たり次第にブチ壊していたっけ(爆)

キース・ムーンの死はリアルタイムで当時、姉貴が買っていた
ミュージックライフで知ったものだ〜
強烈だったのは、追悼グラビアと称してはいるが
彼のヘンタイ写真がバンバン載っていて
はああロックスターってこーゆーことしても許されるのかあ・・
ヘンタイさんは死んでもタイヘンなんだ〜(これバンド言葉?/爆)などと
幼いわたしは感激と羨望に満ちたまなざしで
キース・ムーンに憧れたものだよ(笑)
「僕はキースムーン・タイプのドラマーのなかじゃ世界一だ」
というキースの名言は死ぬまで忘れそうにない(笑)

そいや、自分たちの演奏の音がやたらバカデカイんで
ピートの耳が聞こえなくなった、とかゆう記事もMLで読んだっけ。
ベートーベンだって耳は不自由ではあった・・が彼の場合
音楽は確かに大きいが、べつに音がデカすぎたわけじゃない。
わたしゃピートの風車プレイとジャンプに憧れたものだ。
低音部を演奏してる時は両脚を揃えてヒザを曲げ
高音域になると開脚してジャンプする。
哲学者的な風貌がまたシブい。。。
空中1mで浮遊する哲学者はなかなかいないはずだ。

エントウィッスルは、なぜかジョンポールジョーンズと
ダブってしまったものだ・・なぜかな〜
顔なんか全然違うんだがベーシストってなんとなく
「不動のポジション」でびんびんびん、てやってるし。
ビル・ワイマンとかも、そーだったし。
もっとも矢沢永吉だってベースだったが・・
エントウィッスルはもともとギタリストだったんじゃないかな。
彼のベースはかなりメロディから来てるよね。
とゆーかリズムは二人に任せてノシ回る瞬間が延々と続くよね。

で、ロジャーはというと、どことなーくア〜ホな雰囲気(失礼!)
そこが良いのである。良いのであるよ・・なぜかな〜
あの角張ったアゴとクリっとした目と長い鼻のせいか??
目から鼻にヌケるア〜ホな雰囲気は他の追随を許さない・・
そういや青池保子の「エロイカ」一党はこれみな
ツェッペリンのメンバーで固められてはいるのだが、しかし
伯爵はどーみてもロバートプラントというよりはロジャーだよな〜
デビュー当時はウルトラかっこ良かったみたいなのに。。。
いんや今でも最高にかっこいーぜ。

で、最近、久しぶりに彼らのベスト盤を聞いてると
キースのドラミングを聞いてるだけのような錯覚にも陥る・・が
それはその他のパートがすでにしっかりアタマに入っているからだ。
キースのドラムだけは、わたしには絶対に記憶できない。
ピートのギターはすぐアタマに入る(これってすごいことですよ〜)
てなわけで
あまりにシンプルな3コードについついギターなんぞを持ちだして
近所迷惑かえりみずアンプにジャックを差し込んで
バーバオライリー♪とかを
ガーーーン!ガンガーーン!!と一緒にブチかましたりするわたしである。

オカズを入れ始めると、いくらでも入ってしまう(笑)
入れっぱなし。おなかいっぱい・・
なにしろわたしゃリッチー・ブラックモアにギター教わったもんね〜
いやホントはロビー・ロバートソンだが。
全然ちがうな(笑)
オカズの入れ方はジミヘンに教わった。
カッティングはキース・リチャーズに教わった。
おサルのカゴ屋はホイサッサ、のカッティングである。
しかし空中浮遊はピート・タウンゼントに教わったことで間違いない。

感激したのはThe kids are alright! である。
THE WHOの名曲中の名曲。泣ける・・
自室でCDガンガンかけまくり
ギターをさげて腕振り回し
ジャンプしたあげく空中1mの高さでピタリ!静止していると
子供たちがやってきて・・わお!パパ!タイヘン!!
救急車を呼ぶかわりに一緒になって踊り狂うではないか!(爆)
そのうちリコーダー持ちだしてきてピーピー♪ドタバタ
ピーピー♪ドタバタ〜〜
i don't mind!! どたばたどたばたどたばた(キースムーン・タイプ/笑)
that's fine!! ぴーぴー
sometimes!!!どたばたどたばた・・・
the kids're alright!!!!!!

いんや〜まったくもって我が家は(笑)
The kids are alright!



3月の旅 大阪の旅


最近バタバタ出張ばっかしていて
まっとうな市民生活ができていないのである。
センシュは某同業者を訪ねに大阪へ。
はあまた新幹線かよ・・
下に書いたとおり「はやて」のグリーンに乗り付けてるわたしは
「のぞみ」の指定じゃ狭い狭い!
ぼっけーとしながら一路、浪速を目指す・・

まあ打ち合わせは昼飯含みでも2時間くらいで終わりのチョロイもん。
同行したレンチュはそそくさと日帰りらしいが、わたしゃ
例によって社費で旧友と旧交を暖める・・
というか、そうなる場合に備えて帰りはオープンのまんまにする。

で、案の定、そうなった・・
相手は大学時代からの悪友で通称ドクター。
なんとロリコン大王かつ人肉マニア(笑)アブなすぎる!!
違う業界の人だが同じシュミの人である(笑)いやちがうって!(爆)
翌日会おうとゆーことになり、そいじゃ今夜はボケーとするか、と
心斎橋の夜をひとり八角メガネでカッポしてきた。

で翌日は休日なのだが、そのドクターと接触するや、やつは仕事ついでに
市内で開催されてる「水のエキスポ」に行きたいんで
ちいと付き合ってくれ、とのこと。
どうせヒマだしオッケーだ。
前回はわたしの希望で、大阪万博跡地に行ったもんだし。

で、行ってきたよ、「水のエキスポ」@インテックス大阪
なに、水質管理の会社とか、ペット入りの「おいしい水」関係の会社とか
浄化槽の会社とかが出店してる企業博覧会みたいなもんで
こっちでは幕張メッセでやるよーなやつ。
わたしゃあんまり興味ないのでコンパニオン鑑賞に努める(笑)
どっちかというと「お水のエキスポ」・・

コンパニオンちゃんたちは、やっぱテーマがテーマだけに
どこもみな圧倒的に白と青のコスチューム。
なかでも「積○化学」はよかった。スマートなボレロがついて
清潔感と訴求力ではダントツ。
「h○riba」もよかったな。なかなかーのスタイル抜群ギャル。
「フードハ○ス」はホットパンツでなおヨイヨイ!
全体に白と青でさわやか〜な雰囲気のなか、頑張っていたのは
「コカコーラ」。やっぱりマッカな紅一点。さすがだ!

などなどコンパニオンちゃん鑑賞をして回っていると
「試飲できまーす」とか言ってペットから紙コップにどぼどぼ
注いで薦めるくれるじゃないか。
「どうぞ!」 ぐびぐび。
「どうぞ!」 ぐびぐび。
「どうぞ!」 ぐびぐび。
そのうちハラ、たぽたぽ。
しかし「岡山県」の出展ブースじゃ地酒と焼酎の試飲。飲む飲む。
おかわりまでする(笑)
で、またハラたぽたぽ・・

駅に貼ってあった「ゆうちゃんのミュージック&風船ショー」のポスターに
なぜか胸トキメキ、ウトウトしつつもなんばに戻り
よからぬ話をしながらお好み焼きにビール。
「すじモダン焼き」&「海老入りネギ焼き」に舌鼓。
あたたかくうららかな春の日である。
相方はナニを思ったか
「セーターの上から分かる巨乳かな」などと一句ひねる(爆)
いー加減ハラいっぱい!いー気持ちになってバカ話が冴える冴える・・
お土産は「赤福」に「聖護院八つ橋」(カタイやつ)。
でーぇ夕方帰京。
これって一応、出張でした(笑)




2月の旅 下風呂(しもぶろ)温泉の旅


仕事柄、わたしは出張泊まりがけで青森県下北の温泉によく浸かる。
担当業務が入浴剤の研究開発なので、仕方ない。(笑)
で、こないだ行ってきました下風呂温泉。
いんや〜よかったよかった!

最近新幹線「はやて」が開通したので飛行機出張は激減。
企画切符を使えばちょいプラスでグリーン車に乗れる。
わお!重役気分!
ま、出張といえば会社員のノーミソはフル回転するものだ。
ノーマル運賃で申請して土壇場でスカイマークなんて序の口?
旅行社のやってる宿付き出張パックだって当たり前?
いいのかね?
でもまあ、せっかくの遠出だから好きなところに泊まりたいしね〜

ところで最近新幹線「はやて」が開通したので飛行機出張は激減。
企画切符を使えばちょいプラスでグリーン車に乗れる。
しかし陸路となると、道中長い長い!
もっとも飛行機ったって、羽田までの時間もかなりかかるし
待ち時間だってバカにならんし、機内は狭いし
スッチーは綺麗だし飲み物も出るしで良いことづくめであるが
旅情から言えば断然、列車の旅はいいもんだよね。
旅情=駅弁。
さすがに飛行機のなかで弁当食べてる人は少ない・・

とはいえ最近新幹線「はやて」が開通したので飛行機出張は激減。
企画切符を使えばちょいプラスでグリーン車に乗れる。
ただ一日に何本も出ているから「緊張感」がない。
わたしはちゃんと出発時刻を覚えていたのに、一緒に行くヤツが間違えて
それで一本遅いやつに乗るはめに・・
みどりの窓口で「発車時間過ぎちゃったんで次のやつに変えてよ〜」
と切符を出すと駅員いわく
「ああーホントはダメなんだけど乗って車掌に言ってください」
うーむ、どういうことだ?

乗ったもん勝ち!ってことかあ。なので乗る。いいのか?
全席指定なので、空いてる普通席にコソッと座る・・つもりが
丁度昼だし弁当は買っちゃったしで、そのまま堂々と昼飯。
そのうち上野についても乗ってこない。
大宮についても乗ってこない。
なあんだ、ちっ!
だんだん気が大きくなる。
でも本来ならグリーン車なんだから、ここはこだわりたい。
で、遅刻した同行者が責任をとって車掌に掛け合う。
車掌いわく「ほんとはダメなんですけど、なにかあったらその時は・・」
とかナントカいってグリーンおっけー!やったね!
どういうことなのかねぇこれ?

八戸まで三時間弱。うとうと。いっくら寝ても着かないや。
しかし東北本線から大湊線へと入っていくと
さすがにあたりは雪原。二月だし。ぶるぶるぶるぶる〜
と、下北駅でタクシーのお出迎え。
ちいと事務所に寄ってから、そこの連中とぴゅ〜〜っ
と下風呂温泉、まるほん旅館!いんや〜すんばらちい!
館内、廊下なんかにゃイオウの匂いがたちこめる。
早速フロだフロ!
下風呂というだけあって、フロは地下にある(笑)
もともと当地事務所の温泉フェチ男が「ここは是非是非!」と言ってくれて
それで決まった今回出張。てなわけで、いやこの温泉たるや最高!
硫黄分が強いのか、お湯が白い。
おまけにかなりしょっぱい。濃い濃い!
長時間入っていると、こりゃやばい。
浸透圧の関係で体内から水分が出ちまうぜ〜〜
だが温度も丁度いいし、地下におりてく雰囲気もいいし
普段なら閉所恐怖症のわたしも「いんや〜最高!」の連発。

それで料理がまたすごい!
アワビはバターソテーにナマの二種類。活イカ当たり前!
かに!刺身盛り合わせ!ます! 旬のナマコ!しかもアンコウ鍋までつく!
いんやー食いきれないよ〜〜
おまけに結膜炎を引きずるわたしは視力が乱れてメマイメマイ〜
ううーももぉハラいっぱいだあ、くくく苦しい〜目が回る〜
ひゅるるるるるるるるる・・・・
つまり最高に幸せな状態ってことだな(笑)

湯当たりを恐れていたのに、寝る前にまた入り、起きてからまた入り
いんやー最高に幸せな状態ってことだな(笑)
翌日の朝飯がまた、あっつあつのみそ汁に活イカ!いくらテンコ盛!
むつの粕漬けにイカの三升漬け。ううううまい。で二膳メシ。
仕事? そんなもん一時間で終わる。
当地の温泉フェチ男とその上司とあーだこーだ一時間話すだけ。
たった一時間の仕事のために往復6時間一泊費やして、ああ腹一杯。
なんたる出張だ。しかし温泉フェチ男の上司からは
「本社が来てくれたおかげでタダで酒が飲めて温泉に浸かれてありがたい」
とのお言葉。
こっちだって最高の温泉に浸かってありがたい!
もうわたし、定宿にいたします〜
早速、来月も行くぜ〜


結膜炎恐るべし!



最近、飲み会は続くはヘンな場所に出入りはするわ(笑)
出張すれば温泉に入るわ、しかも露天風呂が多いわ(笑)
なんだかコレで中年の危機を乗り切っていいのだろーかねぇ、とほほ
などと思いつつ相変わらずのフシダラ生活をしてたら
ななななんと、ひんどい結膜炎になっちまった・・・

ある晩、風呂に入っていたら突然おメメがカユカユして
それでグリグリしたのだね。
花粉症もあるわたしは、まさか!まだ1月なのに・・とか思いながら
後頭部をポンと叩いて目玉を取りだし、じゃぶじゃぶ水洗い。
あー気持ちいい〜
なんてしたくなるほどカユカユ。カユカユ。グリグリ・・
そしたら翌日、充血充血。両眼とも。なんかヤバいよ。
しかしその日は渋谷で中学時代のご学友と飲み会で
さらに翌日は銀座の某所で妖しい闇鍋大会(笑)。
発病三日目にしてやーっと眼科へ行ってみたら・・

「わっ!」
眼科医がいきなり飛び上がる。メガネとろうとしただけなのに。
「メっメガネ、そのヘンに置かないでくださいっ!」
診断はウィルス性結膜炎。
接触感染するらしく「会社を休め!」と言われ
「二週間自宅静養」の診断書までもらう。わお!ラッキーだ!(笑)
しかし当日予約しておいた歯科に即刻通報される。大病院は連携がいい・・。
おかげで歯科は診療拒否。まあ痛むわけじゃなかったからいいけどぉぉ。
「とにかくまっすぐ帰りなさい」
あらら、そんなにひどいの?? 
看護婦が消毒スプレーをもって、わたしの触ったあたりにシュッシュッ!

ホントにひどくなってきたのはそれから三日くらいしてからだな。
瞼のなかがゴロゴロする。ぶちぶち、小さいツブツブが出来て
瞼を開けても閉じてもいいいいいたい・・
あっかんべーするとマッカッカ! 目やにがすごくて目があかぬ。
白目全体が完全にマッカッカ。恐怖映画の特殊メイク?
そのうえ眼球表面はギザギザ、ガチガチ。ひび割れがはっきり見える。
ボロボロぼろぼろ、悲しくないのに涙涙涙・・
いたい!
こりゃ大変だ!! と思ったのはマッカな涙がボトリと流れ出た時だね。
ほんとの話だよ。涙、マッカッカだったんだよ。
こりゃまるで「奇跡のキリスト像」じゃねえか。
なんだ、ジーザスも結膜炎だったのか。二週間休めよ!

クスリは目薬二種類。1液2液って感じ。接着剤じゃあるまいし。
目が悪いと家にいてもつくづく間が持たない。
突然の長期休暇だが、ちっともラッキーでない。
パソコンもやってられんし、ビデオも見られないしで
わたしのシュミはいかにおメメに多くを負っているか、よおく分かったよ。
なので仕方なくピアノばっか弾く。
レイ・チャールズだのスティービー・ワンダーだの(笑)

一週間たってまた眼科へ。
そしたら今度は診察室にも入れてくれない。
お医者と看護婦が廊下にぞろぞろ出てきて、そこでそのまま診察。
なんか、急にエラくなったような錯覚にさえ陥るが
要するにただ、迷惑なヤツなのだな(笑)
「必ず治りますから、目薬、指し続けて下さい」とはお医者。
「はい、まっすぐ帰ってください」とは看護婦。

しかし視力に異変が。
周囲が明るすぎるのだ。角膜もやられたらしく全体に滲む。
角膜に白い斑点が出来て、そいつが光を乱反射させてるらしい。
世界と将来が明るいのはいいが、過ぎると滲んでボヤけてメマイがする。
家の中でサングラスがいる。ひどすぎる!
おまけに別件で近所の医者に行ったらそこの医者がイラ立った声で
「あんた酒のんでるんですか?」
おいおい。ひどいよぉぉぉ。。。
確かに大酒飲んでキレたよーな目だが。

この災難、なんで埋め合わせしてやるか!
思いついたのは、この際メガネを新しくすること。
なので早速近所のメガネ屋さんへ、試し掛けに行く(笑)
ごめんなさい。
常軌を逸していました。
盲目になるかとそればかり恐れて
最後の光を新しいメガネで見たいとばかり
そればかり思って近所のメガネ屋を4軒もハシゴ(爆)
自宅静養を命じられてるウイルス性結膜炎患者がメガネをかけまくる!

で、オリジナルデザインが出来るというお店で
店員の女の子がイヤがってるにも関わらず三十分ちかく粘り
あれこれとメガネデザインを試す試す。
ついに決めたのは金縁八角赤紫のキチ○イメガネだ(笑)。
家族には、お試し写真を見せた段階ですでに大不評(爆)。
「遊び用ですか?」と店員にも聞かれたが
いーや24時間対応だ。

で、問題の結膜炎は、なあるほど、2週間たったらぴたっと治った。
治ったというか、まあミテクレは元のいいオトコに戻った。
実は10日目くらいに一度会社に出てみたのだが、その時は
瞼も腫れ上がり赤目ギトギトで怪奇不気味ムード満点のいいオトコ。
休め休めの大合唱のうちに花束しょって退場・・
治って出たらキリリ眉毛に茶パツにフタエ瞼のいいオトコ。
ま、要するにミテクレは元に戻ったんだが
やっぱり昔のメガネでは視力がおかしい。
明るすぎる。ニジんでボヤける・・
けれどミテクレが元に戻ると、途端に回りは心配してくれなくなる(涙)
だがメマイがひどいのだね。
明るすぎてパソコンも長時間見ていられない。
夕方になると明るさはなくなるものの、その頃には視神経が疲れて
頭痛に来る・・・ううーむ。
そんな状態がかなり長いこと続いているんで
早くキ○ガイメガネが出来上がらないかしらん〜
と心待ちにしてたら、出来ました。やっと!3週間もかかったぞい!

てなわけで最近わたしは金縁八角赤紫メガネである。
オリジナルデザインで世界に一つしかない・・
周囲の反応が面白い。
初日。
職場で、まあ、正面に座っているから無視もできなかったんだろーが
正面に座っているK氏が、おっ変えましたね? とクールにご認識。
ま、そんな反応のみ。
その他、大概の人は気がついてはいるのだが、きっと
なんと反応していいのか分からなかったんだろー(笑)
笑っていいのか呆れていいのかホメていいのかケナしていいのか・・
2、3日は反応ナシで、そのうちおそるおそる某人妻社員が
「雰囲気変わりましたね〜」
そのうち若い衆が大胆にも「それ、花粉症対策用ですか?」(怒)
傑作だったのは某事業所から会議に来た人が会議の後で
はあはあ言いながらこうのたまわってくれたよ・・
「いんやーそのメガネが凄すぎて会議どころじゃなかったよっ!」(爆)

これらはすべて、結膜炎のせいである。
結膜炎、恐るべし!
しかし悪いことはできなくなっちゃった・・
もはやわたしの顔は小学生でも人相描きができるほどメガネが目立ってる・・
いんや悪いことする用に、前のメガネも大事にしてある(笑)



植物図鑑 二題

植物に話しかけてやるとよく育つ、というのは
科学的に実証されている。はずだ。
どうやって実験したのか分からぬが、多分、
研究者は観察対象植物を
一応「話せるヤツ」と「話せないヤツ」とに分けてみて
比較研究したのだね。
で、「話せるヤツ」と話し込んでいるうちに「まあ一杯やろか」てなことになり
ついつい一杯が二杯、二杯が三杯と進んでしまい
水をやりすぎたのだ(笑)

下にも書いたとおりわたしは家庭菜園なるものをやっていて
まあ何足もあるワラジのうちの一足が「マッド菜園ティスト」なものだから
植物の生長には非常に興味がある。というか
成長しないとお口に入らないからね。
しかし「大きくなったら食べてあげるからねぇ〜うふふ♪」
などと話しかけられて
大きくなりたいと思うヤツがいるのか?

さすがに畑にいる連中のいちいちに話しかけていると、
脇目で見ると異様。不気味である。
そういえば亡くなったオジが生前、たった一人の庭で、ぶつぶつ
ぶつぶつ、ぶつぶつ・・「お前もなあ・・」とかなんとか、ぶつぶつと
話していたらしい。
すわ痴呆かノイローゼかとオバはビビッたというが
なんと相手は「もぐら」だったという話。
わたしの場合、ノイローゼというより妄想ネタが多く
映画の感想なんかも話してやる。
痴呆ならぬ痴話ばかり(笑)

さすがに畑にいる連中のいちいちに話しかけていると、
聞き手が大勢、無学無教養な一般大衆なので
いわば「演説」ないし「講演」をせねばならない。だが
家のベランダで寝食ともにしている身近な連中は
「名前」をつけて呼びたくなるのが人情というものだ。


コレは娘の夏休み観察日記で大活躍したオクラ。
あのネバネバがイマイチ好きになれず滅多に食べぬが、見てるとかわいい
人呼んで「オクちゃん」(笑)
しかし密かにわたしは「奥様♪」などと。。
渋く低い声で。。
流し目したりして。。「ソヨとして気品がありますね。。ステキですね奥様」
あ〜すっかりホスト気分。。。
いい気になっているうちに二学期となり学校へ持っていくことになったのだが
鉢植えごと持っていくのは億劫、てなわけでなんと
ついた実だけがモガれちゃった。
モガれたこの「奥様♪」の悩ましげな先端の実がすうーっとのびて
未練がましくネバっこい汁が糸ひいてるところなんざ
うーむ(爆)


ちなみにコレは、プルチネルラ♪ちゃん。
下に書いた「1/29の敗因」のとおり、わたしが命名したゴムの木で
ご主人サマが最近の画像を送ってくれた。
ちなみにご主人サマは当時は、というか以前、某生保のセールスに来て
わたしに新商品のガン保険を説明しながら、
これならイっくらでも、ガンなりまくり〜でオッケーですよ!
と加入を勧めてくれた。
しかも彼女の上司の目の前で!
ヒクヒクしてる上司哀れ!(爆)実話である。
こういうことを毎日話しかけられてるプルチネルラ♪ちゃんはご覧の通り
金髪モヒカン鼻ピアスにタトゥーをいれて可愛いく立派にご成長。
うしろの雑誌にもバイトで出てるらしい(笑)




モンド・ギロテスコに戻る

 掲示板へ行く