「黒薔薇VS黒薔薇」1992年香港


ジェフ・ラウ監督 レオン・カーフェイ フォン・ボーボー マギー・シュウ

「これが面白いと言う人は、まあ、他人以上友達未満のおつきあいで勘弁してほしいな(笑)」
「わたしはちょっと、飽きた、途中で。そりゃおバカに徹するってことはすんごいことだけど、ちょっとねーもうちょっとバカのやりようがあったんじゃないかって(笑)」
バカを通り越して意味不明に陥る。しかも自己嫌悪に陥るっていうか、僕なんでこんなの見てるんだろ?って・・で、そうやって悩んでいる自分がキライになる(爆)これはそういう傑作です!」
「あはは、なんだかマゾヒスティックに楽しむ映画って感じね」
「それは言えてるな。とにかく全編、意味不明なんだよね、<ラ・マン>の足の指パロディとか、ほかの映画の数々のパロディ、それからベルを振るとカンフーの練習をしなきゃなんない、しかも最後まで(笑)っていうあたりのナンセンスさは、実はまだセンスがある方でね」
「ラウ監督のやつは<大英雄>でヤラれて以来、心構えがないと見ていられないの。でも今回はちょっとお手軽に作りすぎてるっていうか・・まあ何を言ってもむなしいわね。レオン・カーフェイが・・」
「カッコ良かった?(笑)」
「カッコいいよ彼。歌もうまいし(爆)。それに必ず出てくるミュージカルシーンがね・・・あーあ。むなしい・・」
「ひゃひゃひゃ、ほら自己嫌悪!」
「とにかく物語だけでもなぞってみると、脚本家の女の子がひょんなことから女盗賊の黒薔薇と間違えられて、彼女を追うギャングの一味から逃げ出したかと思うと、今度は本物の黒薔薇につかまってメイドにされちゃって、でも彼女に思いを寄せる刑事が出てきて・・でも刑事も黒薔薇につかまっちゃって、そしたら健忘症の黒薔薇はこの刑事を初恋の人だと勘違いして結婚までしようとして、そしたらギャング団が脚本家の女の子を見つけて・・黒薔薇のところに乗り込んできて・・刑事はこてんぱんにやられちゃって、でも・・健忘症の黒薔薇の健忘症が治ってギャング団をやっつけて・・晴れて刑事と脚本家の女の子は手に手を取って野原を駆けていくのよ!」
「のよ!って、うわごとみたいに言わないでよ。ところで女史、すんごい暗い顔だけど・・」
「脚本家の女の子の友達の人妻っていうのを忘れてたの・・ええと、彼女はギャング団に追いかけられているうちに脚本家のコとはぐれてギャング団に捕まっちゃって・・それでそれで・・えーとなんだったけ?」
「もうやめない?」
「やめよ・・思い出すだけで気が重くなるよ(笑)でもこれが香港で興行記録を塗り替えたってことは・・すごいことね」
「彼らは、違う世界の住人てことだね」
「それで他人以上友達未満てことね」(2000.7.15)


シネマ・ギロテスクに戻る