ザイフリボク

Amelanchier asiatica


落葉高木。樹皮は、灰褐色で浅く縦裂する。

葉は、互生し、倒卵形または長楕円形、鋭尖頭、基部は円形、低平細鋸歯がある。

葉柄は、長さ1−2cm、上面に狭い縦溝がある。

4−5月、開葉とともに、新枝の頂に開花する。

梨果は、10月に黒紫色に熟す。

温帯から暖帯に分布し、向陽の尾根筋などやや乾燥地に生ずる。

材は、小器具材になり、庭木として植えられる。

分布 本州(岩手以南)、四国、九州、対馬、済州島



広葉樹Uへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ