ヤマウルシ

Rhus tricocarpa


落葉小高木。樹皮は、淡灰褐色、傷つければ乳液が出て黒変する。

葉は、互生し、奇数羽状複葉、小葉は、全縁、鋭尖頭をもつ卵形。

温帯から暖帯の山地に普通に見られる。

材は、かんじきの材料などに使われる。若芽はあえ物として食べられる。

分布 北海道、本州、四国、九州、南千島、朝鮮、中国。


広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ