ヤマツツジ

Rhododendron Kaempferi


落葉低木。樹皮は、黒褐色で平滑。

葉は、互生、枝先に集まる。だ円形、卵状皮針形で、下面全体に毛がある。

夏葉は、春葉より小さく、越冬する。

4〜5月、新葉とともに赤色の花をつける。

温帯から暖帯の山地、丘陵に普通のツツジである。

庭木や園芸の原種に使われる。

分布 北海道、本州、四国、九州


広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ