ヤマグワ

Morus bombycis


落葉中高木。樹皮は、灰褐色で不規則に浅く縦裂する。

葉は、互生し、円状卵形、葉先は鋭く尖り、基部は浅い心形。

大きい歯牙状鋸歯がある。成葉の上面は、ざらつく。下面は多少毛がある。

花は、雌雄異株で、下垂した穂状花序、4−6月に開花する。

偽果は、6−7月に赤から黒色に熟し、食べられる。

温帯から暖帯にごく普通に分布し、養蚕用に広く植えられた。

材は、家具、指物、象眼細工、彫刻材に使用される。

分布 樺太、南千島、北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国。


広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ