ヤマビワ

Meliosma rigida


常緑中高木。樹皮は、灰色で平滑。

葉は、互生、枝端に集まる。革質で、倒皮針形。葉先は鋭頭で、全縁又は上半に粗鋸歯がある。葉下面は淡緑色で褐色毛を密生する。

葉柄は、1.5−3.5cm、基部は膨らみ、褐色毛を密生する。

5−6月に、新枝端に大型の円錐花序を頂生する。

石果は、11月黒紫色に熟す。

暖帯から亜熱帯に分布し、常緑照葉樹林に普通に見られるが、数量はあまり多くない。

材は、傘の柄、担ぎ棒、砂糖だる、ほだ木に使われる。

分布 本州(静岡以西)、四国、九州、琉球、台湾、中国、ヒマラヤ。



広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ