ウワミズザクラ

Prunus Grayana


落葉高木。樹皮は、紫黒色で平滑、光沢があり、切ると臭気がある。

葉は、互生し、草質で、卵状だ円形。

鋸歯は、鋭く尖り、最基部の左右2個は、みつ腺となる。

花は、4月、葉とともに開く。果は、8月ころ熟す。

暖帯の日当たりの良い谷間を好む。

材は、彫刻、家具、柄などに利用され、また、樹皮から染料を取る。果実の塩づけは、アンニンゴと呼ばれ売られる。

分布 北海道、本州、四国、九州



広葉樹Uへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ