ウスギヨウラク

Menziesia ciliicalyx


落葉低木。樹皮は、灰褐色、縦に浅く裂ける。

葉は、互生し、枝先に集まる。倒卵形、長さ2−3cm、 やや厚い膜質、辺縁に縁毛がある。

葉柄は、長さ2−4mm、上面に広い溝がある。

4〜6月、散形状に鐘状筒形の3−8花を咲かす。

さく果は、4mmほどの球形で秋に熟す。

温帯から暖帯の林下に生育する。

庭木として植えられる。

分布 本州(茨城以西)、四国(徳島、高知)


広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ