ウラジロモミ

Abies homolepis 


常緑大高木。樹皮は灰褐色で鱗状にはげる。

葉の先端は、円形または微凹形、葉裏には2列の気孔条があり、白い。

亜高山帯下部から温帯上部にかけ、一般に落葉広葉樹、コメツガと混生する。

材は、建築材、包装材、パルプ材として利用。

分布 本州(福島以南)、四国(小田深山まで)。


針葉樹へ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ