ウダイカンバ

Betula Maximowicziana


落葉大高木。樹皮は、黄褐色又は灰白色で紙状に横に剥離する。

葉は、大きく、不斎細鋸歯があり、葉裏は、帯黄緑色。

温帯山地の向陽肥沃地に生じる。

材は、家具、床板、パルプ、ベニヤなどに使用される。

分布 北海道、本州(北中部)、南千島。


広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ