ウバメガシ

Quercus phillyreoides


常緑小高木。樹皮は、暗灰色で浅く縦裂する。

葉は互生で、やや堅く小さい。

暖帯の沿岸に分布する。

近縁のコルクガシ(Q.Suber)からは、コルクを取る。庭園樹としても植えられる。

材は、炭材として重要。和歌山の備長炭は有名。

分布 本州(静岡以西)、四国、九州、琉球、中国



広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ