ツノハシバミ

Corylus Sieboldiana


落葉低木。樹皮は、淡灰褐色でほぼ平滑。

葉は、互生し、倒卵形で、急鋭尖頭をなす。

堅果は、9−10月に熟し、食べられる。(ヘイゼルナッツの類)

温帯山地に生ずるが、四国、九州には少なく、伊豆半島には分布しない。。

材の用途 杖、道具の柄

分布 北海道、本州、四国、九州、朝鮮。


広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ