ツバキ

Camellia japonica


常緑中高木。樹皮は、灰白色で平滑。

葉は、互生。厚い革質で光沢のある深緑色。

2〜4月、無柄の大形花を枝端につける。

日本の温帯を代表する樹種の一つ。多数の園芸品種がある。

材は、堅く、器具材、薪炭材などに利用。

分布 本州、四国、九州 、南朝鮮、中国



広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ