アカトドマツ

Abies sachaliensis


常緑の大高木。樹皮は、灰白色で多数の樹脂溜がある。

枝は、輪生し、水平に開出、円錐形の樹冠となる。

北海道における主要な造林樹種で、通常、変種のアオトドマツとあわせて、トドマツと称される。

材は、パルプ、建築材、土木用材として利用。

分布 北海道、樺太、南千島。


針葉樹へ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ