タイミンタチバナ

Rapanaea neriifolia


常緑低木。樹皮は、灰青色で平滑。

葉は、互生し、革質、皮針形で先端は、鈍頭となる。全縁。

葉の上面は、深い緑色で光沢がある。下面は、白味を帯びた黄緑色で光沢はない。

3〜4月、前年枝の葉腋に群生して小さい白色を咲かす。

暖帯から亜熱帯に分布し、海岸地帯に多い。

材は、装飾用、薪炭などに使われる。樹皮は、駆虫剤、染料にされる。

分布 本州(千葉以西)、四国、九州、琉球、台湾、中国



広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ