トキワマンサク

Loropetalum chinense


常緑低木。樹皮は、淡い灰褐色。

葉は、互生し、ゆがんだ卵形で急鋭頭をなす。全縁。

葉の上面は、暗い緑色、下面は、帯白色。

4〜5月、淡い緑白色の花を開く。

我が国では、三重、熊本に稀に生ずる。

庭木として植えられる。

分布 本州(三重、熊本)、中国(中南支)



広葉樹Uへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ