タカノツメ

Evodiopanax innovans


落葉中高木。樹皮は、帯白灰褐色で平滑。

葉は、互生し、枝先に群生する。3出複葉。微細鋸歯があり、上面は無毛、下面は、淡緑色。

葉柄は、5〜12cm で、円く、基部は膨れる。

5−6月、球状の散形花序を着ける。

石果は、9−10月に黒紫色に熟す。

温帯から暖帯の山地に分布し、尾根を好んで生育する。

材は、器具材などに使われる。

分布 北海道、本州、四国、九州、対馬



広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ