ツクバネガシ

Quercus sessilifolia


常緑大高木。樹皮は、灰黒色で褐色の皮目が多く、浅く縦裂。

葉は、互生、革質。枝端に集まる。葉縁上部に少数の小鋸歯がある。 葉の上面は、濃緑色で光沢がある。

葉柄は短い。

5月、新葉とともに開花する。雌雄同株。

果実は、翌年の10月に熟し、殻斗は広い椀状、鱗片は6−7層。

我が国の暖帯山地にアカガシと混生する。

材は、美しく、建築、器具、楽器、薪炭などとして使われる。

分布 本州(福島、石川以南)、四国、九州、台湾



広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ