テツカエデ

Acer nipponicum


落葉中高木。樹皮は、帯緑灰色で平滑、やや光沢がある。

葉は、十字対生し、幅広い五角形をなす。重鋭鋸歯をもつ。

葉の下面は、淡い緑色。

葉柄は、葉とほぼ同じ長さとなる。

隔離分布とみられ、西日本には、少ない。沢沿いの湿潤地を好む。

材は、くり物、箸、経木、玩具などに利用する。

分布 本州(岩手以南)、四国、九州



広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ