タラヨウ

Ilex latifolia


常緑中高木。樹皮は、灰白色で平滑。

葉は、互生し、厚い革質で疎鋭鋸歯がある。

葉の上面は、深い緑色で光沢があり、下面は、淡黄緑色で葉脈が突出する。

葉柄は、無毛で浅い溝がある。

4月、前年枝に多数の花を開く。雌雄異株。

暖帯に広く分布する。

材は、ろくろ細工などに利用。樹皮から鳥もちをとる。葉は、お茶の代用となり、葉裏に字を書く。

分布 本州(近畿以西)、四国、九州、中国



広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ