タムシバ

Magnolia salicifolia


落葉小高木。樹皮は、灰色で平滑。

葉は、互生し、卵状長だ円形で鋭頭全縁。洋紙質。

葉の下面は、帯白色で葉脈が隆起する。

4〜5月に、葉に先立って白色の花を1花ずつ頂生する。

暖帯山地に産するが、表日本には、稀。

材は、器具材などに使われる。

分布 本州、四国、九州


広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ