スダジイ

Castanopsis cuspidata var. Sieboldii


常緑大高木。樹皮は、黒褐色で深く縦裂する。

葉は、互生、2列に並ぶ。葉の下面には、灰褐色の鱗毛を密生する。

葉縁に波状鈍鋸歯がある。

5〜6月、開花し、香る。

我が国の暖帯林を代表する樹種。

材は、建築、枕木、薪炭などとして使われる。

分布 本州(関東以西)、四国、九州、琉球、朝鮮



広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ