セイヨウリンゴ

Malus pumila


落葉中高木。

樹皮は、黒紫色から灰褐色になる。

葉は、互生、広楕円形または卵形、両端は尖り鈍鋸歯がある。

花は、4−5月に白または淡紅色の花を枝先に数個咲かせる。

果実は、球形で両端は深くくぼみ、紅色または紅黄色に熟す。

分布 欧州中部からアフガニスタンの原産。各種の品種が食用に栽培されている。


広葉樹Uへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ