サンショウイバラ

Rosa hirtula


落葉低木。樹皮は、灰白色で刺があり、多少縦に裂ける。

葉は、互生し、奇数羽状複葉、小葉は、4−8対、縁に細鋭鋸歯がある。

葉の下面は、淡色で、主脈上に軟毛が多い。

6月、新枝に1個の淡紅花を頂生する。花弁は5枚。

偽果は、9−10月に黄色に熟す。

富士火山帯周辺の温帯山地に分布は限られる。

盆栽や庭木に植えられる。

分布 本州中部(富士箱根周辺)



広葉樹Uへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ