サクラバハンノキ

Alnus trabeulose


落葉小高木。樹皮は、暗灰色でほぼ平滑。

葉は、互生で倒卵状楕円形、短い鋭尖頭をなし、基部は浅心形、やや密な小鋸歯がある。 洋紙質、葉の上面は深緑色、無毛で光沢がある。下面は黄緑色。

花は、2−3月に開葉より先に開花する。

堅果は、円状倒卵形に熟す。

向陽の湿地に、産地は点在する。

材は、ハンノキと同様。

分布 本州中部(茨城、新潟以西)、九州(宮崎)、中国東南部


広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ