シリブカガシ

Pasania glabra


常緑中高木。樹皮は、灰黒色で平滑。

葉は、互生し、倒卵状長楕円形、葉先は尾状に鋭く尖る。基部は、次第に狭まる。

ほぼ全縁、上面は、緑色で光沢がある。下面は、鱗毛により銀白色を呈す。

花は、9ー11月に長い花穂を出す。

堅果は、翌年の10月に濃褐色に熟し、長楕円形で下端は深くへこむ。

暖帯の向陽の適潤地に多く生ずる。

材は、薪炭材の他、建築、器具に使用される。

分布 本州(近畿、中国)、四国、九州、台湾、中国。



広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ