シラベ

Abies Veitchii 


直幹性の常緑大高木。樹皮は灰白色で、多数の樹脂溜がある。

葉は、細長い線形、先端は、円形または微凹形、葉裏には2列の気孔条があり、白い。

本州の亜高山帯林の主要構成樹種、コメツガ、アオモリトドマツと混生する。

材は、建築材、包装材、パルプ材として利用。

分布 本州(福島吾妻山以南、奈良大峰山まで)。四国には、シコクシラベが分布する。


針葉樹へ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ