シナノキ

Tilia japonica


落葉大高木。樹皮は、灰褐色で縦に割れる。

葉は、互生。円心形で先は尾状に急に尖る。

温帯林を構成する主要樹種。谷沿いに大木を生ずる。

材は、建築、器具、ベニヤ、マッチ、パルプ材などに利用。樹皮から縄、布を作る。

分布 北海道、本州、四国、九州 、中国



広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ