1  裸子植物


** 樹木の大きい図と説明を見るには、図をクリックして下さい。**


そてつ科 Cycadaceae


そてつ属



  ソテツ Cycas revoluta Thunb.


ソテツの説明へ

 Cycas は、ソテツのギリシャ名(cykas)


 revoluta;外旋した、外へ旋回する、反対に巻くの意。


 参考 revolution(英、仏 )革命, revolver(英、仏、伊 )ピストル        


      著者名の Thunb.は、1775年に来日したスエーデン植物学者のツンベルグ( Thunberg)の略である。



樹木目次へ


いちょう科 Ginkgoaceae


いちょう属



  イチョウ Ginkgo biloba Linn.


イチョウの説明へ

 Ginkgo は、銀杏の音読み(ギンキョウ ) Ginkjoの誤植


biloba;二つに浅く裂けた、 biは二つの意、(葉の形から)


  Linn.は、1735年、この命名法を確立したスエーデンの植物学者リンネ(Linne)である。  L.とも略される。



樹木目次へ


いちい科 Taxaceae   


いちい属



 イチイ Taxus cuspidata Sieb. et Zucc.


イチイの説明へ

  Taxus は、イチイのギリシャ名 taxosから。taxosは弓の意味もある。

cuspidata;急に尖った 


 Sieb.は、幕末(1823年)に来日したドイツ人の医者シーボルト (Siebold)。 S.と略す。

et は、英語の and の意味,仏語では et 、  伊語でも e と表す。西語(スペイン語)では y。

 Zucc.は、シーボルトの採取した植物を研究したイタリアの植物学者  ツッカリーニ(Zuccarini)。 Z.と略す。  




かや属



 カヤ Torreya nucifera Sieb. et Zucc.


カヤの説明へ

 Torreya は、アメリカの植物学者 J.Torrey の名に因む


nucifera;堅果を持った  (堅い実をもつため)


  参考 nucleus(英)、nucleo(伊) 核,芯、細胞核、原子核



樹木目次へ


まき科 Podocarpaceae


まき属



イヌマキ Podocarpus macrophylla D.Don


イヌマキの説明へ

Podocarpus は、podos(足)+carpos(果)、種子の付け根が肥大 する特徴から


macrophylla;macro(大きい)+phylla(葉)、大葉の




ナギ Podocarpus Nagi Zoll. et Moritz.


ナギの説明へ

Nagi;日本名ナギによる。



樹木目次へ


いぬがや科 Cephalotaxaceae


 いぬがや属



イヌガヤ Cephalotaxus Harringtonia K.Koch


イヌガヤの説明へ

Cephalotaxus drupacea S.et Z.と表記している学者もいる。


Cephalotaxus は、cephalos(頭)+Taxus(イチイ属)、花が頭状に集まったイチイの意。


      参考 英語でも、cephalo - は、頭の意味の接頭語。   cephalopod 頭足類動物(たこ、いかなど)



Harringtonia;英国のユートピア思想家J・ハリントンに因む


      drupacea;核果の




ハイイヌガヤ Cephalotaxus Harringtonia K.Koch subsp.nana Kitagawa


      nana;小さい、低い。( nanusの女性形) 


      subsp.は、subspecies(亜種)の略 


樹木目次へ


まつ科 Pinaceae


もみ亜科


もみ属



モミ Abies firma S. et Z.


モミの説明へ

Abies は、モミの古いラテン名による。( Abies alba )


firma;強い、硬い、しっかりした


参考 firm(英)硬い、しっかりした、会社




ウラジロモミ Abies homolepis S. et Z.


ウラジロモミの説明へ

   homolepis;同じ種類の鱗片の 


  homo 似た、同じ、の意の接頭語   




アオモリトドマツ Abies Mariesii Mast.


アオモリトドマツの説明へ

   Mariesii;採集家マリエスの 


  オオシラビソ とも呼ばれる   




シラベ Abies Veitchii Lindl.


シラベの説明へ

   Veitchii;英国の園芸家ヴェーチェの 


  シラビソ とも呼ばれる   




アカトドマツ Abies sachalinensis Fr. Schm.


アカトドマツの説明へ

sachalinensis;サハリン(樺太)産の。  〜ensisは 、 〜産の意の接尾語




アオトドマツ Abies sachalinensis Fr. Schm. var. Mayriana Miyabe et Kudo


      Mayriana;ドイツの樹木学者 H.マイルの 


      var.は、varietas (variety) 変種の略 



 とがさわら属



トガサワラ Pseudotsuga japonica Beissn.


トガサワラの説明へ

Pseudotsuga は、pseudos(偽の)+Tsuga(ツガ)、 pseudo は「偽の」の意味の接頭語。英語での発音は、[psju do]、仏語は、[psodo]


japonica;日本の(女性形)、japonicus(男性形)、japonicum (中性形) 



参考 ダグラスファー (オレゴンパイン、米松) Pseudotsuga menziesii



 つが属



ツガ Tsuga Sieboldii Carr.


ツガの説明へ

Tsuga は、ツガの日本名による。 


Sieboldii;シーボルトの、  ii, i, e は所有格を表す接尾語。 英語 の 's と同じ。




コメツガ Tsuga diversifolia Masters


コメツガの説明へ

diversifolia;diversi(種々の、多様な)+foliatus(葉のある)、  種々の葉を持った 


  参考 diverse(英)、divers(仏)、diverso(伊) 多様な、異なった



      参考 ヘムロック(米ツガ) Tsuga heterophylla ,Tsuga canadensis



 とうひ属



エゾマツ Picea jezoensis Carr.


エゾマツの説明へ

Picea は、樹脂の意のラテン語 pix,picis から、  英語は pitch ピッチ、松脂


jezoensis;エゾ(北海道)産の




トウヒ Picea jezoensis Carr. var. hondoensis Rehd.


トウヒの説明へ

var.は、varietas (変種)の略。英語は variety 、仏語は variete、伊語は varieta

   hondoensis;日本本州(本土)産の



マツハダ Picea bicolor Mayr


マツハダの説明へ

  bicolor;二色の、 bi (2つ) 


  イラモミ とも呼ばれる   




アカエゾマツ Picea Glehnii Mast.


アカエゾマツの説明へ

   Glehnii;カラフト植物の採集家グレーンの 




バラモミ Picea polita Carr.


バラモミの説明へ

   polita;みがいた、平滑な、 


  参考  polite(英)、poli(仏)、polito(伊) 丁寧な、洗練された   


  ハリモミ とも呼ばれる   




ヒメバラモミ Picea Maximowiczii Regel


ヒメバラモミの説明へ

   Maximowiczii;ロシアの分類学者マキシモヴィッチの 




ヤツガタケトウヒ Picea Koyamai Shirasawa


ヤツガタケトウヒの説明へ

   Koyamai;針葉樹の採取家、小山光男の 


  Shirasawaは、樹木学者 白沢保美  



参考  スプルース    シロトウヒ(カナダトウヒ) Picea glauca , エンゲルマントウヒ Picea engelmannii など


シトカスプルース (ベイトウヒ) Picea sitchensis



 からまつ属



カラマツ Larix leptolepis Gord.


カラマツの説明へ

Larix は、ヨーロッパカラマツの古代名、語源はケルト語の lar(豊富)。豊富な樹脂をもつことから


leptolepis;うすい鱗片のある



      参考 グイマツ(シベリアカラマツ) Larix Gmelini



ひまらやすぎ属



ヒマラヤスギ Cedrus deodara Loud


ヒマラヤスギの説明へ

Cedrus は、香りの良い材の木のギリシャ名 cedros に因む。


語源は、アラビア語の kedron(力)


deodara;神木    ,  Deo 神,神意


  参考    レバノンスギ    Cedrus libani  


        アトラスシーダー  Cedrus atlantica  


        シマモミ(ユサン) Keteleeria Davidiana  



まつ亜科


まつ属



クロマツ Pinus Thunbergii Parl.


クロマツの説明へ

Pinus は、マツのラテン古名、英語 pine, 仏語 pin, 伊語 pino


Thunbergii;スエーデンの植物学者ツンベルグの、




アカマツ Pinus densiflora S. et Z.


アカマツの説明へ

densiflora;densi(密な)+ flora(花の)、密に花のある


floral(英、仏)、floreale(伊)花の、植物の。

 Flora 花と春の女神(ローマ神話)




ハイマツ Pinus pumila Regel


ハイマツの説明へ

   pumila;低い、小さい 



チョウセンゴヨウ Pinus koraiensis S. et Z.


チョウセンゴヨウの説明へ

   koraiensis;朝鮮産の、高麗産の 




ヤクタネゴヨウ Pinus Armandi Franch. var. amamiana Hatusima


ヤクタネゴヨウの説明へ

   Armandi;植物採集家 Armand の 


   amamiana;奄美大島の



ハッコウダゴヨウ Pinus hakkodensis Makino


   hakkodensis;八甲田山産の 



ヒメコマツ Pinus pentaphylla Mayr


ヒメコマツの説明へ

pentaphylla;penta(五つ)+phylla(葉) 五葉の



参考 数の表現    


ラテン語接頭語仏語西語伊語
1 unusuniunununo
2 duodideuxdosdue
3 trestritroistrestre
4 quattuorquadrquatrecuatroquattr
5 quinquequinq,pentacinqcincocinque
6 sexsex,hex,hexasixseissei
7 septemseptemseptsietesette
8 octoocthuitochootto
9 novemnovemneufnuevenove
10 decemdec,decadixdiezdieci
100 centumcenticentcientocento


ゴヨウマツ Pinus pentaphylla Mayr. var. Himekomatsu Makino


   Himekomatsu;ヒメコマツ(日本名) 


樹木目次へ


こうやまき科 Siadopityaceae


こうやまき属



コウヤマキ Sciadopitys verticillata S.et Z.


コウヤマキの説明へ

Sciadopitys は、scias (傘)+ pitys (マツ) 、葉状の短枝が、 輪状につくことから 


verticillata;輪生の、環生の



樹木目次へ


すぎ科 Taxodiaceae


すぎ属



スギ Cryptomeria japonica D.Don


スギの説明へ

Cryptomeria は、cryptos(隠れた)+ meris(関節、部分)


japonica;日本の



 

参考 セコイア (Redwood) Sequoia sempervirens


         セコイアデンドロン(Giant Sequoia) Sequoiadendron giganteum


         メタセコイア Metasequoia glyptostroboides


         ヌマスギ(落羽松) Taxodium distichum


         コウヨウザン Cunninghamia lanceolata


         ランダイスギ Cunninghamia Konishii


         タイワンスギ Taiwania cryptomerioides


樹木目次へ


ひのき科 Cupressaceae


ひのき属



ヒノキ Chamaecyparis obtusa Endl.


ヒノキの説明へ

Chamaecyparis は、chamai(小さい)+ cyparissos(イトスギ)、 イトスギにくらべて果実が小さいため


obtusa;鈍形の、円味を帯びた



 

 参考    ポートオーフォードシダー (米ヒ)  Chamaecyparis lawsoniana


            イエローシダー (米ヒバ) Chamaecyparis nootkatensis


            タイワンヒノキ       Chamaecyparis obtusa var. formosana



サワラ Chamaecyparis pisifera Endl.


サワラの説明へ

pisifera;エンドウ(豆)(Pisum)をもった




ねずこ属



ネズコ Thuja Standishii Carr.


ネズコの説明へ

Thuja は、常緑で樹脂をだす植物の古名(thyia,thyon)から


Standishii;樹木学者スタンデッシュの


参考 ウエスタンレッドシダー(米スギ) Thuja plicata




コノテガシワ Thuja orientalis L.


   orientalis;東方の、中近東の 



あすなろ属



アスナロ Thujopsis dolabrata S.et Z.


アスナロの説明へ

Thujopsis は、Thuja(ネズコ)+ opsis(似た)


dolabrata;斧状の




ヒノキアスナロ Thujopsis dolabrata var. Hondae Makino


ヒノキアスナロの説明へ

   Hondae;林学者本多静六博士の 


  ヒバ(青森ヒバ)とも呼ばれる 



びゃくしん属



ネズミサシ Juniperus rigida S.et Z.


ネズミサシの説明へ

Juniperusは、この植物の古名、ケルト語の juneprus(粗渋)、    ラテン語の juvenis(若い)+ pario(生産)などの説がある。


rigida;硬直の、曲がらない




ハイネズ Juniperus conferta Parl


   conferta;密生した、    con は共にの意の接頭語 



リシリビャクシン Juniperus communis Linn. var. saxatilis Pallas


   communis;普通の、通常の、共通した  

   cf   common(英)commun(仏)comun(西) 共通の、普通の 


   saxatilis;岩の上に生じる、岩間に生える 



ミヤマネズ Juniperus communis Linn. var. nipponica Wilson


   communis;普通の、通常の、共通した  


   nipponica;日本(本州)の 



シマムロ Juniperus taxifolia Hook. et Arn.


   taxifolia;イチイ(Taxus)のような葉(folium)の 


   シマビャクシン とも言う 


オキナワネズ Juniperus lutchuensis Koidz.


オキナワネズの説明へ

   lutchuensis;琉球産の 




ビャクシン Juniperus chinensis L.


ビャクシンの説明へ

chinensis;支那産の




ミヤマハイビャクシン Juniperus chinensis L. var. Sargenti Henry


   Sargenti;北米の植物学者 C.S.サージェントの 



ハイビャクシン Juniperus chinensis L. var. procumbens Endlicher


   procumbens;倒状形の、伏がした、這った     



           (裸子植物  終了)



1  被子植物Tへ


2  被子植物Uへ


3  被子植物Vへ


4  被子植物Wへ


5  樹木目次へ 


6  和名検索へ 


7  学名検索へ


8  樹木ホームページリンクへ